<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

Epilogue(エピローグ) 2011年11月23日(水) 自宅にて

b0214184_9402826.jpg

今日は、2011年11月23日。スペイン巡礼の総まとめを自宅のパソコンでやっているところです。
ブログのアップを始めたのが、今年の4月。8か月掛かってようやゴールにたどり着きました。
Caminoを終えて早1年2か月が経過。Caminoの記憶が風化しないようにという想いからアップを始めました。
実際のCaminoは1か月あまり。ブログ上のCaminoは8か月。珍妙な事態になりました。

図の赤いルートが僕が歩いた「フランス人の道」です。 

b0214184_22233391.png
(出典:ウィキペディア)

僕のCaminoをまとめるとこんな感じ・・・

・ 全行程44日、内Camino33日
2010年8月10日      成田発
      8月11日、12日  Paris観光
       8月13日     出発点 Saint Pie de Port(サンジャンピエドポー) 到着
       8月14日     Saint  Jean Pie de Port 出発(Caminoのスタート)
b0214184_525053.jpg


   「フランス人の道」: 33日間、778kmの徒歩、アルベルゲ宿泊31日、ホテル泊3日
b0214184_633936.jpg


      9月15日       Santiago de compostela着(Caminoの終わり)
b0214184_5254369.jpg

      9月16日、17日    Madrid観光
      9月18日、19日   Barcelona観光
      9月20日       Paris
      9月21日       Paris発
      9月22日       成田着
b0214184_5262348.png

・掛かった費用
  日記中に細かく記述しました。往復の航空代金、フランス、スペインでの長距離移動旅費、Camino中の 1 日あたりの経費、ホテル代を集計すれば、割と簡単に計算できます。(1€≒110円)

・知り合いになったあるいは会話を交わした外国人
 フランス、スペイン、スロバキア、ドイツ、オランダ、イタリア、フェロー諸島、ハンガリー、デンマーク、スウェーデン、アメリカ、スイス、ポーランド、韓国・・・14か国
b0214184_10205494.jpg

・最も良かったアルベルゲ
 31日目に宿泊したRivdiso da Baixo
b0214184_10232470.jpg

・最も楽しかった食事
 28日目のSarriaで食べた夕食Menu del Dia(9€)
b0214184_1026456.jpg

・最も印象に残った建築構造物
 19日目のLeonのカテードラル
b0214184_102886.jpg

・最も印象に残った土木構造物
 4日目のPuente la Reinaのアーチ橋
b0214184_10553847.jpg

・最もCaminoを感じた風景
 14日目のCastrojerisの古城と修道院
b0214184_1029897.jpg

・最も辛かった道
 1日目のピレネー越え
b0214184_10304595.jpg

・最も気持ちよく歩けた道
 27日目のTriacastelaの緑の濃い道
b0214184_10495421.jpg

・最も気持ちの良かった川の風景
 8日目のNajeraの川辺
b0214184_10312066.jpg


・Caminoの価値

仕事柄、よくB/C(ビーバイシー)という業界用語を使います。BはBenefit(便益、価値)のB、CはCost(費用)のC。ある商品の価値(B/C)が1より大きければ、その商品は価値があるということになります。Cの計算は簡単、掛かった費用そのもの。
しかし、Bをお金に換算する場合、特に、人間の感覚を考慮に入れる時は、簡単ではありません。

但し、あの店の焼きそばは旨かった、次も来たいと感じたとき、その人はその焼きそばに値段以上の価値を感じたことは間違いありません。

最も楽しかった食事 28日目のSarriaで食べた夕食Menu del Dia(9€)の価値(B/C)を自己流に計算してみました。Bは、この食事の味、お店の雰囲気、周りの風景、自分の体調など考えて、この食事にならいくらまで払えるかという視点で評価しました。ワインがまるまる1本付いて、店員の対応もよく、味も気に入りました。特に、川沿いのカフェテラスの気分が最高でした。僕の人生の中で多分、最上位に位置する食事だと思っています。
よって、Bは27€(約3,000円)。 したがって、B/C=27/9=3.0≫1.0
b0214184_011680.jpg


日記の中で、僕が食べ物や電車の値段をしつこく記載したのは、その食べ物や電車の価値(B/C)を自分なり感じたかったからです。上記の一連の最も良かったもの達は、僕にとってB/Cが最も大きかったということです。

Caminoの価値は、Bが極めて属人的なため、B/Cは100人100通りでしょう。但し、Cは計測が可能、僕の場合、Cは確定しています。

結論は簡単ではありません。現時点では、僕の場合、B/Cは概ね3~4。つまり、Caminoの価値は十分に高かったと言えそうです。
b0214184_038433.jpg


・Caminoを再び歩くか?

