カテゴリ:東北( 3 )

 

2017年2月21日(火)岩手県山田町、宮古市、岩泉町、田老町

2月21日(火)岩手湾岸は晴れ、気温は平年並みでした。
今日は、雪の峠道を越えて、月1回の大船渡駅前の工事連絡会に出席しました。

b0214184_10135394.jpg

工事連絡会は今回で28回目になりました。大船渡市の担当者から「今回で工事連絡会を終了させては如何か」いう提案があり、承認されました。関係者全員が関係する大きな調整事項の整理がついたためです。
2年前は大船渡市、岩手県、UR、JRの4つの事業者と2つのCMR(発注者代行業務受託者)、多数の建設業者が駅前地区で一緒に工事をしていて、40名を超える出席者がいたものです。最後になった今回の会議では出席者は20数名に減りました。
大船渡駅前の津波復興拠点は基盤整備はほとんど完成し、まちづくり会社「キャッセン大船渡」が運営する商店街の建物の鉄骨工事が始まっていました。4月に基幹県道が元の場所に戻ると駅前地区は概ね形が出来上がります。
お昼前にかねて懸案だった岩泉に向けて車で大船渡を発ちました。去年の夏、観測史上初めて台風が東北地方の大船渡に上陸しました。台風10号は長時間に亘って進路の右側にある岩泉町に多量の雨を降らせ、大きな被害を出しました。
大船渡から岩泉までは約140キロの道のりです。三陸沿岸道路、R45号を走りました。
山田町の海岸脇の高台にある墓地に登りました。ここから海岸沿いに建設中の高い防潮堤がよく見えました。大船渡の防潮堤は海面から7.5mですが、山田町の防潮堤は大船渡より1~2m位高いように感じました。


b0214184_10182343.jpg


お墓の墓碑銘には明治29年に発生した明治三陸大津波の犠牲者が刻まれていました。母親と子供2名が亡くなっていました。新暦では6月15日ですが、旧暦では5月5日だった事が判ります。
明治三陸の津波災害では岩手県で約2万3000人の方が亡くなったと記憶しています。当時の岩手県の沿岸部人口が約10万人なので住民の2割が死亡した事になります。2011年の大津波を超える大災害でした。

b0214184_17465284.jpg

2016年8月に吉村昭の「三陸海岸大津波」を読みました。衝撃的な事実が淡々と語られていました。

「三陸海岸大津波」は、1970年に刊行された「海の壁ー三陸海岸大津波」を1984年に文庫版の刊行にあたって改題したものだそうだ。内容は1970年(昭和45年)版と同じである。
三陸地方を襲った3つ津波の記録が彼らしい語り口で淡々と書かれていた。
①明治三陸大津波(1896年:明治29年)死者 26,360名
②昭和三陸大津波(1933年:昭和8年) 死者 2,995名
③チリ地震津波(1960年:昭和35年) 死者 105名
明治29年6月の明治三陸大津波の甚大な被害に驚かされた。読み進めながら記載された数字をEXCELに落として簡単な表にしてみたら、空恐ろしい思いに駆られた。
この地震津波の死者総数は26,360名、内岩手県は22,565名だった。津波の襲来が夜の8時過ぎだった事も被害を大きくしたようだ。
2011年の東日本大震災(死者・行方不明者約18,000名)を上回る被害が出ていた。死亡者数もさることながらその死亡率の異常な高さに驚かされた。
湾岸の岩手県4郡の数字を南から北に並べてみた。明治29年当時、大船渡、陸前高田や広田は気仙郡に属していた。
     人口   死者   死亡率
気仙郡   32,609  6,748   21%  大船渡、高田、吉浜、広田
上閉伊郡  16,259  6,969   43%  釜石、大槌
下閉伊郡  35,482  7,554   21%  宮古、山田、田老、普代
九戸郡   19,422  1,294   7%   久慈
 合計   103,772 22,565   22%
もっと驚かされたのは、吉浜村(現大船渡市)、釜石町(現釜石市)恐るべき死亡率の高さだった。海沿いの集落は全滅していた。
     人口  死者  死亡率
吉浜村  1,075  982   91%
釜石町  6,557  5,000  76%
大船渡市の北にある吉浜地区は2011年の大津波で犠牲者をだしていないと聴いている。この浜の住民は明治29年の津波の教訓を活かし全員が高台移転したそうだ。
釜石の湾口防波堤は、国の直轄事業として1978年より建設に着手、2009年に完成した。今年の3月に釜石港に行ってみた。埠頭には防潮堤が完成していた。大船渡の防潮堤より1~2m低い感じだった。
大船渡はチリ地震津波で52名(全体で62名)の死者を出している。大船渡の湾口防波堤は、国の直轄事業として1962年より建設に着手、1966年に完成した。現在、大船渡湾岸では海面から7.5mの高さの防潮堤工事が進められている。
X型防潮堤のある田老では、明治29年津波で1859名、昭和8年で911名の死者を出している。
何故、この危険な町に住み続けるのか?
吉村昭はこう書いていた。
「しかし、住民は田老を去らなかった。小さな町ではあるが、環境に恵まれ豊かな生活が約束されている。風光も美しく、祖先の築いた土地をたとえどのような理由があろうとも、はなれることなどできようはずもなかった。」
北海道の新十津川村を想い出した。明治22年8月の豪雨で奈良県吉野郡十津川郷は壊滅的な被害を受けたという。山体崩壊、河道閉塞による土砂ダムが発生し集落が壊滅したのだろう。この地での生活再建は不可能と判断し、北海道の地に集団移転した。十津川郷は陸の孤島であるとともに土地自体のポテンシャルが小さすぎたのかもしれない。
明治期、三陸海岸の町や村は交通の不便さはあるものの豊かな海があった。陸路は不便でも海路があった訳で、海産物を乾物や干物に加工すれば生計は充分維持できるという考えがあったのではないか。
江戸期までは、租税は収穫した米だった。そのため、住民は必ずしも土地に対する執着は大きくなかったと聞いた事がある。明治政府は土地に課税した。政策的に造られた土地本位制が高台移転に支障したのだろうか・・・
吉村昭が存命なら、2011年の大津波をどう記述するのだろうか・・・ふとそんな風に思った。


