2017年4月28日(金)ドイツⅡ その7 デュッセルドルフ(2)

ライン河畔に12時30分に到着しました。
ライン川は写真の上から下に向かって流れています。上流のテレビ塔のある場所が新市街地になっていました。
河畔のプロムナードは上下2段になっていました。上段は道路になってはいるものの、どちらかという歩道に近く、一般の車は制限されている感じでした。上段の真下に上下6車線分の道路トンネルが地下に設置されていました。


b0214184_15323117.jpg


去年の5月、ケルンで初めてライン川を見ました。ケルンはデュッセルドルフから概ね40km上流にあります。ケルンの街はライン川の左岸に広がっていて、ケルン大聖堂の近くの公園も道路の地下化で出来上がったものでした。河畔の広々した公園に沢山の観光客が来ていて、河畔のレストランやカフェも繁盛していました。

http://camino0810.exblog.jp/26205899/


b0214184_15360261.jpg

デュッセルドルフには大きな橋が3本架かっています。上流からラインクニー橋、真ん中がオーバーカッセラー橋、下流がテオドールホイス橋。いずれも斜張橋でした。
市街地はラインクニー橋からオーバーカッセラー橋までの1.5kmにあり、地下化された道路トンネルはこの部分にありました。
デュッセルドルフでは、ライン川の右岸つまり旧市街側の河畔道路を地下に落とし込んで、上部をプロムナードに変えて、渋滞解消と水辺の観光価値を上げて、街の賑わいを取り戻したそうです。道路の地下化による大きいな成功事例とされています。それを現地で確認することが、今回のデュッセルドルフの観光目的でもありました。


b0214184_14155652.png
(出典:Google)

上流のラインクニー橋が見えていました。ライン川の流路は概ね300m、堤防の間で500~700mくらいはありました。対岸は水制工があって人工渚になっていました。


b0214184_11033757.jpg

河畔のプロムナードから下流側の眺め、ライン川は写真の下から上へ流れています。オーバーカッセラー橋が見えていました。

b0214184_11041326.jpg

生憎、お天気は曇り、少々残念でした。

b0214184_11042087.jpg

観光客の方にスナップ写真をお願いしました。


b0214184_11043095.jpg

河畔には小型観光船の停泊施設が沢山ありました。日の丸を掲げた観光船も停泊していました。

b0214184_15481689.jpg

45分のクルーズで大人14ユーロ(1800円)でした。

b0214184_15535947.jpg

下段の歩道には沢山のカフェが並んでいました。この日は生憎日本の真冬並みの寒さ、お昼時にも拘わらずお客の入りはもうひとつでした。


b0214184_15563897.jpg

驚かされたのは、ライン川の産業舟運でした。鉱石船や油槽船が次々と上流のケルン方面を目指して上っていきました。水流は毎秒1mくらいはありそうですが、船たちアゲンストの流れをものともせず上っていきました。


b0214184_15590675.jpg

油槽船の大きさは長さ86m、幅9.5m、総トン数1686t、喫水深が大きい船は水深の関係で航行できないのかもしれません。ザックリ、長さ100m、幅10m、総トン数2000tクラスの船舶が多いのかもしれません。


b0214184_16044961.jpg

上流のラインクニー橋付近は芝生広場になっていました。

b0214184_16061794.jpg

ここから見た下流の眺めは実に優れていました。川→下段歩道(芝生広場)→上段歩道→プラタナス→上段歩道→建物の順に並んでいました。建物のスカイラインは5階建てでキチンと揃っていました。上段歩道は昔は道路だったので建物群はライン川にしっかり向いていました。


b0214184_16062833.jpg


b0214184_16190385.jpg

ラインクニー橋はスッキリした斜張橋でした。

b0214184_16142973.jpg

ライン川の水面と下段歩道の段差は約8m、意外と大きいものでした。この部分はカーブしており、水流が大きくなるので鋼矢板むき出しの護岸になっていました。その上流が捨石護岸でした。


b0214184_16172993.jpg

当日にFBにアップした記事です。

4月28日(金)デュッセルドルフは曇り、寒い。
ICE614号はデュッセルドルフ中央駅に定刻10時31分に到着した。
・・・省略・・・
ライン川右岸の河畔の旧市街に来て、この街の評価が完全にマイナスからプラスに変わった。
河畔の散策路はライン川と一体になっており、じつに気持ちのいいオープンスペースが出来ていた。低水部の通路は幅20m、高水部の道路は30m程度合計で50mのスペースがある。この広々とした河畔のスペースが実に優れているし、この街の価値を高めているように感じた。河畔の道路を地下化してこのスペースを創出したと聞いている。成る程、成功事例と言えるだろう。
ライン川の産業舟運も盛んだ。次から次へと貨物船が通りすぎていく。流速はザックリ毎秒1mはありそうだ。アゲンストの流れをものともせずに船たちが上流のケルンやフランクフルトを目指して上っていく。何故か観光船は見掛けなかった。
旧市街はこの街の売りになっていた。完全に車を排除した石畳の歩道に平日の午後にも拘らず人が沢山出ていた。教会はあったが、大聖堂はなかった。フランクフルトでも見掛けた市場は活気があった。魚屋には生のタコが並んでいた。ドイツ人はタコを食べるようだ。
唯、日本の冬並みの寒さには参った。

下流に引き返して、旧市街を歩きました。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2017-07-12 16:27 | ドイツⅡ | Comments(0)  

<< 2017年4月28日(金)ドイ... 2017年4月28日(金)ドイ... >>