「カミーノ友の会」の関連サイトになかなかの名言がありました。

-The Camino begins when the Camino ends.-

最初のThe Camino は、実際のCaminoでもいいし、Lifeと置き換えることも可能です。
Camino経験者のうち、かなりの人がそのような感じになるのでは・・・つまりCaminoは癖になる?(笑)  
B/C≫1.0ということでしょう。

Caminoは、やはり一定の時間を掛けて、歩く、観る、食べる、洗濯する、寝るという単純な行為を繰り返すことが、ポイントだと感じています。日記中にも紹介したように、充てられる時間の関係から、分割で歩く人もいました。
b0214184_044215.jpg
唯、一回で長い距離を一気に歩き抜く方が、感動や価値がより大きくなるように思います。

よって、最低1か月以上できれば2か月掛けた方が、B/Cが大きくなるのではないか・・・
問題は、お金ではなく、まとまった時間を取れるか?体力と気力は十分か?

ブログアップ中に、数年後にまたチャレンジしてみようかなと考えるようになりました。

検討コースは2つ。
①南フランスコース:アルル(Arles)→モンペリエ→カルカソンヌ→ツールーズ(TouLouse)・・・・サンチィアゴ(1500km)
②銀の道:セビリア→アストルガ→サンチィアゴ(800km)
b0214184_223072.jpg

①:カルカソンヌ→ツールーズは1999年にミディ運河見学で訪問した思い出の地。両岸がプラタナスで囲われた幅20mの運河を大型クルーザーで航行しました。素晴らしい想い出です。
 実は、今回のCaminoは、最初はこのルートで行こうと考えました。やはり、ハードルが高すぎるので、オーソドックスな「フランス人の道」に変更しました。
②:「銀の道」は、2010年秋の下北沢のカミーノ報告会で聴いたおすすめコース。体験発表者の女性にヒアリングしました。1回目はオードソックスな「フランス人の道」、2回目が「銀の道」。彼女は、スペインの雰囲気にどっぶり浸るには「銀の道」が最適だと言っていました。

・Camino後に何が変わったか?

外面的な変化:帰国直後に測定した体重73.0Kg、体脂肪率19.0%。使用前(現在と同じ)体重76.0Kg、体脂肪率22.0%。
内面的な変化:僕の場合、自分自身では大きな変化があったという実感はありません。唯、外国や外国人に対する違和感や抵抗感はかなり小さくなったと感じています。彼らの家族や自国を愛する気持ちなど、日本人との違いは感じませんでした。
b0214184_0145271.jpg


・Camino後の日本に対する評価

1999年に10日間のイギリス、フランスの運河視察旅行に行きました。両国の都市、田園風景のあまりにも整然とした美しさに驚嘆しました。帰国後の成田線の車窓から見た街や田畑の雑然とした光景にひどく落胆したものです。染み付いた欧米に対する劣等意識が増幅しました。
今回、Caminoを終えて想うこと。「欧米もいいけど、日本も負けずにいい。自信を持っていい。それぞれに違っていて当たりまえ。その違いを楽しめばいい。」そんな気持ちになりました。
スペイン、フランスは教会、カテードラル、高さを揃えた街並みなど確かに綺麗でした。
b0214184_083624.jpg
でも、日本は日本でいい所は沢山ある。どんな地域にも存在するお寺、神社。地味だけど、よく見ると味わいがあります。
b0214184_5493100.jpg
b0214184_546195.jpg
僕の自宅から歩いて10分のところにある「里山」の風景は、典型的な日本の原風景。自然と共生してきた日本人の生き方が感じられます。「里山」のコンセプトは、これから世界に向けて発信されていくでしょう。
京都はよく行きますが、京都のお寺、神社の美しさも大いに誇っていいでしょう。東大路沿いの木造家屋のちょっとレトロな街並みにも最近は愛着が湧いてきました。
b0214184_01183.jpg