宮古市内の閉伊川では防潮水門が建設中でした。 


b0214184_10241624.jpg

宮古から峠越えの道で岩泉に向かいました。
岩泉の一部の地域には小本川氾濫の痕跡が残っていました。洪水で橋が流されたままになっていました。


b0214184_10252871.jpg

岩泉中心地区は洪水で一部の家屋が流出していました。


b0214184_10261370.jpg


b0214184_10263420.jpg


小本川の河畔の道を海に向かって下りました。県道沿いの民家は1階部分が洪水で流出したまま放置されていました。


b0214184_10265052.jpg

逃げ遅れて多くの犠牲者が出た特養ホームは補修工事が行われていました。


b0214184_10312775.jpg


b0214184_10314745.jpg

特養ホームの横にある新築の牛乳工場は浸水で休業中でした。


b0214184_10273629.jpg

洪水の痕跡から浸水深は地上から3mくらいだったようでした。


b0214184_10280165.jpg


b0214184_10330429.jpg


下流にある道の駅は補修工事が行われていました。この記事をアップしている4月20日にオープン式典が開催されました。復興も確実に進んでいるようです。


b0214184_18024191.jpg


海沿いのR45号を南下して大船渡に戻りました。
宮古市の田老で途中下車しました。有名な田老のX型の防潮堤が小さく見えました。多分、陸前高田の巨大防潮堤を何度も見てきたからでしょう。


b0214184_10292286.jpg

夜の8時過ぎ、大船渡のホテルに戻りました。往復300キロの運転は結構こたえました。

by camino0810 | 2017-04-20 18:12 | 東北 | Comments(0)  

2016年3月12日(土)大船渡~大槌~釜石~大船渡

2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。ちょうど5年が経過した節目という事で岩手県南部の湾岸地区をざっと車で走りました。集中復興期間の5年がもうすぐ終わり、次の5年のステージの始まりがすぐそこまで来ました。
建設コンサルタントに再就職して3年目の2013年3月から東北岩手の被災地での仕事が始まりました。2014年の11月から大船渡で復旧・復興の仕事を始めました。
大船渡には週1回、岩手県との会議に出たり、会社の現地事務所で打合せをします。2015年は60回大船渡に通いました。
これまで自分が関係した大槌町、釜石市の復興状況を確認しました。明日は陸前高田に行って大船渡に戻る旅程です。
・定番列車
大宮発8時22分発のはやぶさ101号、12号車の単独席で水沢江刺に向かいました。水沢江刺から大船渡まではレンタカーを利用します。

b0214184_06573676.jpg

・高速
大船渡から大槌に行きました。大船渡から吉浜までは三陸沿岸道路が完成していました。完成したばかりの吉浜トンネルを通過しました。

b0214184_06592299.jpg

・名字
旧三陸町の吉浜で高速を降りてR45に入りました。吉浜の町には「スーパー白木沢」がありました。「恋の三陸、列車コン行こう」という番組がNHKで放映されました。準主人公役の静ちゃんは西大船渡市の職員役で「白木沢」と名乗っていました。大船渡の先代の市長も「白木沢」だそうです。旧三陸町がこの姓のルーツだと思います。


b0214184_07000092.jpg

・高台移転
旧三陸町の吉浜地区はこれまで受けてきた明治三陸、昭和三陸津波災害の教訓を活かして、予め高台移転が行われた地区だと聞いています。確かに海沿いの低い場所には
住居の跡地は見かけなかったです。

b0214184_07083758.jpg

・リアス式
R45号に戻れば良かったのですが、道を間違えてくねくね曲がった山道を走りました。林の切れ目から青々とした海が見えました。三陸のリアス式海岸は何処をとっても優れた景観があります。

