<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

2013年5月8日(水) フランス その44 再び、パリその7

シャンジュ橋は、Pont au Change(両替橋)。この橋は、セーヌ右岸とシテ島を連絡する石造りのアーチ橋です。5月4日に家族で訪問しました。ノートルダム大聖堂はこの橋の袂にあります。

b0214184_15102569.jpg

この橋は、古い鳥瞰図の左上の一番立派な橋だと思います。沢山の建物が並んでおり、両替橋の名前のとおり、この橋も元は橋上住居で、両替商や金貸し商、今でいえば、銀行が橋の上にあったのでしょう。

b0214184_15402562.jpg

1575年製のこの付近を古地図で見ると、あることに気づきました。
当時、シテ島は左右2本づつの橋で陸側と連結されていました。古地図の上側が上流側ですが、シャンジュ橋は、地図の左上側の橋と思われます。現在は、地図の左下側の橋が消滅して、シテ島の最下流(古地図の下側)にポンヌフがあります。つまり、ポンヌフはこの消滅した橋が化けた橋と考えるのが自然です。ポンヌフを築造した時に、シテ島の片側のセーヌを全面的に締切、壊した橋の材料をポンヌフに再利用したと考えられます。
パリの街を含めてスペインやイギリスなどで古代ローマ時代の構造物などの過去の遺産を再利用した事例を見てきました。西ヨーロッパの国では”使い回し”が基本的なコンセプトのようでした。日本の”使い捨て文化”とは随分違っていました。

b0214184_15165743.jpg

シャンジュ橋の上から下流を眺めると、コンシェルジュリーやポンヌフが見えました。

b0214184_15525437.jpg

上流側には、鋼製のノートルダム橋とノートルダム大聖堂が見えました。

b0214184_15551036.jpg


b0214184_15563942.jpg


シャトレー広場にやってきました。この近くにパリ市役所もあります。パリの街はこのあたりを1区として渦巻き状に外に向かって街区が発番されているそうです。
14時30分、遅めの昼食を摂ることに。。。

b0214184_06353219.jpg

河畔の道路沿いのカフェに入ってサンドウィッチと珈琲の簡単なランチにしました。フランスでの生活に慣れてきたせいか、1人でお店に入ることへの抵抗感も薄れていました。このカフェは、室内での喫煙がOKでした。

b0214184_06441371.jpg

これからの段取りは、17時にルーブルのピラミッドで家族と待ち合わせをした後、18時にカトリーヌとオペラでお別れをすることにしていました。
ルーブルは3年前に1日かけてじっくり鑑賞したので、今回はパス。あと3時間をどうす過ごすか考え中でした。
思わぬ事態が発生しました。
上の娘から僕のケータイに緊急電話が入りました。
「お母さんが行方不明になった。今すぐ、ルーブルの地下の受付に来てほしい・・・」
幸い、このカフェはルーブルから歩いて20分以内にあったので、慌てて支払いを済ませて、ルーブルのピラミッドに向かいました。

b0214184_17333425.jpg

地上の入り口に娘を呼び出して、事情を確認しました。
朝10時頃、チェックインの行列に2人で並んだそうです。娘がトイレに行って帰ってきた時に、カミサンがいなくなったそうです。娘は、15時まで入口で待ったものの、カミサンは現れず。。。
もしや誘拐でも娘の顔はひきつっていました。通路にへたり込んで泣き出す始末。昼食もとらずにずっと待ち続けていたようなので、館内のカフェで昼食を摂らせて落ち着かせました。
身長2m位の長身の男性受付係員の方と2人で善後策を相談しました。この方は非常に親身な対応をしてくれて、今でも感謝しています。
彼の提案はこうでした。
「ルーブルは17時に閉館になる。観客はすべてピラミッドの地上出口から出てくるので、出口で張っているのがベストなやり方ですよ。」
僕が、地上出口で長身の彼と一緒に待ち構え、娘は下の階段付近で待つことに・・・。僕は娘を安心させるため「お母さんは、多分、一人で館内を回っているはず、大丈夫、本人はケロッとして出てくるから・・・これまで、はぐれてもはぐれた場所に戻らず勝手に先に行ったことがあったよ」
1時間ほど待ち続けました。
17時過ぎ、ピラミッドの地上出口から観客がぞろぞろと出てきました。