つまり、Caminoによって、日本の良さを再認識できて、奇妙な劣等意識がなくなったように思えます。

・Caminoを終えて良かったと思うこと

異国のプレッシャーの中で、一人でよく頑張ったねという達成感。異文化圏の風景にたっぷりと浸れたこと。そのことで、日本の良さを見直せたこと。外国人のお友達ができたことなど・・・
b0214184_9263518.jpg


このあたりで僕のCaminoの旅日記を閉じることにします・・・
b0214184_23552434.jpg

by camino0810 | 2011-11-23 09:27 | CAMINO(スペイン巡礼) | Comments(0)  

2010年9月22日(水) Kuala Lumpur~成田

朝7時、Kuala Lumpur International Airport(クアラ・ルンプール)空港に到着。
8月10日以来、43日振りでした。
b0214184_5551810.jpg

成田行きのMH0070便は、11時発。約4時間を館内で時間を潰すことに・・・

8月10日の日記を引用すると、

≪4時間待った後、いよいよパリ行の飛行機の待合ロビーに行きました。
その時に感じた孤独感、重圧感は今でもよく覚えています。待合の人はすべてヨーロッパ人。成田、クアラルンプール間の機内は、ほとんど日本人でしたから・・・
「メジャー」から「マイナー」へ。
初めて、一人異国に来たんだ、自分はまさにetrangerになったんだと実感しました。
以後、caminoを終えて、再び、クアラルンプールに戻ってくるまで、この孤独感、重圧感はずっと付きまといました。≫

成田に向かう便の待合ロビーは、ほとんど日本人でした。この時点から「マイナー」から「メジャー」に戻りました。
大きな集団の中に取り込まれる安心感というものは、実に居心地のいいものです。

ただ、43日間に亘り、スペイン、フランスを一人で旅したことで、外国や外国人に対する違和感や抵抗感が小さくなったことは間違いありません。この点は、使用前と使用後で大きく違っていると感じています。
僕もこの年齢になって、ようやく「グローバル」な人間になったということでしょう・・・

11時、成田に向けて出発。周りの座席は日本人だらけ。国内旅行と同じ気楽さを感じたものです。
b0214184_6551037.jpg

機内には、日本の新聞が・・・。タブロイド版の朝日新聞でした。1面は、厚労省元局長の事件で大阪地検特捜部検事が逮捕された記事でした。

よく考えると、43日間、新聞から完全に隔絶された生活を送っていました。新聞のない生活に対して全く違和感を感じなかったのは、旅先という一種の非日常の世界にいたからだと思います。

新聞のない生活から新聞のある生活へ・・・非日常から日常へ。徐々にいつものとおりの平凡な生活に戻り始めました。まあ、言ってみれば、戦闘モードの解除みたいなものかもしれません。

19時、成田空港着。
到着ロビーには、上の娘が迎えに来てくれました。
b0214184_659656.jpg

空港内のレストランで待望の日本食を・・・何を食べるかは、飛行機の中で真剣に考えていました。

チョイスは、「ビーフカレー」。実のところcamino10日目あたりから日本食が恋しくなっていました。カレーは日本人のソールフード。旨かったです。

残った€を換金して、下の娘が運転してきた車に乗って、埼玉の自宅へ・・・
荒川沿いの首都高を通過する時に、車窓から、高層ビル群の赤い灯が点滅する東京の夜景が目に入ってきました。改めて、スペイン、フランスの街々と違った東京の街の巨大さを感じたものです。

東北道を降りたICの近くに馴染みのラーメン屋がありました。喜多方ラーメンのお店です。
3人で、チャーシューメンと和風冷やしラーメン、餃子をオーダー。大好きな「和風冷やし」を食べ終わって、ようやく日本に戻ってきたという実感が湧いてきました。

22時、自宅に帰りつくとカミサンが待っていました。リュックを下ろして、スペイン土産を皆に渡して、早速、お風呂へ・・・

自宅の浴槽にどっぶり浸るのも実に44日振り。とに角、無事に帰って来られたことに感謝しながら、スペイン、フランスでの出来事を思い出していました。

by camino0810 | 2011-11-21 05:51 | CAMINO(スペイン巡礼) | Comments(2)  

2010年9月21日(火) Paris~Kuala Lumpur

今日は、Charles de Gaulle(シャルル・ド・ゴール)空港からKuala Lumpur International Airport(クアラ・ルンプール)空港に向かいます。

