<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

2012年5月5日(土) イギリス その9 まだ、サイレンセスタ― 

2012年5月5日(土) 今日は晴。やっと晴れてくれました。
朝5時起きして、探検も兼ねた散歩に・・・・
宿の時計は5時40分。部屋に備え付けのホットチョコレートで腹ごしらえしていざ出発。
b0214184_6433094.jpg
お世話になったB&Bの全景はこんな風・・・実に可愛らしいたたずまいです。僕たちが泊まった部屋は、2階の左から3番目の部屋。
b0214184_6501247.jpg
再び、サイレンセスターの中心部へ。
b0214184_7184454.jpg
b0214184_719272.jpg
綺麗な街並みです。
b0214184_7211476.jpg
路地の狭い街並みはこんな風・・・
b0214184_7221726.jpg
b0214184_7235490.jpg
街はずれの公園に向かいました。住宅街も綺麗にしてありました。
b0214184_7262144.jpg
公園のゲートに到着。
b0214184_7284674.jpg
この公園は、プライベート。
民間人が私有地を公園として開放しているのは、実に感心。維持管理費は、どうしているのか?セレブな人たちが果たす「ノーブル・オブリージュ」と呼ばれる義務的な行為なのか?階級社会のイギリスならでは慣習なのか?よく考えると、日本ではありえないことです。敢えて言うなら、江戸時代の個人によるインフラ整備。例えば、京都の豪商角倉了以が開削した高瀬川など。
あのチャーチルは、パブリック・スクールの出身。パブリック・スクールとは、私立学校。でも、名称は「Public」。このあたりにイギリス独自の社会制度が隠れていそうです。
開園は8時。看板には、園内は徒歩か騎乗のみ。ゲートと建物の周囲100m以内では犬にリードをつけることと注意書きが・・・
細かい注意を拾ってみると
 ①8時から17時まで開園
 ②ボール遊び禁止
 ③指定車両以外通行禁止
 ③自転車、ピクニック、火を燃やす行為、キャンプ禁止
 ④出入りは、門だけから
 ⑤国が決めたルールを守ること
 ⑥ゴミは持ち帰ること
 
b0214184_5145561.jpg

まだ、開園前なので、他を散策することに・・・・
公園の脇には、古城がありました。公園は、このお城の持ち主かも・・・超セレブな社会がいまでも息づいているのか?
b0214184_65921.jpg
お隣の建物の標識にビックリさせられました。1802年の完成。200年以上住み続けられていました。このあたりも物を大切にして、長持ちさせるイギリス人の本領発揮というところでしょう。
b0214184_6103433.jpg
b0214184_6114857.jpg
公園脇の水路沿いの小路を歩いていきました。綺麗な小川と石橋、レンガ塀、実に、絵になる風景でした。
b0214184_6243530.jpg
b0214184_6161786.jpg
澄みきった川底には、沢山の藻が・・・
b0214184_626516.jpg
しばらく行くと、家が消え、河畔林が・・・河岸に人工的な構造物がないのが優れもの。
b0214184_6343513.jpg
そろそろお腹もすいてきたので宿に戻ることに・・・途中にあった家には見事な蔦が這っていました。
b0214184_6394737.jpg
この建物は、1880年の作品。王冠のエンブレムが付いていました。
b0214184_642829.jpg
街の中心にある市民ホールでは、クラフト・ショップの垂れ幕を設営中。今日は、土曜日なので、沢山、人が集まるのでしょう。
b0214184_6464793.jpg
b0214184_649232.jpg
宿の近くにはフラットと呼ばれる長屋風の建物が・・・小綺麗にしていました。
b0214184_6514819.jpg
図書館は、ふつうのビル。
b0214184_654473.jpg
宿に戻って、朝食。食堂は可愛らしい気分が演出されていました。
b0214184_22183167.jpg
b0214184_22262320.jpg
今日も定番のイングリッシュ・ブレックファスト。
b0214184_22213561.jpg
b0214184_22211148.jpg
部屋に戻って、出発準備。なかなか綺麗な部屋でした。
b0214184_22251780.jpg
シャワー、トイレも実に清潔。
b0214184_22272527.jpg
b0214184_22274949.jpg
チェックアウトを終わらせて、教会前のバス停へ・・・晴天のサイレンセスターにしばしお別れです。
b0214184_223811.jpg
教会も晴れやかな表情。
b0214184_22392552.jpg
最初の夕食を摂ったパブ「THE BLACK HORSE」。
b0214184_224131100.jpg
パン屋さんには、うまそうなパンがならんでいました。
b0214184_22425643.jpg
魚屋さんには、氷の中に旨そうな魚が埋められていました。
b0214184_2244141.jpg
日本の杉玉に似た緑色の球が・・・何のためのものでしょうか?
b0214184_2246301.jpg
これから、ノースリース、バイブリ―に向かいます。その後、もう一度、このサイレンセスターに戻りました。

by camino0810 | 2012-11-20 06:43 | イギリス | Comments(0)  