b0214184_06415983.jpg

地下で張っている娘から電話がありました・・・「お母さんがいた」。
顔を合わせると、僕らの心配をよそに、カミサンは脳天気に「えーどうしたの?」と怪訝な顔を浮かべました。僕が事情を話すとさすがにバツが悪そうでした。
親身な応対してくれた長身の彼にお礼を言って、ルーブルを離れ、メトロでオペラに向かいました。カトリーヌに会うためです。
18時過ぎにオペラで下車。赤いスーツを着たカトリーヌと3日ぶりに再会。スズランの花をお土産に頂きました。

b0214184_06492635.jpg

最後に僕とカトリーヌの2ショット。ポーズを取ろうとした時、彼女がススッと体を寄せてきたのでちょっとばかりびっくりしました。

b0214184_06501988.jpg

カミサンと娘は、そのままシャルル・ドゴール空港に向かいました。僕は、彼女の車で近くの彼女の会社に・・・オペラの近くにはラファイエットという有名なデパートやユニクロがありました。ユニクロはロンドンの目ぬき通りにも出店していました。今や「世界のユニクロ」といってもいいでしょう。
会社の守衛室に預けてあった40Lのリュックを背負って、カトリーヌにお礼とお別れを言いました。
僕:「Please come to Japan and meet us ・・・」
彼女:「Promise,promise・・・」2回繰り返しました。
去年の9月、”Tokyo 2020"が決まったので、東京に来たらと彼女にメールしました。「選手ではなく観客で行きます・・・」と軽くエスプリを効かせた返事がきました。
メトロの駅の近くのカフェで一休みして、3日から今日までの6日間を想い出しながらカフェオレを頂きました。ルーブルを除いて、大したトラブルもなく、無事に旅行を終えたことを感謝しました。

b0214184_20324345.jpg

シャルル・ドゴール空港行きの列車に乗るため”北駅”に向かいました。

b0214184_20380681.jpg

以下、次号。

by camino0810 | 2014-02-20 06:57 | フランス | Comments(1)  

2013年5月8日(水) フランス その43 再び、パリその6

芸術橋を渡って、再び、左岸側を歩きました。

b0214184_2324269.jpg

古本の屋台には、1900年の初頭のパリの全盛期時代のポスターなどが展示されていました。1枚が2€(270円)。エッフェル塔、ムーランルージュ、ロートレックが目立ちました。東京で言えば、東京タワー、浅草の雷門の大きな赤提灯、広重みたいなものでしょうか。。。いささか紋ぎり型だけど定着された各々の売りの部分でもあります。

b0214184_23122312.jpg


b0214184_23174760.jpg

"Ville d'amour"(恋の街)のポスターには、”Je t'aime "の各国語訳が描かれていて、一応、一番下に小さい日本語で”私はあなたを愛しています”と書かれていました。

b0214184_23204046.jpg

子供向けの絵本も売っていました。

b0214184_2314418.jpg

”PLAYBOY"などの雑誌も売られていました。マリリンモンローが表紙になっていました。

b0214184_8284822.jpg

更に上流に向けて歩きました。貨物船が停泊していました。
この船には2本のマストと沢山の横木が付いていて、一見、帆船に見えるけど、違っていました。このマストは船倉内の貨物を出し入れするクレーンだと思います。日本の船舶にはこのようなレトロなクレーン付きの貨物船は働いていないでしょう。岸壁に荷役できる走行型のクレーンが貨物の出し入れをすると思います。

