カテゴリ:料理( 15 )

 

2012年10月6日(土) 料理 イカ大根

大根という野菜は実に偉いと思います。
あまり自己主張せず、どんな他の食材とも仲良しになれる。それでいて、自分の存在もそれなりにアピールする。

今回は、大根が主役のおかず。
イカ大根は、スーパーでイカが安売りの時に作ります。魚コーナーの人に筒切りにしてもらい、冷凍しておけば、長期保存もOK。

写真は出来立てで、大根に味が入っていないので、白っぽいままですが、1晩置くと、味が入って醤油色に変わります。
b0214184_20531815.jpg



大根                    半分
人参                    1本
スルメイカ(筒切りしたもの)      1尾

調味料1式
水                   カップ1
醤油                 大さじ4
砂糖                 大さじ2
みりん                大さじ2
顆粒だし               小さじ1
ショウガ               ひとかけ


①大根は2㎝のイチョウ切り、人参は乱切りにして、5分間下茹でする。
②フライパンに調味料1式を入れて、沸騰させる。
③スルメイカを②に入れて、イカの色が変わったらすぐ取り出す。
④③に①を入れて蓋をして8分間煮て、③を戻し入れて1分間煮て、完成。

出来立ては、大根に味がしみ込んでいないので、イマイチ。冷ましていく段階で大根に味が入っていきます。
イカは少し煮ただけで、イカの旨みが出汁に入っていきます。
人参も味が滲みておいしいです。

冷蔵庫に入れて、常備菜として利用します。

by camino0810 | 2012-10-08 20:26 | 料理 | Comments(0)  

2012年9月29日(土) 豚バラとチンゲン菜のオイスターソース炒め

9月27日、新潟の仕事を終えて、8ヶ月振りに自宅に帰還。
今日は、スーパーで食材を買い込んで、久々の料理。
 献立は
  ①豚バラとチンゲン菜のオイスターソース炒め
  ②ポテトサラダ
  ③味噌汁
b0214184_1913112.jpg

b0214184_2213858.jpg
材料(2人前)

豚バラ肉のブロック               200g
チンゲン菜                   2本


予め調味料を作っておく。
お湯                 100cc
コンソメ               0.5個
オイスターソース         大さじ1
醤油                 大さじ1
砂糖                 小さじ1
ごま油                少々

①冷凍保存した豚ばら肉のブロックを電子レンジで解凍する。
②①を一口大に切り分け、お酒、醤油を混ぜて、下味を付ける。
③沸騰した湯にチンゲン菜を入れて30秒茹でる。
④更に、②を入れて1分茹でる。
⑤フライパンにサラダ油を入れ、④、③を入れて1分間炒める。
⑥⑤に調味料を入れて煮る。水溶き片栗粉を入れて、とろみを付けて完成。

豚バラは、ブロック肉でないと肉の存在感が得られません。ポイントは、下茹での時間をできるだけ短くすること。固くなるとおいしくないと思います。

豚バラの替わりに海老などもOK。
調味料の配合が適当でもそこそこの味が出ます。

by camino0810 | 2012-09-30 19:13 | 料理 | Comments(2)  

2012年8月12日(日) 料理 キュウリめし、スベリヒユ

超超簡単料理のご紹介・・・

究極の手間要らずが、「キュウリめし」。
分けとく山の総料理長の野崎さん?がテレビで紹介していたことがありました。

野崎さんが子供時代に小腹がすいた時によく作ったとか。料理の才能がある人は、小さい頃から、天性を発揮していたようです。

材料は、ご飯とキュウリと醬油だけ。
キュウリをおろし金でおろし、ご飯に掛けて、醬油をたらすだけ。。。
夏ばてで疲れた時には、重宝するご飯です。
b0214184_14103918.jpg
b0214184_1414571.jpg

写真の品々は、彩り的には、相当、ひどいものですが、味は、それ程悪くはありません。

一応、主菜となるものは、「スベリヒユ」のキンピラ。
「スベリヒユ」は、僕の畑に生える野草の類い。久し振りに家庭菜園の草取りをし、そのついでに、持って帰ったものを使用しました。
この近辺の畑や空き地によく生えています。山形県の人たちは、この野草をよく食べるそうです。干したものは、スーパーで売られてるとか・・・