2012年5月4日(金) イギリス その8  再び、サイレンセスター Sirensester  

チェルトナムから20km離れたサイレンセスターにバスで戻りました。
19時にサイレンセスターのバス停に到着。教会の裏の公園を散歩しました。広々とした芝生の公園でした。
b0214184_5553321.jpg
公園をひたすら歩くと、池がありました。白鳥や鴨が泳いでいました。
b0214184_62295.jpg
b0214184_5595230.jpg
小さな川が流れていました。水がとても澄んでいました。川底には藻が沢山生えています。
下水処理も多分しっかりしているのでしょう。スペインでは、田舎の川でも結構泡が浮いていました。イギリスの下水道普及率はどれくらいなのか?興味深いです。
b0214184_66571.jpg
B&Bにいったん戻って、街中のインド料理のお店にディナーに行くことに。。。
「SULTAN」はメーンスリートの2階にありました。
b0214184_735574.jpg
金曜日の夜ということもあり、セレブな?家族連れで繁盛していました。
インド人のウェイターが注文とりに・・・
最初は、赤ワインに前菜。パリパリにあげたナンのようなせんべいに4種類のソースをつけて食べます。
b0214184_6375865.jpg
主菜は、エビとチキンのカレー。美味かったです。ライスは、fried Rice 、チャーハンみたいなものですが、パラパラ感が良い。
b0214184_640102.jpg
楽しみにしていたタンドリー・チキンは、残念ながらNG。パサパサでした。
b0214184_648320.jpg
エビフライは大振りなエビを使用。美味かったです。
b0214184_6493835.jpg
マスターと思しき人物が、マメにやってきて、いちいち感想を求めます。家族で「ちょっとウザイね」などと言いつつ、「Nice!」と応対しました。
嘗て、イギリスがインドを支配した黄金時代の気分が少し判ったように思えました。僕たちは、まさに「SULTAN」、王様。リッチな気分になりました。
お値段は、3人で42ポンド。1人あたり14£(1800円)。味良し、気分良し。文句なしでしょう・・・・

明日、ノースリース、バイブリ―に行き、そのままロンドンに向かいます。

by camino0810 | 2012-11-19 05:55 | イギリス | Comments(0)  

2012年5月4日(金) イギリス その7 チェルトナム Cheltenham

ストウ・オン・ザ・ウォルドからバスで チェルトナム Cheltenham へ・・・

この街は、人口11万の大都市。
スペインでも経験しましたが、ヨーロッパの国は、日本に比べて、人口のわりに都市インフラが大きく、整備されている感じです。日本でいえば、多分、20万規模の都市に相当するのでは・・・