b0214184_8371111.jpg

ポンヌフにようやく到着しました。
この橋は、中の島になっているシテ島を連結している橋です。よって、2つの橋を一緒にポンヌフと呼んでいるようです。石造りのアーチ橋ですが、創建当時の姿をほぼ留めている唯一の橋らしいです。特徴は、各橋脚に円筒状の欄干が付いていること。セーヌには石造りのアーチ橋は沢山あるので、識別するには、この丸い欄干と周囲の景色が良いと感じています。

b0214184_84477.jpg

説明書きには、建造期間は、1578~1607年、ヘンリ3世時代に工事が始められ、アンリ4世時代に完成したとありました。
実に30年に近い歳月をかけて出来上がった橋だと判りました。多分、建設中に何度か洪水の流出に遭遇したものと推察します。
土木屋の僕には、当時の乏しい資機材を使ってこの橋をどのように造ったのか非常に興味があるところです。水が流れている川の中に橋を造るのは簡単ではありません。当時、川に中に仮締切を造る技術はなかったと考えた場合、一時的に流路を付け替えるやり方を採用したのではないか?
ポンヌフの場合、川が2本あるので、片方づつ造ったのではないか?建造する橋の川の上流端と下流端を全面的に土砂で締切り、水を片方の川に流して、中の水を掻い出して、橋を造ったのでしょう。。。同じ作業を繰り返して完成。
この方法が取れないときは、内陸部に仮回し用の水路を造るより他ありません。

b0214184_90285.jpg

ポンヌフは、"Pont Neuf"(新しい橋)、建造当時、何故この橋が新しい橋だったのかが引っかかっていました。少し調べるとその答えが判りました。当時のシテ島の5本の橋は、全て橋上家屋付きの橋。橋は道路に加えて住居や商店の役割を果たしていたようです。この絵図には、まだポンヌフはありません。セーヌは絵図の上から下に向けて流れています。シテ島の下側の端部が、ポンヌフの位置になります。

b0214184_9155050.jpg

シュノンソー城もそうでした。

b0214184_9124592.jpg

イギリスのバースにも橋上家屋タイプの橋梁がありました。

b0214184_9231163.jpg

当時橋の上に住居や商店を造った理由を5つほど考えました。フェレンチェのヴェッキオ橋もそうだと思います・・・
① 否応なく人が集まるので、商売が成立する。
② 川をお堀と考えれば、外敵から守られているし、守りやすい。
③ 舟運を利用しやすいので、物資の運搬が楽。
④ 生活に必要な水がすぐに得られ、洗濯も楽。
⑤ トイレの処理が簡便で衛生的(19世紀までパリ、ロンドンもし尿の匂いが大問題だったとか)
但し、橋上住居には致命的な弱点があります。
洪水による橋の流出が何度も発生したようです。ポンヌフを築造を命じたアンリ3世は、この橋を道路専用の橋とするよう指示したのでしょう。ポンヌフは、その意味で新しい橋だったということです。
21世紀のいまから考えると、極めて当たり前ですが、当時としては道路専用の画期的な橋だった・・・
シテ島から左岸の上流側はこんな感じ・・・岸壁に穴埋めの跡が多数ありました。多分、セーヌに排出していた下水道用の暗渠跡ではないかと思います。

b0214184_12215970.jpg

左岸側のポンヌフから下流を見ると、2つの河川の再合流点が確認できました。芸術橋もかなたに見えました。

b0214184_12262170.jpg

上流側方面はこんな感じ。。。河畔まで車が下りることができるようです。ベンチには3組のカップルがいました。

b0214184_12292647.jpg

シテ島の公園にはライラックが沢山植わっていました。フランス人はリラと呼ぶそうです。

b0214184_12384929.jpg

リラの花は、藤の花と違って空に向いていました。

b0214184_1241534.jpg

フランス人は本当にカフェ好き、少し遠慮がちなオープンカフェも裏通りの一角にありました。

b0214184_12533485.jpg

もう一つのポンヌフを見るために、シテ島の河畔道路を上流に向けて歩きました。このポンヌフはさっきのものと構造は同じですが、川幅が広い分アーチの支間も沢山ありました。

b0214184_1301088.jpg

コンシェルジュリーの脇を通ってシャンジュ橋に向かいました。

b0214184_133141.jpg

以下、次号・・・

by camino0810 | 2014-02-16 13:05 | フランス | Comments(0)  