7時30分、朝食。
パンとコーヒーだけのシンプルなコンチネンタル式。スペイン人もフランス人も朝は軽めに済ませる習慣のようです。
b0214184_661426.jpg

出発直前のParis郊外の朝の通勤風景はこんな感じ・・・
閑散としていました。看板の「Printemps」は、日本の高島屋が都心に開設しているデパートです。
b0214184_6305592.jpg


8時30分、ホテル発。
地下鉄を乗り継いで、Gare de Nord(北駅)へ。8月11日以来、実に41日振りでした。駅舎の外に出ましたが、最初に来た時の感動はほとんどありません。散々この手の風景を見てきてすっかり慣れっこになったからでしょう。
b0214184_620919.jpg
b0214184_6203352.jpg

Gare de Nord(北駅)からPER B線でCharles de Gaulle(シャルル・ド・ゴール)空港のTerminal2、シャトルカーで、Terminal1へ。来たときと逆の手順です。PER はフランス国鉄の近郊線、東京で言うと東海道線、高崎線、常磐線みたいな電車。下りですが、通勤客もいて、Parisの通勤風景に触れることができました。

10時、空港のチェックインカウンターに到着。出航2時間前に到着できました。チェックインは随分時間が掛かりました。出国時の手荷物検査でうっかり処理し忘れたペットボトルを没収されました。

出国審査を終えて、出発ロビーへ。
b0214184_19493061.jpg
待合ロビーで出発待ち。
b0214184_195234.jpg
この空港のテレビもBarcelona空港と同じ「SAMSUNG」製。韓国パワー恐るべしでした。
b0214184_19523424.jpg


12:00発マレーシア航空MH0021便は、ネットで予約していました。
b0214184_2062471.jpg
往復、サーチャージ込みで125,000円。格安航行券なので、行き帰りとも、マレーシア航空のハブ空港であるKuala Lumpur International Airport(クアラ・ルンプール)空港で乗り継ぎました。直行便ならおよそ12時間で行けますが、トランジットがあるので、約20時間もかかりました。 北緯40度のParisから赤道直下のKuala Lumpur、もう一度、北緯35度の成田へ。三角定規の2辺を飛ぶので、1辺の直行便よりうんと時間が掛かります。

機内サービスは、当然ですが、LCCよりは良かったです。食事の味付けも日本人好みの味付けでした。到着までの間は、座席のテレビで時間を潰すよりありません。

井上真央主演の「ダーリンは外国人」には結構感動しました。英語が不得手な彼女が外国人パーティーに行って、何もしゃべれず「壁のシミ」状態に陥ったこと、不安を抱えつつも、旦那さんを追っかけて、アメリカに一人で乗り込んでいく時の彼女の言いようのない重圧感・・・僕の状況とよく似ていたので、思わずグッと来たものです。

実は、今日の9月21日は僕の誕生日。43日間に亘ったスペイン、フランスの旅で、大きなトラブルもなく、無事に成田に戻れそうな事に感謝しました。

by camino0810 | 2011-11-20 05:56 | CAMINO(スペイン巡礼) | Comments(0)  

2010年9月20日(月) Barcelona~Paris

今日は、スペイン最後の日。
スペインにはCamino1日目、8月14日に国境のRoncesvalles(ロンセスヴァジェス)に入国して以来、今日で38日間滞在したことになります。
今日、フランスに向かうため、16時にBarcelona空港からParisのOrly空港に向かいます。

朝9時30分、ホテル発。
今日の目的地は、ガウディの代表的作品Parc Guell(グエル公園)。
地下鉄Lesseps(レセップス)駅を降りて、歩いて行きました。
公園に登る道を一筋間違えたため、公園の脇から入ってしまいました。
Parc Guell(グエル公園)は、小高い丘の上にありました。振り返ると街を一望できました。今日のお天気はあいにくの曇り空。こんな時は、撮った写真の出来映えもいまひとつ・・・
b0214184_6351062.jpg


10時30分、観光客が使わない公園脇の入り口に到着。
b0214184_6381397.jpg
公園正面入り口の塔が望めました。
b0214184_6401677.jpg
途中には、岩石を貼り付けた回廊が・・・ちょっとおどろおどろしい感じです。
b0214184_743213.jpg