バスの中で、チェルトナム在住の日本人女性に遭遇。この街はカレッジ(単科大学?)が多く、国内第2位の女子高があるとか・・・何が2位かは忘れました。

バスは大きなターミナルに到着。3人で街歩きを開始。
b0214184_554389.jpg
市役所の前には例のとおり、大戦の慰霊塔がありました。
b0214184_638310.jpg
植え込みの花壇もキッチリ手入れされていました。
b0214184_6384150.jpg
街路は綺麗に仕上げられていました。電柱・電柱がないのと街路樹がないので、非常にスッキリした印象です。
b0214184_6454297.jpg
b0214184_6474630.jpg
b0214184_648463.jpg
土木屋の僕は、工事の様子も気になります。街路の改良工事をやっていました。日本と似た気分ですが、作業員がヘルメットを被っていないのは、日本なら完全にNG。イギリスは安全に対して若干緩めのようでした。
b0214184_6374184.jpg
噴水の補修工事か?水を抜いた池の仕組みがよくわかります。それにしても、彫刻は実に立派でした。
b0214184_6462441.jpg
建築中の現場には、お洒落な仮囲いが・・・街の景観を壊さない配慮が感じられます。パリのオペラ座の改修工事も非常に凝った仮囲いが設置されていました。
b0214184_911752.jpg
b0214184_9144464.jpg
建築に使うクレーンは、日本でよく使われるタワークレーン。スペインでは、例外なく、水平ジブクレーンでした。このあたりは、お国柄がでるようです。
b0214184_8342589.jpg
東京都内の駅ビルの事例はこんな感じ・・・
b0214184_8434116.jpg
超幅広の歩道は植樹されゆったりしたプロムナードになっていました。
b0214184_6495223.jpg
b0214184_7164743.jpg
超小型移動カフェが・・・東京でも見かけますが、普通、ワゴン車を改造してカフェにしています。チェルトナムでは、リヤカー並みのサイズに1式の道具を詰め込んでいます。店主がでかい分、設備が小さく見えます。
b0214184_762294.jpg
紅茶1.2€(160円)、エププレッソ1.2£、ホットチョコレート1.8£、チャイ・ラテ(ミルク紅茶)2.0£・・・リーズナブルでしょう。
b0214184_7123413.jpg
沢山の露店が並んでいました。インド人、アラビア人など外国人がお店を出していました。パエリヤは5£(650円)は美味かったです。
b0214184_702532.jpg

お菓子のお店も・・・100g1.89£(250円)。お菓子の値段相場はあまりわかりませんが、普通でしょう。
b0214184_6575966.jpg
リアルなオブジェの前で娘と記念写真を・・・
b0214184_170067.jpg
ショッピングモールの入り口は、日本と同様、ブランド化粧品売り場。おなじみDiorなど・・・
b0214184_1742565.jpg
「さくら」の名前の銘柄も・・・
b0214184_1784540.jpg
次は、教会見学。この街には、珍しくゴシック式の教会がありました。多分、カトリックなのではないか?
b0214184_17114356.jpg
b0214184_8102336.jpg
ただ、スペインで見た教会は、尖塔は2本、尖塔に挟まれたバラ窓つきの正面入り口が多かったです。
キリスト教の教会の建築学的な仕様は、カトリック、プロテスタント、ロシア・ギリシャ正教、イギリス国教会で相当違っているようには、思います。でも、仏教のお寺とは明らかに違います。日本人の僕が見ても、キリスト教の教会であることは、明白。
丁度、人間の顔つきが、日本人、アジア人、欧州人、アフリカ人それぞれに違いは、ありますが、同じ人間の顔であることには間違いありません。
カトリックのゴシック様式にしても、仔細に見ると微妙にちがいます。同じ関西圏の京都人、大阪人、神戸人が違うように・・・・
b0214184_17282096.jpg
ファサードには緻密な彫像が配置されていました。
b0214184_17311556.jpg
内部は、これまで見てきた国教会とほぼ似た気分ですが、若干、華美な装飾を付加しているようにも思えます。もしかして、国教会かも?
b0214184_8153610.jpg
b0214184_8212325.jpg
教会見学後、再び、街歩き・・・。市民ホールのような建物の前には、小型車が沢山駐車していました。日本のフィットもありました。
b0214184_93351.jpg
日本では姿を消した郵便ポストが現役で活躍・・・・王立のエンブレムも付いていました。EⅡRは、エリザベス女王のことでしょう・・・
b0214184_94374.jpg
ウェディングドレスの専門店が・・・
b0214184_938616.jpg
エスニックレストランも・・・タイ、インド、ベトナム料理を食べました。「イギリスでは、エスニックに限る」という自分なりの結論が得られました。
b0214184_9412050.jpg
最後に日本に対する好感度の検証・・・看板の書き順に、その国の相手国に対する距離感が感じられようです。スペインでは、日本びいきの具体的な証拠を数多く発見しました。
イギリスの地方都市では、日本は、まずまずの位置をキープしていると思います。
2列の縦並びなので、明確には言えませんが、フランス(Bienvenue)が下位に位置していました。イギリスとフランスは中世から戦争を繰り返してきました。2度の世界大戦ではパートナーでしたが、イギリスは、EUに加盟してはいるものの、通貨はポンドのまま。
大陸のEUとは、一線を引いています。大陸EUの代表格のフランスとは、気分的には冷戦状態なのか?ただ、ドイツの位置が判別不能なため、ドイツとの距離はどうなのか?
関東圏の人間に例えると、埼玉県人と千葉県人のバトルのような感情があるのか?
答えは、イギリス人に直にヒアリングするしかないでしょう・・・
b0214184_9574829.jpg