以下は、wikipadiaからの引用。

”スベリヒユおよびその近縁の種は健康食品としても使われるω-3脂肪酸を多量に含む植物として知られている。山形県では「ひょう」と呼び、茹でて芥子醤油で食べる一種の山菜として扱われており、干して保存食にもされた。また沖縄県では「ニンブトゥカー(念仏鉦)」と呼ばれ、葉物野菜の不足する夏季に重宝される。”
クレタ島では、サラダに添えて食べるそうです。
b0214184_1426832.jpg
スベリヒユの茎は、少し、酸味とぬめりがあります。
僕は、お浸しかキンピラにして食べます。茎が、ゼンマイに似ているので、ごま油で炒めて、醤油で味付けるのもありでしょう。。。

キンピラの作り方は、以下の通り。
①調味料 
 醤油大さじ2、砂糖大さじ1、酒大さじ1、顆粒だし少々、豆板醤小さじ1。
②牛肉のこま切れとスベリヒユをごま油で炒め、①を入れて、水分を飛ばして完成。

意外なものが、健康にもよく、旨い。
少し、得をした気分です。

by camino0810 | 2012-08-13 14:11 | 料理 | Comments(0)  

2012年8月11日(土) 料理 キュウリ

昨晩、自宅に戻りました。
自宅に戻ると、料理への意欲が湧いて来ます。

今日の昼食は、冷蔵庫の余りモノではなく、スーパーで買った食材で作ることに・・・・

献立は、ステーキ、キュウリ、味噌汁、ご飯。
ステーキは、強火で両面を焼きましたが、よく焼けたところとレアのところが混在し、失敗。

キュウリは、「くらコン」の「塩こん部長」(要するに、スライスした塩昆布)を使う定番。これは、実に簡単。その割に旨い。B/Cの高いオカズです。
b0214184_9543699.jpg
作り方は、超簡単。おろしがねのスライス機能を使って、キュウリをスライス。お皿にスライスしたキュウリを入れて、「塩こん部長」を適宜入れて、別のお皿で蓋して、50回振るだけ。
b0214184_101514100.jpg


これが、実に、旨い。
今年は、夏野菜の栽培が出来なかったので、キュウリは、お店で買い求めるしかありません。

ちなみに、ご飯は、リニューワルしたガスコンロで炊きました。ご飯専用のお釜が、サービスで付いてきました。これまでの電気炊飯器では、2合でも40分かかったのが、ガスだと15分。しかも、ご飯モードにセットすると、全自動で炊き上げます。火口についたセンサーが重量を感知して、中身の量にあわせて火加減もできます。

肝心の味は、どうか?
正直なところイマイチ。でも、速いのはうれしいです。工夫をすれば、もう少し、美味しく炊けるかも・・・

味噌汁の実は、ナスと揚げ。濃い目に作って、氷で冷やした「冷汁」も結構いけます。

by camino0810 | 2012-08-13 09:54 | 料理 | Comments(0)  

2012年8月5日(日) 料理 とりモモのバジルソース炒め

今日は、久し振りに自宅。
冷蔵庫の食材は、基本的に冷凍保存したものだけ。
随分前に冷凍したとりモモが残っていました。
これをどう処理するか?

 ①ピカタ
 ②バジルソース炒め
 ③鍬焼

①は、玉子が必要。でも、玉子がないのでNG。
②は、OK。冷凍保存したバジル、半分干からびたチェダーチーズ、芽がでたニンニクがあり。
③は、生姜がないので、NG。

消去法で、②に決定。意外に美味かったです。写真左側が、今回の作品。お隣さんから頂いたジャガイモも使うことに・・・・
b0214184_16365761.jpg
b0214184_1650571.jpg


調理方法は、シンプル。

①ジャガイモは、短冊に切って、レンジで粗方火を通しておく。
バジルソースを作る。バジルは、去年の秋に収穫したものを冷凍保存したもの。
③フライパンにオリーブ油を入れて、解凍して削ぎ切りにした鶏肉を炒める。
④①を入れて、更に炒め、②を入れて混ぜ、塩コショウで味を調えて完成。

バジルソースは、便利な調味料。簡単で美味いし、瓶詰めにして、冷蔵保存もOK。
多分、ほとんどの食材と馴染む万能選手なのでは?

by camino0810 | 2012-08-06 16:29 | 料理 | Comments(0)  

2010年4月7日  料理  麻婆茄子 

2010年4月7日 今日のオカズは、麻婆茄子、牛肉大根、味噌汁。
「カジダン」を始めて、間もない時ですが、割と旨そうな料理に仕上がっていました。偶々、PCの中に写真がありました。
b0214184_21454074.jpg