2013年5月8日(水) フランス その42 再び、パリその5

ロワイヤル橋は、創建当時の姿をそのまま留めているように思います。
5連のアーチ橋で、中央部分を高くして橋げた自体をアーチ構造にしていました。2010年の夏に訪れた北スペインのプエンタ・ラ・レイナ橋とよく似た構造でした。

b0214184_684841.jpg

セーヌの左岸の歩道を更に上流に向けてあるきました。
ツール、ナント、オルレアンで見てきたようにパリも川、河岸歩道、車道、建物の順に並んでいました。いい”かわまち”には、建物が川を向いていることが基本と思いますが、この並び順がポイントだと感じました。勿論、建物の軒も綺麗に揃えてありました。

b0214184_6233194.jpg

木々の隙間からルーブル宮が見えました。この光景は僕のお気に入りの1枚です。

b0214184_6294438.jpg

河岸の歩道は増水のためかなり水中に没していました。

b0214184_6351641.jpg


b0214184_6355928.jpg

このあたりは、神田の古本屋街みたいに、古本の露店が沢山並んでいました。

b0214184_6411963.jpg

1575年のパリの中心部の地図が売られていました。地図の左側がセーヌ右岸、右側が僕がいる左岸側。当然ですが、ロワイヤル橋(1585~1589)やポンヌフもありません。ルイ14世の時代に築造されたわけで、いかにこの王が偉大だったかをよく示していると思います。
シテ島には左右岸を結ぶ4本の橋のみ。。。円弧上の運河にパリの街が守られいたことがわかりました。シテ島は、Cite、旧市街の中心地を指すフランス語です。この地図からもここがパリの中心地であることがわかります。ロンドンのシティーは商業の中心地ですが、シテ島は行政の中心地も兼ねていたようにも思えます。

b0214184_646293.jpg

カルーゼル橋を渡って、右岸側のルーブルへ。。。ルーブル宮は、セーヌ河に沿って延々と続く長大な宮殿でした。
建物の中に車道を通している発想にも感心させられました。もうすぐ完成する新橋の環状2号は巨大な虎ノ門ビルのお腹の中を突き抜けています。フランスの先進性も感じます。

b0214184_78214.jpg

ナポレオン3世の彫像がありました。

b0214184_710372.jpg

ルーブルから見たカルーゼル橋と左岸はこんな感じ・・・

b0214184_7132418.jpg

カルーゼル橋から下流を見ると、オルセーやロワイヤル橋が。。。バトムシュの水上バスが活躍していました。

b0214184_6154029.jpg

上流には、芸術橋とシテ島が。。。ノートルダム大聖堂の2つの塔と尖塔が見えました。

b0214184_6191793.jpg

一輪車のお値段は、ノートルダムまでが15€(2,000円)、エッフェル塔までが25€(3,300円)と高めな設定。

b0214184_6245989.jpg

ルーブルの脇を上流に向けて芸術橋へ。。。

b0214184_6264541.jpg

建物、車道、歩道、河畔散策路、川の順番だと川の賑わいも創出できます。河畔の散策路が水没していたためパリらしいであろう光景が観察できなかったのが残念。。。

b0214184_6283177.jpg

芸術橋は、カルーゼル橋と同様の鋼製の歩道橋。ただし、6スパンでした。多分、建造時代が古く技術的な限界からスパンを飛ばせなかったのでしょう。

b0214184_6322635.jpg

芸術橋はPont des artsの訳語。

b0214184_6394878.jpg

袂には、ミッテラン大統領の名前の付いた道路看板。

b0214184_6434847.jpg

この橋の欄干の鍵もビッシリでした。

b0214184_6422130.jpg

イタリア人の観光ツアーが・・・・ガイドがイタリア語で説明。

b0214184_6465726.jpg

橋の上からお目当てのポンヌフが見えました。セーヌの橋めぐりも完了まじかになりました。

b0214184_6493911.jpg


以下、次号・・・

by camino0810 | 2014-02-13 06:50 | フランス | Comments(0)  

