2010年8月27日(金) 14日目 Hontanas~Boadilla del camino

朝6:00出発
今日の目的地は、Boadilla del camino(ボアディージャ・デル・カミーノ)。
28km(累計347km)を歩きます。途中のCastrojeriz(カストロへリス)は、今回のcaminoの中で、最もスペインらしさを感じた所でした。
b0214184_645496.jpg


出発した時は真っ暗。ヘッドライトの灯りを頼りに歩きます。Hontanasは田舎の村なので、街と違って迷うことはありません。途中で、「Buen camino(ブエンカミーノ)」と挨拶して、4人の巡礼者を追い抜きました。
巡礼者同士が挨拶する時は、「Hora(オラ)」、「Buen camino(ブエンカミーノ)」といいます。「Buen」とは、「良い」という意味。
2km地点で、愛用のスティックを忘れたことに気が付きました。忘れたのは、スティックがなくても歩いて行ける程体力が付いたとも考えられます。今は、心配していた膝も問題ありませんが、まだまだ道半ば。最後までスティックなしで行ける保証はありません。結局、取りに戻ることに・・・先ほどの4人に再度、出会って、また追い抜くことになりました。姿からは東洋人とわかりましたが、Caminoでは、キリスト教徒が多い韓国人の方が人数がはるかに多いのです。それで、声掛けはしませんでした。実は、この4人(2組の夫婦)はセレブな日本人でした。

8時過ぎにCastrojerizに到着。村の入り口では、半ば朽ち果てた教会の玄関のアーチの下に道路が通っています。
b0214184_713283.jpg
この村は、小高い丘の上に古城、右側の麓に修道院、左側の麓に集落がありました。朽ち果てた古城、ロマネスク様式の古めかしい修道院・・・実にスペインらしい光景でした。
b0214184_19325077.jpg
b0214184_19343124.jpg
b0214184_19345638.jpg

修道院の横のレストランで、ひと休み。
ここで、フランス人女性Catherineさん一行とバッタリ・・・メンバーは、ドイツ人男性Ulrich(ウーリッシュ)さん、スロバキア人親子Vladimir(ウラジミール)さん、Adriana(アドリアーナ)さん、フェロー諸島女性Cristina(クリスチーナ)さん。これ以降、僕はこのメンバーの方達とお付合いすることになります。
僕が、皆の前で「アルベルゲにスティックを忘れて取りに引き返した」というと、Vladimirさんは、「他の人より4km余計に歩いたことになる。あなたは、日本の新幹線だ。近づいて来ると、チッチ、チッチと音がするのですぐわかる」と大笑いで答えました。僕は、2本のスティックでカチカチと地面を押しながら、小さ目な歩幅でハイピッチで歩いていました。Vladimirさんは、割と珍しい僕の歩き方から新幹線をイメージしたのでしょう。
ちなみに、身長195cmの大男のUlrich(ウーリッシュ)さんは、ドイツ人なのに皆からTGVと言われていました。

村の中は、2階建ての石造りの家が並んでいました。
b0214184_20305069.jpg
村を抜け、麦畑の道を進んで、丘の上に出ました。ここから振り返る光景は、広大で最も記憶に残っています。
b0214184_20372398.jpg

広々とした麦畑の中をひたすら歩きました。周りの光景は、もはや地球ではなくどこか別の惑星のような感じでした。
b0214184_20522243.jpg


13時、アルベルゲに到着。忘れ物のため余計に4km歩いたので、都合32kmを歩いたことになります。
b0214184_20504860.jpg
このアルベルゲは、私営。オーナーは日本語が話せました。中庭にはプールもあり、芝生が綺麗でした。
b0214184_20574657.jpg
伐採した木を逆さまに置いてオブジェにしていました。人間か動物のように見えます。素晴らしいアイデアです。
b0214184_8254767.jpg
昼食は、アルベルゲの食堂でとることに・・・鶏モモのソテー、ビール付で6€。ドイツ人男性Ulrichさんも一緒です。
b0214184_2121948.jpg
b0214184_2192073.jpg

実は、UlrichさんとはPuente la Reinaからずっと同じアルベルゲに泊まっていました。大男にも拘らず物静かで優しい人でした。
昼食後、村に見物に・・・と言っても、200人程度の小さな村です。何もありません。
近くの教会へ行ってみました。
b0214184_21245052.jpg
外見はありふれた田舎の小さな教会ですが、内部は実に立派でした。キリスト教が如何に地域に浸透しているのかを実感しました。
b0214184_2127567.jpg


夕食は、Catherineさん一行と朝出会った4人の日本人と食べることになりました。写真手前のピンクの女性がスロバキア人Adrianaさん、その向かいの白髪の女性がフェロー諸島Christinaさん、白い服の女性が、フランス人Cathrineさん、その向かいの男性がドイツ人Ulrichさん、Catherineさんの隣の黒Tシャツが僕。一番奥の2組の夫婦が、日本人セレブ。結構、盛り上がりました。
b0214184_21404788.jpg

ワインは陶器の湯飲みで飲みました。豆料理などスペインの田舎料理だったと記憶しています。旨かったです。

楽しい1日でした。

by camino0810 | 2011-05-20 06:00 | CAMINO(スペイン巡礼) | Comments(2)  

Commented by turbo717 at 2011-05-22 21:37 x
Boadilla del caminoで、沙織さんに会いました。Foromistaまで8kmを行くというのです。フランチェスカも距離を稼ぎたい一心なので先を急ぐことにしました。し、しかしもしここに泊まっていればセレブ4人組にtakaoさん、turbo717と6人も日本人がそろったことになりますネ。いま(20110522)このセレブ人はサンティアゴ・デ・コンポステラまでの最終ステップと、フィニステーラまでバス往復を満喫し終わったはずです。
Commented by camino0810 at 2011-05-22 22:50
turboさま
そういうことになりますね。Caminoではマイナーな日本人が6人揃うという非常に珍しい事態になったでしょうね。
そういえば、セレブ4人組みは、3回に分けてSantiagoを目指すと言っていました。この時は、Santo Domingo~Astorgaまで。予定通り、完歩された訳ですね。さすがにセレブ。Catherineさんは、今年の夏にLeon~Santiagoまで歩くそうですよ。

<< 2010年8月28日(土) 1... 2010年8月26日(木) 1... >>