材料(2人前)

ひき肉               100g
茄子                3本
ニラ                適当 

ねぎ                適当
にんにく              適当
片栗粉              適当

以下の調味料を作っておく。
お湯                 100cc
コンソメ               0.5個
豆板醤               大さじ1
醤油                 大さじ2
砂糖                 小さじ1

①フライパンに油を熱し、みじん切りにしたねぎとニンニクを入れて香りを出す。
②①にひき肉を入れて、パラパラになるまでよく炒める。
③②に乱切りにした茄子、ニラを入れて、炒める。
④調味料を入れて、煮る。仕上げに水溶き片栗粉を入れて、とろみを付けて完成。
b0214184_21252917.jpg



割と簡単でそこそこの味がでます。(これが、僕の料理のキーワード)

麻婆豆腐も基本的には同じです。

by camino0810 | 2012-06-28 21:45 | 料理 | Comments(0)  

2012年1月7日(土) 料理 筑前煮Ver1

2012年1月7日(土) 今日の夕食は、チキンカレー、筑前煮、味噌汁。
チキンカレーの鶏は、腿のぶつ切りを使っていました。市内のスーパーでたまたま見かけたので買ったのでしょう。珍しいことです。
b0214184_5225280.jpg
筑前煮は、テレビの料理番組がヒント。先生役は、確か、和食のお店「賛否両論」のご主人、笠原さん?結構、料理番組に顔を出す有名人。

先生は、すべての和食に通用できる「だしと調味料配合の黄金ルール」を教えていました。残念ながら、よく覚えていません。よって、以下の調合には、疑問符がつきます。

笠原流筑前煮のポイントは、2つ。

①だしと調味料の配合を5:1とすること。
(調味料の配合は、醬油1、みりん1とすること)
②里芋がポイント。下茹をしておくこと。

材料(4人前)

鶏もも               200g
里芋                適当
にんじん              適当
しいたけ              適当
だし汁               300cc(面倒なので、顆粒だしを使用)

以下の調味料60ccを混ぜておく。
醬油                大さじ2
みりん               大さじ2

①里芋を下茹でする。竹串が軽く入る程度まで。
②フライパンに油を引き、鶏肉、乱切りにしたにんじん、しいたけをよく炒め、①を入れて、少し炒める。
③だし汁300ccを②に入れて、約10分、ふたをして煮る。
④仕上げに調味料を入れて、水分を飛ばして完成。


割と簡単でそこそこの味がでます。(これが、僕の料理のキーワード)

筑前煮は、別のバージョンもあります。もっと濃い目の味付け。基本的には、イカ大根と同じ。写真をアップしていずれご紹介します。

by camino0810 | 2012-06-15 06:14 | 料理 | Comments(0)  

2011年11月27日(日) 料理 鰤の照り焼き

2011年11月27日(日) 今日は、一汁三菜のフルバージョンの夕食。

鰤の照り焼き、イカ大根、ヤッコ豆腐、味噌汁、ご飯。
野菜系のおかずがもう1品あれば、完璧でしょう・・・
b0214184_21313311.jpg

新潟に来て4ヶ月。借りたアパートの厨房は、電気コンロが1つ、とても調理できる環境ではありません。

たまに、埼玉の自宅に戻りますが、作った料理を保存できないこともあり、4ヶ月間、料理はほとんどやっていません。よって、レシピも少々怪しいかも・・・

鰤の照り焼きは、テレビの料理番組がヒント。確か、築地の料亭「田むら」のご主人が先生役でした。

照り焼きというと、鰻の蒲焼のように、炭火の上に置いた金網に切り身などを乗せて、タレを何回か刷けで塗りながら味付けするイメージでしたが、先生の照り焼は、フライパンで焼いて、そのままタレを絡めるやり方、超シンプルなのが、良い。

ポイントは、2つ。

①切り身に薄く小麦粉をまぶしておくこと。(タレの絡みをよくするための手法)
②フライパンを使うこと。

材料(1人前)

鰤の切り身            1切れ
小麦粉               少々

タレ:以下の調味料を混ぜておく。

醬油                大さじ2
みりん               大さじ2

①鰤の切り身の水気をよくふき取り、薄く小麦粉をまぶす。
②フライパンで①の両面を焦げ目が付く程度に焼く。ポイントは、油を使わないこと。
③タレを入れ、切り身に絡める。
④焼いた切り身をお皿に盛り付け、フライパンに残ったタレをかけて完成。