2013年5月8日(水) フランス その41 再び、パリその4

セーヌ河の左岸側の河畔を上流に向けて歩きました。
観光用の水上バスが停泊していました。
b0214184_18515663.jpg
扁平な形状をしているところを見ると、このバスは、ロンドンのテムズ河と同様、2艘の船を連結した構造でしょう。
b0214184_18523387.jpg
レオポール・セダール・サンゴール歩道橋は、1スパンの鋼製アーチ橋でした。左岸のオルセー美術館と右岸のテュイルリー宮殿を繋いでいます。歩道なので荷重が小さいため1支間で設計できたようです。
b0214184_1953470.jpg
橋の袂にトーマス・ジェファーソンの銅像がありました。
b0214184_191348.jpg
18世紀の末期には、アメリカ独立戦争、フランス革命など両国にとって重大な事件が発生しました。ジェファーソンはフランス革命直前までフランス大使、19世紀初頭にアメリカ大統領としてフランスの近代化に貢献した人物だということでしょうか?
b0214184_19152668.jpg
彼の手には故郷の邸宅の設計図がありました。
b0214184_19282854.jpg
サンゴール歩道橋の欄干には無数の鍵が付いていました。南京錠と呼ばれるレトロなタイプが多かったです。恋人2人で施錠して、鍵をセーヌに放り込むと永遠の愛が確定するそうです。
b0214184_6382869.jpg
欄干を隈なく探してようやく日本人のカップルのものを発見。日本人のカップルはあまりパリに来てないということでしょうか?橋の袂の南京錠のお店があるのでわざわざ鍵を買っていく必要はありません。
b0214184_641267.jpg
この歩道橋から上流を眺めると、ロワイヤル橋の右岸(写真左側)にルーブル宮、左岸(写真右側)にオルセー美術館が・・・まだ、水が引ききっていないようで、右岸の河畔の歩道は水没したままでした。
b0214184_6523962.jpg
オルセー美術館の脇を更に上流に向かって歩きます。地図の青い〇がオルセーです。地図の右側がセーヌの上流、左岸は地図の下側。右岸は上側になります。
b0214184_6554577.jpg
豪華そうな船上レストランが浮かんでしました。ライトアップされたパリの様々な建物を眺めながらゴージャスな食事が楽しめそうな感じでした。隅田川の屋形船で天麩羅も悪くないけど・・・
b0214184_15133757.jpg
オルセー美術館は外側をスルーしただけ。多分、カミサンと上の娘がここにいるはずです。
b0214184_16415472.jpg
b0214184_1645079.jpg
オルセーの外壁にはフランスの主要都市の名前が刻まれていました。"NANTES”、”TOURS”、”ORLEANS"これまで見てきた街たちの名前が・・・
b0214184_16425154.jpg
b0214184_16422150.jpg
ロワイヤル橋の対岸にはルーブル美術館が見えました。
b0214184_16473333.jpg
橋の袂には”ロワイヤル橋:ルイ14世の統治時代の1685年~89年に建設”と記されていました。セーヌ河の観光船会社”バトームシュ”の長大な観光船が通りかかりました。
b0214184_16524735.jpg
着飾った兵士たちが、馬に乗ってパレードをしていました。珍しい光景を見ることができました。
b0214184_1703246.jpg

以下、次号。。。

by camino0810 | 2014-02-03 17:01 | フランス | Comments(0)