2011年5月2日(月) 大阪 水上バス

2011年5月2日(日) 今日は、カミサンと2人で大阪城見物に出掛けました。

出町柳から京阪本線の特急に乗って大阪へ。特急料金が不要。車内は、中吊り広告などの宣伝がほとんどなく、すっきり落着いた感じでOK。
b0214184_6343561.jpg
京橋で下車して、JR環状線に乗り換え、大阪城公園で下車。
b0214184_6375538.jpg
駅を出たら、周囲には高層ビルが立ち並んでしました。このあたりが大阪の政治・経済・文化の中心部だと思います。
b0214184_648419.jpg

大阪の街に来るのは、1995年1月の阪神大震災以来16年振り。当時、僕は建設会社に勤めていたので、東京の本社から設計応援で2週間滞在しました。

当時、感心したのは、阪急電車がいち早く改札にICカードを導入していたこと。東京は、裏が茶色の切符でした。

最初に「アクアライナー」で淀川のクルーズをすることに・・・
遊覧コースは、大阪城港→大川(淀川)→天満橋→天神橋→難波橋→淀屋橋港→OAP港→大阪城港。約50分のクルージング。料金は1700円。大阪城の入場券(単品で600円)とセットで2000円。よって、セット券を購入。
隅田川のクルージングが同じ時間で900円程度。安くはありませんが、折角の機会なので奮発しました。
b0214184_1114145.jpg
b0214184_871885.jpg
水上バス駅でイカ焼き300円を買い食いして、ガソリン補給。
イカ焼きは、イカの切り身が入ったお好み焼き。大阪のB級グルメの代表的1品でしょうか。旨かったです。
b0214184_8151715.jpg
12時、船着き場から搭乗。
b0214184_8293857.jpg
船内はこんな感じ・・・天井部分も眺望をよくするためガラス張りにしていました。
b0214184_834419.jpg
b0214184_8343332.jpg
離岸後、船から見た水上駅はこんな風・・・
b0214184_83845.jpg
天満橋を潜ります。橋脚の基礎はどうなっているのか?どういう造り方だったのか?土木屋の僕はいつものように考えます。
b0214184_8401976.jpg
天神橋はアーチ橋でした。
b0214184_10311657.jpg
次は、難波橋。東京の日本橋と同様な歴史的建造物のような気分がありました。
b0214184_10243899.jpg
気になったのが、護岸のコンクリートがかなり劣化していること。空洞が沢山出来、中の鉄筋がむき出しになっていました。淀川の干潮部なので、塩害を受けた可能性があります。早急な対応が必要でしょう。
b0214184_10341243.jpg
Uターン地点の向うには、淀屋橋と船着き場が見えました。淀屋橋も歴史的建造物のようでした。
b0214184_1044882.jpg
川崎橋は、現代的な斜張橋でした。
b0214184_1114752.jpg
遊覧船は低空頭の扁平な形をしていました。土佐堀川や堂島川は、感潮河川なので、水位が変化します。びっくりしたのは、橋の下は満潮時に狭くなるので天井高さが自動的に調整できる仕組みになっていたこと。最初の写真は通常時。窓辺の柱は50cmほど。
b0214184_10552451.jpg
天井を低くした後は、柱は20cm、概ね、30cm柱がちぢみました。
b0214184_10555088.jpg
沿川の風景は、「水の都」大阪に相応しい気分がありました。川と都市が一体的に整備されていました。素晴らしかったです。
b0214184_116131.jpg
b0214184_1175285.jpg
OAP港には、帝国ホテル大阪が・・・夜景が、多分素晴らしいことでしょう。
b0214184_11115727.jpg


今回のミニクルーズの価値は、どうだったか?同じ景観、同じ橋を楽しめる隅田川のクルージングが900円。

 隅田川の場合、B=1500円、C=900円  B/C=1500/900=1.7
 淀川の場合、B=1500円、C=1700円  B/C=1500/1700 =0.9

僕の場合、隅田川の方が、価値が高いという結果になりました。理由は、多分、集客数。淀川の集客数が増えれば、Cを抑えられるので、いい勝負になるでしょう。

これから、いよいよお目当ての大阪城へ・・・・記事を改めてご紹介します。

by camino0810 | 2012-02-05 12:00 | 京都 | Comments(0)  

<< 2011年5月2日(月) 大阪... 2011年5月1日(日) 京都... >>