<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

2013年6月30日(日) フランス その1 プロローグ

フランスに行くのは、今回が3回目。
1回目は1999年、ミディ運河の視察でツール―ズ、カルカソンヌを訪問。
2回目は2010年、スペイン巡礼の出発地に向かう中継地として、パリ、ボルドーを訪問。
今回は、ロワール川を観るために沿川の街、ナント、ツール、オルレアンを訪問。行きかえりはパリのシャルルドゴール空港を使用しました。

 5月2日(木) 成田
 5月3日(金) パリ、オーファルジ
 5月4日(土) ランブイエ、ヴェルサイユ
 5月5日(日) ツール
 5月6日(月) ナント
 5月7日(火) オルレアン
 5月8日(水) パリ
 5月9日(木) 成田

今回の旅行は、2010年のスペイン巡礼で知り合ったフランス人カトリーヌとのメールのやり取りがきっかけでした。
彼女にフランスのおススメを聞きました。答えは、5つ。そのうちの1つが、ロワール地方でした。川屋の僕にとって、ロワールは一度は行ってみたい川でした。

 ロワール川は、フランス南部の高地から北流し、オルレアンあたりで90度西に流路を変え、大西洋に注ぐ大河です。流路延長は1000㎞、フランス第1の川です。ツールあたりのロワールは世界遺産にも登録されており、手つかずの自然が多く残されています。

b0214184_21405644.jpg

2011年の台湾旅行は、下の娘が旅程を作成。2012年のイギリス旅行は、上の娘が担当。

今回のフランス旅行は僕が組みました。飛行機、ホテル、ミニツアー、電車の予約はほとんど僕が担当。
旅行は、旅程の作成から始まりました。3月初めからカトリーヌとメールのやり取りで少しずつ詳細を決めていきました。

b0214184_2137271.png

その意味では、今回の旅行は僕流にカスタマイズしたユニークかつ価値の高い旅行になったと感じています。
ロワール河は、予想以上に素晴らしい川でした。川と街の風景も良かったです。カトリーヌの自宅に泊まり、フランス人の生活に直に触れることができたことも得難い経験になりました。
これから、いつものように時系列で旅日記を始めることにします。

b0214184_21514647.jpg

by camino0810 | 2013-06-30 21:57 | フランス | Comments(4)  

2012年5月8日(火) イギリス その25 ヒースロー

8時30分 朝食。
B&Bの女将さんは機嫌が良かったです。皮肉っぽい言葉もなかったです。理由は、昨晩に570£(74,000円)の宿代が入ったからでしょう。
ただ、フォークやスプーンを出し忘れたり、食器にジャムがこびりついているなどの失態も・・・・
機嫌良さも手伝い、居間のPCで中庭のガーデニング資材などをネットで検索して説明してくれました。
b0214184_6445088.jpg
中庭で食後の一服をしました。改めて中庭のガーデ二ングを満喫しました。煌びやかさを排し、手創り感にあふれるこじんまりとした英国風の中庭は居心地のいいものです。
b0214184_6551482.jpg
b0214184_654534.jpg
お別れ前に2階に上がって、お隣の光景などの撮影。
裏庭の光景にイギリスの中流クラスの生活を感じたような気がします。間口3m程度のうなぎの寝床風の3階建てですが、どの家も小奇麗に設えてありました。
b0214184_711134.jpg
b0214184_714148.jpg
女将さんに空港往きのタクシーを頼みました。25£(3250円)なので、3人なら十分ペイできる価格設定です。
最後に女将さんに記念写真を・・・
b0214184_754683.jpg
10時、B&Bを出発。女将さんが見送ってくれました。娘とは最後まで相性が悪かったようですが、後日、女将さんのお礼とお詫びのメールを娘は受け取ったそうです。
一緒に写真に入ろうと誘いましたが、断られました。照れ屋なのか、日本人が嫌いなのかわかりませんが、気難しい一面もあるようでした。
b0214184_712691.jpg

10時30分、ヒースロー空港に到着。5月3日にこの空港に到着して6日目になります。
出国のチェックでひと騒動ありました。お土産のジャムがルール違反(液状物の機内持込み制限違反)を指摘され、大騒ぎしました。結局、カウンターでもらった段ボール箱にジャムを詰め直して格納庫?に搭載してもらいました。
b0214184_1124227.jpg

 コッツウォルズ、バース、ストーンヘンジ、ロンドン・・・イギリスの結構コアな部分を慌ただしく観てきました。
 以前は、イギリスの完璧なランドスケープに抵抗感がありましたが、今回は、それがなくなり素直にその素晴らしさを堪能できたと思っています。食べものも相当良くなっていました。多分、他の街や田舎も素晴らしいのではと感じています。車で田園の中を走りまわると、もっと楽しいでしょう・・・

 今回のイギリス旅行をまとめるとこんな感じ・・・

 ①イギリスの観光資源としての価値は高い。
 ②川と街のコラボは素晴らしい。
 ③豊富な土木遺産を有している。その保全と活用は参考にできる。
 ④今後の日本の生き方の参考となる国である。
 
b0214184_1059988.jpg

次回のイギリス旅行は・・・?
スコットランドか、湖水地方か?お友達の居る地方都市か?これから考えようと思います。
イギリス編おわり。。。
b0214184_11292393.jpg

by camino0810 | 2013-06-18 11:37 | イギリス | Comments(0)