割と簡単でそこそこの味がでます。(これが、僕の料理のキーワード)
イカ大根は、1週間分の量をまとめて作ります。冷蔵庫に入れて保存し、少しずついただきます。副菜として重宝するおかずです。

by camino0810 | 2012-06-14 21:31 | 料理 | Comments(2)  

2012年2月5日(土) 料理 レタス・チャーハン

2012年2月5日(土) お昼ごはんにレタス・チャーハンを作ることに・・・
b0214184_2037193.jpg


家庭用のコンロは、火力が弱い。
テレビで紹介されるように、強力な火力で中華鍋を豪快にあおってチャーハンをこしらえることは難しいでしょう。

よって、パラパラのチャーハンを作るには、それなりの工夫が必要。
雑誌情報、試行錯誤の結果、以下の手法でとりあえずそれなりの成果が出るようになりました。

ポイントは、1つ。このひと手間で、一応、パラパラになります。

 ①ご飯とサラダ油を予め混ぜておく。

別の方法もあります。

 ②ご飯と溶き玉子を予め混ぜておく。

①と②を比べた結果は、①の方に軍配があがったように思っています。


材料(1人前)

ご飯(あったかい方が良い)   1人前 
玉子                 1個
厚切りベーコン           50g
レタス                適当量
ねぎ                少々
ニンニク              ヒトカケ
オイスター・ソース        小さじ1
塩コショウ             適宜

①ご飯とサラダ油を予め混ぜておく。
②フライパンにサラダ油を引き、溶き玉子を入れて、スクランブルエッグ状にして、取り出す。
③フライパンにサラダ油を入れ、みじん切りにしたねぎ、ニンニクを入れて、香りをだす。
④1cm程度に角切りしたベーコンと①をフライパンに入れ、パラパラになるまで炒める。
⑤②を投入して、軽く、炒める。
⑥塩コショウとお酒で溶いたオイスター・ソースで味付け。
⑦仕上げにレタスを入れてすぐに火を止める


レタスは火が入りすぎると、シャキシャキ感が無くなるので、要注意。
割と簡単でそこそこの味がでます。唯、油を混ぜ込んでいるので、どうしても油っぽい・・・

つい最近、ロンドンに旅行に行った折に、ベトナム料理、タイ料理のチャーハンを食べました。
それぞれに、サラサラ、パラパラかつ最高の味付けでした。

どうしたら、こんな食感、味が出せるのか?所詮、素人料理の限界か?
もう少し、がんばってみようかな?とも思いますが・・・

b0214184_21223746.jpg

b0214184_2118780.jpg

by camino0810 | 2012-06-11 20:34 | 料理 | Comments(0)  

2012年6月3日(日) 料理 焼きそば

2012年6月3日(日) 久し振りで埼玉の自宅に戻ってきました。
日曜日のお昼は、パスタか焼きそばが定番。

今日のお昼は、焼きそば。久し振りの調理です。
b0214184_16285793.jpg


「マルちゃんの焼きそば」を使いました。ゆで麺ならどこの銘柄でもOK。

ポイントは、2つ。

 ①麺をフライパンで焼く。
 ②酒で麺をほぐす。

ヒントは、NHKの「ためしてガッテン」。
以前に「麻婆豆腐」が紹介されました。試してみましたが、イマイチでした。当たり外れがあるようです。


材料(1人前)

インスタント焼きそば   1人前(ゆで麺タイプ) 
豚ばら肉          50g
もやし            適当量
キャベツ           適当量
ねぎ             適当量
人参             少し
塩コショウ         適宜

①フライパンにサラダ油を引き、豚ばら肉、人参、キャベツ、もやしの順に炒め、軽く塩コショウする。
②①を取り出し、きれいにした後、油を引いて、麺をそのままの形で両面を焼く。気持ち焦げ目が付く程度。
③麺に焦げ目が付いたら、酒を入れて、よくほぐす。
④③に①を戻し入れてよく混ぜ合わせて、最後に、付属の調味料を入れ、よく混ぜ合わせて完成。


割と簡単でそこそこの味がでます。
お肉は、豚バラがベスト。野菜類は何でもOK。具材を炒めて取り出し、仕上げで麺と合わせるのもポイントでしょうか?
お試しあれ・・・

by camino0810 | 2012-06-03 16:24 | 料理 | Comments(0)