b0214184_07102182.jpg

・防潮堤
唐丹(とうに)地区の小さい湾では防潮堤と水門工事が半分くらい完成していました。水門の翼壁部分を見ると嵩上げした様子が判りました。

b0214184_07144094.jpg

・大槌
2013年3月に初めてこの地を踏みました。城山公園から中心地区の「町方」が一望できます。報道では復興の遅さが指摘されたりしていますが、そういう見方がされても仕方ないなというのが正直な感想です。
ただ、進捗度の測定には出来形(完成品)測定と出来高(金額)測定があり、出来形測定は視覚に訴えやすいという事も考慮するのが良いと感じています。下地を形成する土木工事は見えない部分にお金と時間が掛かるものです。用地の手当てや合意形成に思わぬ時間が掛かったかもしれません。

b0214184_08502588.jpg

b0214184_08555515.jpg

・水門
大槌川、小鎚川の河口で防潮水門が同時に施工されていました。締切内で杭打ち工事が行われていました。

b0214184_08520337.jpg

・遺構
震災遺構を保存すべきか撤去するかが話題になっています。大槌町役場前には慰霊所が設置されていました。

b0214184_08535585.jpg


b0214184_08540744.jpg

・釜石
釜石市の臨港埠頭では防潮堤が完成していました。大船渡と比べてその高さが2~3mくらい低いように感じました。両市とも湾口防波堤がありますが、その効果が違っているという事だろうと思います。

b0214184_09043300.jpg

只越という中心市街地の歯抜けした区画には家が建っていたし、ホテルが並ぶ遊歩公園も完成していました。最近オープンしたイオンは大層賑わっていました。復興がかなり進んだなという印象を受けました。

b0214184_09020719.jpg

イオンの中には津波避難経路の表示がありました。

b0214184_09031599.jpg

・まちびらき
夕方、ようやく大船渡に戻ってこられました。大船渡駅前広場で明日まちびらきの式典が行わます。大船渡を代表する大船渡プラザホテルが今日オープンしました。駐車場には沢山の車が駐車していました。

b0214184_09104229.jpg

・復興
大船渡駅前地区は5年前の津波で壊滅しました。駅前地区の盛土工事もかなり進みました。津波復興拠点と呼ばれる区域では盛土が終わった部分から順次ホテルやスーパーが建ち始めました。大船渡プラザホテルもこの拠点地区にあります。

b0214184_09210996.jpg

海沿いの防潮堤の高さは海面から7.5mで計画されています。大槌町の防潮堤は海面から14.5mと大船渡より7mも高い計画です。この差異は湾口防波堤のあるなしの違いだろうと思います。

b0214184_09242280.jpg

朝から忙しい一日でした。大船渡プラザホテルの近くある「ホテル福富」に宿を取りました。福富ももうすぐ新規オープンします。
明日は、陸前高田を見て大船渡のまちびらきの祝典に参加します。


by camino0810 | 2016-04-23 09:29 | 東北 | Comments(0)  

2015年5月27日(水)東北 東北新幹線

東北地方は新緑のいい季節を迎えました。
4月から1週間に1回のペースで岩手県大船渡市に出張します。
新幹線の車窓からの東北地方の四季を眺めるのも楽しみのひとつです。
磐梯山は頂上付近に小さな火口が見えました。
b0214184_20134003.jpg
仙台の広瀬川も緑が濃くなりました。
b0214184_20142242.jpg
連休のイギリス旅行でかの国の完璧さに打ちのめされましたが、最近、その傷も癒えてきました。日本は日本でいいところは沢山ある。毎度同じような整理の仕方ですが・・・。
大宮発8時22分はやぶさ101号は17両編成、前の車両は赤のこまち号、後ろの車両は緑のやまびこ号。盛岡で切り離されて、こまち号が秋田に行きます。
b0214184_19272243.jpg
赤のこまち号は在来線を走る車両なので車体の幅が緑のやまびこ号より気持ち小さめでした。
b0214184_19274769.jpg
こまち号の座席は左右とも2列です。
b0214184_19285113.jpg
降口にはステップがせりあがって、ホームと車体の隙間を埋める工夫がされていました。
b0214184_19280987.jpg

新幹線ゲージ幅1,437mmから在来線の1,067mmにどう乗りかえるのか?前からずっと疑問に思っていました。

ネットで調べたら秋田新幹線(ホントは在来線だそうです)は線路を新幹線ゲージ幅にしていて、逆に在来線の車両を新幹線ゲージ幅1,437mmに合わせているそうです。
つまり、在来線の車両を改造して、車輪間隔を新幹線ゲージ幅にアップグレードしていたというのが答えでした。

http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/574/271/sankousiryou,0.pdf

はやぶさ101号は水沢江刺駅に10時22分に着きます。ぴったり2時間です。
いつものように駅でレンタカーを借りて大船渡に向かいました。


by camino0810 | 2015-05-28 20:26 | 東北 | Comments(0)