バスで、宿のあるサイレンセスターで戻ることに・・・続く

by camino0810 | 2012-11-15 05:53 | イギリス | Comments(0)  

2012年5月4日(金) イギリス その6 ストウ・オン・ザ・ウォルド Stow on the Wold

教会前のバス停でバスを待ちました。
b0214184_612792.jpg
次の目的地はストウ・オン・ザ・ウォルド Stow on the Wold 。
イギリスのバスの時刻表はこんな風・・・初めての地でローカルなバスの時刻表を解読するのは苦労します。上の娘が的確に理解したので助かりました。
b0214184_644829.jpg
b0214184_6111634.jpg
20分でストウ・オン・ザ・ウォルドに到着。
くすんだはちみつ色の石材を使った小さな街でした。多分、イギリスの街はどこも大体こんな感じなのではないか?
スッキリ、広々とした気分は、電柱と電線がないからでしょう。街の景観を整えるには、電柱の地下化は相当効き目があると思います。
b0214184_615238.jpg
b0214184_6153511.jpg
b0214184_18511969.jpg
b0214184_711943.jpg
b0214184_6542625.jpg
バス停に隣接した小さなスーパーでサンドウィッチ(1.8£=230円)を買い食い。味は若干ピンボケ、NGでした。
例によって、店の中を観察。概ねボートン。オン・ザ・ウォーターと同じ感じでした。牛乳は、2パイント(1.1リッター)が0.95£(125円)。日本より安めです。
b0214184_6275823.jpg
お肉コーナーです。
b0214184_6334816.jpg
野菜コーナーです。
b0214184_6341146.jpg
嗜好品コーナーです。
b0214184_6323455.jpg
住宅街を探検しました。建築中の建物発見。出来立ての建物はフレッシュなはちみつ色をしています。年月が経って、黒ずんで落ち着いた気分が出てきます。
b0214184_659546.jpg
石材は砂岩のようでした。石塀には石材同士を結合する目地材がありません。日本では、空積みと言います。多分、地震が少ないためでしょう。
b0214184_705798.jpg
街の景色は、使用する石材で規定されているのは、考えれば当たり前。重い材料は手近に入手できる材料を使います。地産地消。スペインのビジャフランカ・デル・ビエルソでは、扁平な粘板岩を屋根材に使用していました。
庭付きの1戸建て住宅にはこじんまりと可愛らしい気分がありました。屋根材は扁平に割れる粘板岩系の石材のようでした。庭先の手入れの良さなど、イギリス人の真骨頂発揮という感じです。
b0214184_5411844.jpg
花壇や壁面の緑化などのセンスの良さにもビックリさせられます。イギリス人は、「ガーデニング、命」、庭の手入れが最優先なのか?
b0214184_5475481.jpg
再度、街の中心へ・・・イングランドの赤十字の国旗が・・・
b0214184_5554391.jpg
ヨーロッパの街の中心には必ず教会があると考えてもよさそうです。教会は宗教だけでなく、行政機関でもあったのでは?言わば、市役所や村役場みたいなもですから・・・
この小さな街にも、ちゃんと国教会の教会がありました。
b0214184_651839.jpg
入り口には、「OPEN]の看板が・・・国教会は誰にでも開かれています。
b0214184_671930.jpg
国教会の建物は地味な印象。形式は、素朴なロマネスク式に近いように思います。
b0214184_6473921.jpg
b0214184_610336.jpg
祭壇は、ボートン・オン・ザ・ウォーターの教会と同じ気分がありました。明るく、親しみやすくオープンです。ガーデニングの完璧さには、ちょっとだけ嫉妬心が出ますが、このオープンな気分には大賛成です。
b0214184_6211951.jpg
b0214184_6213945.jpg

