2017年4月27日(木)ドイツⅡ その3 羽田~上海

MU540便は羽田を定刻17時50分に出航、上海浦東(プードン)国際空港、第1ターミナル定刻20時05分に到着しました。去年のドイツ旅行は同じ中国の中国国際航空でしたが、今年は中国東方航空にしました。中国国際航空は北京、中国東方航空は上海をそれぞれハブ空港にしている航空会社でした。

b0214184_13402673.jpg

プードン空港について少し調べてみて驚きました。
この空港は、上海市街地から東に30km、長江の右岸沿いにある巨大空港でした。1999年に開港、約1.5kmもあるターミナルが2つあり、4kmの滑走路が、5本もある超巨大空港でした。リニアモーターカーで10分足らずで上海市街までいけるそうです。
ちなみに長江の河口もザックリ20kmはあります。中国という国は実に巨大で計り知れないポテンシャルを持つ国だと思います。


b0214184_13334555.png
(出典 Google)

第1のターミナルの延々と続く長い通路を歩いてトランジットの手続きに向かいました。

b0214184_13524199.jpg

何故か間違えて入国審査の列に並んでしまいました。

b0214184_13550066.jpg

トランジットは最初にチェックイン、写真撮影、手荷物検査の順番でした。危険物を探知するゲートで警告音が出ました。腕時計を外すのをうっかり忘れていました。その後、両手を水平に挙げて軍服姿の女性検査官のチェックを受けました。去年の北京空港の軍服姿の係官に比べていくらか親しみやすさを感じました。
21時30分に手続き完了、間違えたせいもあり、検査に1時間30分も掛かりました。トランジットの時間に余裕がないと完全にアウトだったでしょう。


b0214184_14034188.jpg

搭乗ロビーは実に広々としていてお洒落なデザインでした。

b0214184_14054771.jpg

ロビーのレストランではサンドウィッチが49元(780円)、牛肉ご飯が79元(1300円)、リーズナブルなお値段とはいえません。中国の物価水準は日本並みかもしれません。


b0214184_14063229.jpg

用意した2つのルーターうち、片方はスマホはOK、モバイルはNG、もう片方はスマホはNG、モバイルがOK。国によっても、器械によっても発揮できる機能が違っていました。フランクフルト行きのMU219便は00時10分の出発、待合ロビーのソファーに座ってFBに記事をアップしたりして時間を潰しました。

4月27日(木)上海は天気不明、蒸し暑い。
現地時間20時、上海浦東(プードン)国際空港に到着した。羽田から1900km、3時間のフライトだった。
何故か間違えて入国審査のゲートに並んでいた。毎年1回の海外旅行なのでトランジットのやり方をすっかり忘れていていつも往生する。
トランジットのコースは最初に窓口でチェックインして写真撮影、手荷物検査の順番だった。手荷物検査は去年の北京国際空港よりも少し緩い感じがした。時計を外すのを忘れてゲートを潜る時アラームが出た。軍服姿の女性検査官に厳しく睨みつけられた。
フランクフルト行きは0時10分、211搭乗ゲートでこの記事を書いている。【法兰克福】をフランクフルトと読める日本人は多分いないでしょう。


中国語は難解です。「小心」は要注意という意味は知っていましたが、下の標識は見当すらつきません。

b0214184_14120788.jpg

トイレは、何処に行っても必ずチェックします。欧州の小便器は脚なしタイプ。中国は、日本式の底まである小便器も用意されていて、まさに「和洋」折衷でした。

b0214184_14113649.jpg

搭乗表示にはフランクフルト(法兰克福)、マニラ(馬尼拉)、ピョンヤン行き。マニラはなんとか読めても、フランクフルトは日本人には読めないでしょう。

b0214184_14131828.jpg


b0214184_05124462.jpg

MU219便には構内バスで行きました。


b0214184_05125458.jpg


b0214184_14141277.jpg

空港の係員の方にスナップ写真を撮ってもらいました。


b0214184_14145578.jpg

MU219便は定刻0時10分に出発しました。フランクフルトには6時05分到着予定、時差が6時間あるので12時間のフライトになる計算です。
辛抱の時間が始まりました。毎年1回きりのイベントなのでとにかく我慢する以外にありません。

以下、次号・・・



by camino0810 | 2017-06-16 18:42 | ドイツⅡ | Comments(0)  

<< 2017年4月28日(金)ドイ... 2017年4月27日(木)ドイ... >>