2008年9月6日(土) 埼玉 羽生 椎の木湖

自宅のある埼玉シリーズの始まり・・・
とりあえず3年前から。

2008年9月6日(土)、久し振りにヘラブナ釣りにで出かけました。

釣り場は、埼玉県羽生市にある「椎の木湖」という管理釣り場。僕のホームグランドみたいなものです。
埼玉県は、海なし県なので、昔からヘラブナ釣りが盛んです。
「椎の木湖」は、この世界では有名な日本有数のヘラブナ釣り場。大型のヘラブナを放流しているので、長野県、新潟県、宮城県からわざわざ車で来る釣り人もいます。時々、ヘラブナの日本選手権などもやっています。釣り座は、確か、400席くらい。土日は、ほとんど満杯になります。

噂では、俳優の織田裕二さんも時々来ているとか・・・オジン臭い釣りなので、ご本人のイメージを毀損する可能性も・・・ただ、ヘラブナファンとしては、イメージアップを期待したいところですが・・・
実際、この釣り場には、若い女性も見かけます。

広さは、100m×200mくらい、農業用の溜池の一部を仕切って、釣り桟橋を渡しています。
1日釣り券(2,500円)を買って入場。535番の席を選択。水深は、5.5m。
b0214184_6314973.jpg
 
ヘラブナ釣りには、色々な釣り方があります。
ヘラブナは、表層の1m程度の浅いところ、中層の水深が3mのところ、湖底と全層に渡って回遊します。したがって、釣り方にも、それぞれの水深のサカナを狙う釣り方があります。多分、1種類のサカナで、ヘラブナ釣りほどバラエティーに富んだ釣りはないように思えます。

僕は、エサを底に着けて釣る「底釣 り」をやります。早速、19尺(5.7m)の竿を取り出して、準備開始。ヘラブナの竿は昔ながらの尺単位で呼ばれています。使用する竿は、水深+30cmの竿を用意します。
b0214184_6331249.jpg
園内のコーヒーの巡回サービスの方に写真を撮ってもらいました。写真の白いTシャツと野球帽が、僕です。
b0214184_772935.jpg

エサは、釣りの種類に合わせて色々と市販されています。サナギ粉と麩が混ざった粉状のもので、ボールにあけて、水と混ぜて練ります。それを団子に丸めて針に付けます。
各々の粉や水の分量をカップでキッチリ量ることもポイント。適当に配合すると全く釣れません。
b0214184_6341337.jpg

浮きも色んな種類があり、釣り方により使い分けます。写真のいちばん下の浮きが今回使った「底釣り」用の浮き、全長が約40㎝。「トップ」と言われる直径1.5㎜程度目盛を切ってあるパイプの部分が長くなっています。
b0214184_6345320.jpg

「底釣り」は、結構、専門性が高いマニアックな釣り方なので、初心者には難しいけど、「ヘラブナ釣り」の原点。
アタリの出方(浮きの動き)が微妙。数は釣れないけど、やって見ると、繊細でおもしろいです。ポイントは、水深をきっちり測ること。

釣ったヘラブナは、タモ網ですくい、自動計量器で重さを量って放流します。ゲームフィッシングです。サカナさんには申し訳ないけど・・・

この釣り場のヘラブナは、大型揃い。
b0214184_6361321.jpg
写真のヘラブナは、体長39㎝、体重900g。このサイズは、ここでは少し大きめのサイズです。僕の最高記録は、体長42cm、体重1600gでした。
b0214184_7585482.jpg


ヘラブナは、琵琶湖原産のゲンゴロウブナを改良したものらしいです。顔が小さく、肩が盛り上がって体高が高いのが特徴。マブナに比べると何か不細工な感じだけど、慣れると可愛らしく思えるから不思議です。
 
b0214184_6365077.jpg


今日の釣果は、30枚で、20kg。底釣りとしてはまあまあの釣果です。下の写真は、自動計量器の表示。
b0214184_6382057.jpg
事務所で印字してもった釣果表は、こんな感じ・・・順位は250人中69位。
b0214184_6374062.jpg

2000年からヘラブナを始めました。
最初は、釣果、釣り上げた枚数や重さを重視した釣り方に拘っていました。数を釣るには、8尺(2.4m)の竿を使い、水深1mの浅ダナを狙ったテンポの速い宙釣りが適しています。
「椎の木湖」のホームページには、上位3名の名前や釣り方、釣果がアップされます。何とか、僕の名前をと・・・毎週土曜日に通い詰めたものです。
残念ながら、最高順位は、2001年7月9日の4位、76枚、55Kg。3位の人が56Kg。あと一歩及ばず・・・
以来、釣果に拘った短尺の竿を使う釣り方を止めて、数が出なくてもヘラブラ釣り本来の繊細さが感じられる「底釣り」をするようになりました。19尺(5.7m)~21尺(6.3m)の長竿で底からゆっくりサカナを抜きあげ、サカナのファイトが感じられる「底釣り」が、僕のスタイルになりました。

最近、すっかりヘラブナ釣りにもご無沙汰しています。この記事をアップしているうちに再開しようかなと考え始めました・・・

楽しい1日を過ごせました。

by camino0810 | 2011-12-18 06:39 | 埼玉 | Comments(0)  

<< 2008年9月17日(水) 埼... 2009年1月9日(金) 東京... >>