ほどなく公園正面入り口に到着。沢山の観光客で溢れ返っていました。
b0214184_8362538.jpg
名物のモザイクのトカゲの前では、写真撮影の順番待ちが・・・「日本人はデジカメを撮りまくってばかりで風景を楽しまない」という批判を耳にしますが、そんな批判は当たりません。外国人もデジカメを撮りまくっていました。
b0214184_7114391.jpg
記念写真を他の観光客に撮っていただきました。このまま飛行機でフランスに向かうため、スーツケース替りの50Lのリュックを背負ったフル装備をしています。
b0214184_714798.jpg


正面の階段を登って、人工地盤のテラスへ・・・
b0214184_1161670.jpg
振り返って、入り口方面を見下ろすとこんな感じ。
b0214184_119093.jpg
テラスを支えるスラブの下面は、すべて陶器のモザイクが貼られていて、中央部には太陽?を模した精巧なデザインが施されていました。
b0214184_11132649.jpg

テラスのベンチの手摺りのモザイクも素晴らしかったです。
b0214184_1117273.jpg
b0214184_11244897.jpg
b0214184_1119130.jpg
b0214184_11201210.jpg
b0214184_11205785.jpg
ベンチで記念写真を・・・
b0214184_1122281.jpg

テラスの山側は、洞窟や岩石を貼りつけたアーケードが・・・
b0214184_11274710.jpg
b0214184_11285478.jpg
b0214184_11292643.jpg

公園内を1時間程散策して出入り口のゲートへ。帰りは、他の観光客と同じのコースで駅に向かいました。ゲートには、公園名がモザイクで「Park Guell」と印されていました。
b0214184_1137560.jpg
b0214184_11372736.jpg

Parc Guell(グエル公園)は、実に楽しい公園でした。

地下鉄Lesseps(レセップス)駅に歩いて戻りました。
駅前では、地下鉄工事が行われていました。
b0214184_54454100.jpg
驚いたことに、克明な工事写真が仮囲いに大々的展示されていました。土木屋の僕には見過ごすことのできません。
地下鉄9号線の工事。シールドというお茶の缶を横にしたような掘削機でトンネルを建設するやり方でした。最近開通した、東京メトロの副都心線と同じような感じです。
b0214184_5553317.jpg
これほど詳細に工事状況を公開するようなことは、日本ではまず考えられません。
延々と展示されている写真を見ていくと、工事の進捗が手に取るようにわかりました。
シールド掘削機を地中深く設置する立坑は、直径20m程度の連続地中壁と呼ばれる形式かケーソンと呼ばれる形式のようでした。掘削深さは30m程度でしょうか?
b0214184_67814.jpg
シールド掘削機は直径12mはありそうな大型の泥水式シールド機。多分、トンネルは複線断面でしょう。これだけでかなり大きな地下鉄工事であることが判ります。
b0214184_6125756.jpg
b0214184_6221100.jpg
完成したシールドトンネルの内部はこんな感じ。
b0214184_553298.jpg

これらの工事写真を見る限りし、スペインの土木技術の水準は、日本と同程度の高い水準にあるように思えました。

カタルーニャ広場のバスターミナルから空港行のバスに乗り込みました。
b0214184_659578.jpg

Aeroport de barcelona El Prat(バルセロナ・プラット空港)は、市内から概ね20kmの海沿いにありました。料金は、5€、所要時間は、30分でした。高速道路は広々としていて、とても快適でした。
Madrid、Barcelonaともの空港へのアクセスは成田よりはるかに良かったです。
b0214184_710326.jpg
空港の建物は真新しく、やたらと広かったです。空港のパースが展示されていました。空から見ると、頭でっかちなトーチのような恰好をしていることがわかりました。
b0214184_6123497.jpg
b0214184_711336.jpg
b0214184_5302058.jpg
時刻表の標記は、上からカタルーニャ語、英語、スペイン語の順でした。
b0214184_624162.jpg
僕の乗る飛行機は、Paris Orly行き16:00発VLG8055便。およそ1時間遅れの17:00発と標記されています。
b0214184_6245395.jpg
チケットは、ネットで格安航空会社Vuelingのサイトから予約しました。Orlyまでの所要時間は概ね1時間40分、71.5€(約8,000円)でした。日本の国内便の3分の1程度の安さでした。
b0214184_19354367.jpg