「ウェルカム看板」には、日本語の表記もありました。
b0214184_6254215.jpg
教会の建物の歴史が説明されていました。12世紀のノルマン人が建立、13世紀イングランド人建て増し・・・これも物を大切にするイギリス人の真骨頂。「ストック社会」の見本です。
b0214184_6332722.jpg
ここでも、第1次大戦、第2次大戦の戦没者の墓碑銘が・・・赤い模造リースで囲われていました。戦没者への敬愛の深さは他でも共通。実に感心なことです。
b0214184_1837269.jpg
20代の若い人の名前が沢山刻まれていました。戦場で戦死した方でしょうか・・・
b0214184_18372543.jpg
お墓は手入れの良い芝生の中に埋め込まれていました。
b0214184_1844695.jpg
夫婦と思われる方も・・・最近、亡くなった方は結構高齢。イギリス社会の生活の質の高さが現れているようです。
b0214184_18473466.jpg
気分を変えて、パン屋兼珈琲ショップに・・・
b0214184_18535663.jpg
お菓子はおいしそうでした。ショーケースの上段のお菓子は、2.6£(340円)。日本並のお値段でした。
b0214184_1857254.jpg
コーヒーを飲みながら、モバイルで日本にいる兄弟に写真を添えてメールを打ちました。
モバイルは、実に、便利。世界中どこにいても、ネットが繫がり、メールが打てます。
b0214184_193228.jpg

カミサンと娘と決めておいたバス停に集合。

次は、チェルトナムに向かいました。

by camino0810 | 2012-11-13 06:01 | イギリス | Comments(0)  

2012年5月4日(金) イギリス その5 ボートン・オン・ザ・ウォーターBourton on the Water

トイレ休憩もかねて、小さなファストフードの店に・・・
珈琲1.9£(250円)を飲みながら、タバコを一服。新しい街に行くときは、必ず、方位計を持参します。
2010年、スペイン巡礼のとき、牛追い祭りで有名なパンプローナの街中で迷子になりました。建物がどこも同じで自分の位置を特定できず、パニックになりました。街のど真ん中で迷子になる恐怖を味わされました。
b0214184_20151296.jpg
小さな店なので、親父さんが一人でベーコン、目玉焼きを調理していました。
b0214184_20205222.jpg
家族で紅茶とスコーンが美味しいと評判のお店に入りました。
b0214184_20254958.jpg
お昼も兼て、3.9£(500円)。スコーンは小さなパン、ジャムとクリーム入りのマーガリンが付いていました。娘は美味い、美味いと言っていましたが、僕はイマイチでした・・・・。紅茶の味は本場だけあって美味しかったです。
b0214184_20282983.jpg
小さなスーパーの開店日。ご当地の生活を理解するには、スーパーはいいい材料です。
早速、中に入って観察しました。
b0214184_219250.jpg
最初はお肉コーナー。豚がメーン。次が鶏。牛はマイナー。値段は部位で違っているようですが、平均的には、100g換算で豚が0.8£(100円)、鶏0.7£(90円)、牛0.8£(100円)。日本よりかなり安めのお値段。
b0214184_2035631.jpg
b0214184_21193217.jpg
菓子パンは、4つで1.7€(220円)これもお買い得の値段。
b0214184_21232868.jpg
野菜、果物は、1kgで玉ねぎ0.8£(100円)、ジャガイモ0.9£(120円)、リンゴ2.6£(340円)、オレンジ0.5£(70円)。野菜は相当安いです。
b0214184_21294185.jpg
飲み物は、500ccのミネラルウォーターが1£(130円)、オレンジジュースも同じ。これは、日本並み。
b0214184_2137353.jpg
最後にお酒。ワインは5£(650円)。安いです。
b0214184_21355693.jpg
総体には、日本の物価の70%程度でしょうか?
但し、タバコお値段には驚かされました。20本のマルボロが7.64£(1,000円)。同じものが、フランス、スペイでは、大体5€(500円)。日本の2倍以上でした。

バス停の傍に、教会が・・・イギリス国教会でした。他の街も国教会が目立ちました。
特徴は、カトリックの派手さとプロテスタントの質素さの中間くらいの内部装飾と誰でも入れるオープンな点。
b0214184_619272.jpg
スペインの小さな村の教会の祭壇の豪華さには随分驚かされたものですが、国教会は派手でもなく、地味すぎでもなく、程よい親しみ易さ、敷居の低さを感じました。
b0214184_6425966.jpg
b0214184_654212.jpg
ステンドグラスもこじんまりしていました。
b0214184_6181493.jpg
旗のエンブレムは百合でした。
b0214184_6191448.jpg
教会の外にはお墓がありました。
b0214184_6233043.jpg
綺麗に手入れされた芝に墓石が埋め込んであります。花が活けられていました。
b0214184_6241445.jpg
ボートン・オン・ザ・ウォーターBourton on the Waterは、コッツウォルズのヴェニスにふさわしい街でした。

次は、ストー・オン・ザ・ウォルドStow On The Woldに向かいました。

by camino0810 | 2012-11-04 20:20 | イギリス | Comments(0)