2012年5月7日(月) イギリス その21 ロンドン塔、タワーブリッジ、テムズ・クルーズ

キューガーデンからロンドン都心へ地下鉄で向かいました。
いよいよロンドンの核心部です。テムズ川と街がどうなっているのか?川屋の僕としては外せないテーマです。ホントは、テムズ川をせき止めるテムズバリアを見たかったのですが。。。

13時、Tower Hill 駅で下車。有名なロンドン塔が見えていました。
b0214184_2225536.jpg
途中、カエサル像?が・・・イングランドは2000年前、ローマ帝国の属国。カエサルはガリア方面司令官としてロンドンにもいたのでしょう・・・なかなかの色男です。イタリア人の女性たちが記念写真を撮っていました。
b0214184_2264189.jpg
ロンドン塔は、王族の処刑が行われた陰惨なイメージは全く感じられませんでした。明るく清潔な感じのお城でした。
b0214184_22125638.jpg
城壁には弓矢用の銃眼も付いていました。
b0214184_22133423.jpg
芝生の部分は現在は空堀状態。昔は水を張っていたのかしら?
b0214184_22153987.jpg
テムズ川の方に歩いて行きました。桟橋でテムズ川のクルージング船に乗るためです。
b0214184_22174267.jpg
b0214184_22192572.jpg
浮桟橋には沢山のクルージング船が停泊していました。料金は5.4£(700円)。オイスターカードで切符が買えました。
b0214184_22203167.jpg
まじかに見るタワーブリッジが実に優雅な橋でした。橋の中央部に王室の大きなエンブレムが飾っていました。
b0214184_22243155.jpg
船は上流のウェストミンスターに向かいました。中古の駆逐艦の脇を航行しました。
b0214184_22283625.jpg
川から見たロンドン塔はこんな風・・・
b0214184_22295436.jpg
隅田川のクルージングでも多くの橋の下を潜り抜けます。テムズ川にも様々は橋が架かっていました。一橋、一橋デザインが違っていて、楽しいです。テムズ川は隅田川の2倍くらいの川幅でした。300mくらいありそうです。
b0214184_22331166.jpg
b0214184_22341476.jpg
b0214184_22334253.jpg
b0214184_22363040.jpg
b0214184_22373594.jpg
b0214184_22384529.jpg
ミレニアムブリッジと呼ばれる人道橋は面白い形をしていました。
b0214184_22414596.jpg
補強工事も兼ねた改造工事中?の橋も・・・・
b0214184_4505657.jpg
ここで、クルージング船のご紹介。。。
大阪城の堂島川クルーズの遊覧船と似た構造でした。非常に大きな船でした。天井も高いのが良い。大阪は桁下に余裕がないので手狭でしたが・・・・
b0214184_5331100.jpg
この船は2台の船を客席で繋いで安定性を増し、同時に輸送能力を高めた構造になっていました。なかなか良いアイデアだと思います。
b0214184_595474.jpg
b0214184_5134768.jpg
b0214184_5121666.jpg
テムズ河岸の様子・・・新宿のコクーンビルと同じ形のビルも建っていました。ちょうど干潮時でした。干満差は3mはありそうです。
b0214184_5194316.jpg
沿川はロンドンの政治・経済の中心地、テムズ川と街が上手にコラボしているようです。
b0214184_5235082.jpg
シェークズピア時代を思わせる古い建物もありました。
b0214184_526319.jpg
いよいよ、船はウェストミンスターに近づいてきました。乗客のテンションも上がってきたようです。
b0214184_5514231.jpg
川から見る国会議事堂とビッグベンの景色は実に秀逸。はるばるロンドンまで来た甲斐がありました。
b0214184_555319.jpg
戻って、Waterlooで下船。ロンドンの中心地に歩いていきました。

by camino0810 | 2013-04-26 06:04 | イギリス | Comments(0)  

<< 2012年5月7日(月) イギ... 2012年5月7日(月) イギ... >>