スペインを出国してフランスに向かうので一応出国審査があるのではと思いますが、そんな記憶はありません。EU圏内の移動ということでまったくフリーだったようです。国境の出入りが自由で、通貨は同じ€。EU統合のメリットでしょうが、最近のギリシャ、スペイン、イタリアの国債下落に伴うグループ各国の経済負担など負の側面も出てきたようです。
免税店などもたくさん並んでしました。
b0214184_7492.jpg
チェックインを済ませて、待合ロビーで待つことに・・・
各待合ロビーには50型の大型薄型テレビが設置されていました。韓国の「SAMSUNG」製。Camino中、立ち寄ったBarの薄型テレビは、日本、韓国半々程度でした。国際空港で採用されたテレビが韓国製というのは、深刻な事態と思わざるを得ません。つい先日パナソニックが、薄型テレビから撤退したというニュースを見ましたが、1年前からこのような事態が胚胎していたということでしょう。

結局、1時間30分遅れて、17時30分出航。飛行機は、中型のジェット機でした。
b0214184_5265964.jpg
LCC(格安航空会社)の機内は座席が幾分狭かった感じでした。ビックリしたのは、機内販売。新幹線と同じように、コーヒーやお土産の巡回販売がありました。コーヒーは2€でした。食事等のなくても不都合の無いサービスを止めて徹底的なコストダウンを図っているようです。飛行機での移動が、昔と違って贅沢なものではなくなった現在、このスタイルも十分ありでしょう・・・
僕は、QBハウス(洗髪なしでカットのみの格安理髪チェーン:10分で1,000円)を利用します。余計なサービスは求めません。LCCの需要は今後高まるでしょう。

フランスに入ると、飛行機の窓の風景が断然変化してきました。濃い緑の中に住宅や道路が整然と配置されていました。スペインの乾燥した光景とは人一味もふた味も違って、非常に美しい光景でした。

19時、Orly空港到着。この空港はかなり古めかしいオンボロ空港でした。PER B線でParis中心部のChaele-Les Halles駅(10€)へ。8月13日以来の40日振りParisでした。Metroを乗り換えて3号線Porte de Bagnolet駅で下車。
b0214184_6222420.jpg
このあたりは、都心から電車で20分程度離れた街外れ。東京で言うと、埼玉との境にある成増みたいなものです。

ネットで予約した「Hipotel Belgrand」を探すことに・・・アバウトな地図しか持っていないので、お目当てのホテルが見つかりません。昏くなった街路をウロウロしました。歩いている人は黒人が多く、正直、恐怖感を感じたものです。21時、ようやくホテルに到着。写真は翌朝に撮ったものですが、郊外の格安ホテルは、鋭角の交差点の角部屋で建物幅が非常狭い形状が特徴のようです。
b0214184_6344116.jpg
ちなみに、8月11、12日にお世話になったParisのホテルも、同じような交差点で細長い形をしていました。
b0214184_19452874.jpg

チェックインするために、呼び鈴を鳴らすと、しばらく待たされて、宿の支配人らしき男性が登場。この手のホテルは個人経営のようでした。彼は、日本びいきのようで、日本語で「こんにちは」と挨拶しました。僕が、夜の挨拶は「こんばんは」というのが正しいと英語で伝えました。彼は、ニッコリ笑って「こんばんは」と言い直し、僕は、「Bon Soir」(ボン・ソワール)とフランス語でお返ししました。
それにしてもホテル名の「吴」は、一体どういう意味なのか?全く理解できません。外国人は、漢字を一種のデザイン、マークと思っているふしがあり、漢字の持つ意味には無関心のようです。
b0214184_6562646.jpg

ホテルの向かいのスーパーマーケットで、パン、サラダ、ジュース、パテなど買い込んで遅めの夕食を済ませました。
b0214184_20487.jpg

部屋代は朝食付き1泊で6100円。ちょっとレトロな室内ですが、ベッドが2つ付いていて、洗面所、トイレも清潔感がありました。地下鉄の駅の真上に立地し、かつ、都心まで20分の便利さ。
もし、Parisに1週間程度滞在するなら、このクラスのホテルに最低2人以上で泊まり、かつ、スーパーの食材で済ませれば、相当B/Cの高い旅ができるでしょう。
b0214184_206920.jpg
b0214184_2064252.jpg


明日、Charles de Gaulle(シャルル・ド・ゴール)空港から日本に向かいます。

by camino0810 | 2011-11-13 06:35 | CAMINO(スペイン巡礼) | Comments(0)