2012年9月22日(木) 台湾(その3) 台北市内

17時20分、士林のバス停から故宮へ向かいました。段々、台湾の漢字ワールドにも慣れてきました。「捷運士林站」は、「早く運ぶ士林駅」。MRTは、Mass Rapid Transportation。MRTは、台北市内の地下鉄、郊外は高架の鉄道。

b0214184_20444841.jpg

市バスは、結構、広々していました。料金は、確か、15元(38円)。

b0214184_20503237.jpg

故宮は台北の北側の山裾にありました。入り口の白い門の奥に本殿?が見えています。

b0214184_214224.jpg

故宮は、正直に言うと僕の好みと違って、イマイチでした。記憶に残っているのは、翡翠で作った野菜くらい・・・

b0214184_2185243.jpg

MRT士林駅から中山駅へ。

b0214184_2111118.jpg

自動販売機は、トークンというプラスチック製のコインを購入する仕組み。

b0214184_2115266.jpg


b0214184_2117132.jpg

このあたりは、高架。都心部では地下。MRTは、開通したばかりなのか、車内はピカピカでした。車内の風景は、日本と似ていました。唯、女性の格好が若干地味で、髪を染めている割合が少なかった感じ。。。

b0214184_21233669.jpg

ほどなく、19時30分、中山駅に到着。地下鉄の出口には、三越もあり、東京で言えば、銀座に当たる繁華街のようでした。

b0214184_2129828.jpg

路地裏の食堂街を歩いて行きました。

b0214184_21392484.jpg

ファストフード店に入店。麺類は平均60元(150円)とお手軽な値段でした。

b0214184_21451559.jpg


b0214184_214711100.jpg

家族4人でオーダーしたものはこんな料理。皆、味好し、値段好し。気分好し。
僕流に言うと、B/C=2.0>1.0。大満足でした。

小皿の牛肉、鶏肉は40元(100円)

b0214184_5574827.jpg


b0214184_5592594.jpg

水餃子は、確か、1個4元(10円)

b0214184_604383.jpg

パーコー麺は、80元(200円)

b0214184_625899.jpg

空心菜の炒め物は、40元(100円)。アバウトな盛り付けも良い。

b0214184_6445.jpg

20時30分、食事を終えて、あたりを探索。
台北の街の至るところに弁当屋がありました。「弁当文化」は、戦前、日本が台湾に持ち込み、定着したようです。
台湾では「弁当」は、「便當」と標記されます。これが、くせ者。食材の組み合わせで、とんでもない名称に化けます。

b0214184_6331526.jpg

例えば、骨付き肉は「排」。鳥の骨付きのもも肉は、「雞腿排」。とりもも弁当は、、「雞腿排便當」。真ん中の2文字を取り出すと、「排便」。これに家族4人で大笑い。

b0214184_6493214.jpg

野菜、果物ジュース専門の屋台はこんな風・・・

b0214184_21233959.jpg

魚専門店には、よく見ると、ゴーヤが・・・

b0214184_21264286.jpg

20時30分、臭豆腐のよせ鍋屋さんに入りました。2人前で100元(250円)、ご飯は食べ放題。味はまずまずでしたが、臭豆腐の匂いには、閉口しました。とにかく、臭い。
玉子も付いているので、鍋をさらって溶き玉子を入れてオジヤに。。。周りの台湾人は、ちょっと不思議そうな顔つきをしていました。台湾には、オジヤという食文化はないようでした。

b0214184_21355057.jpg

食後、台北名物のパイナップルケーキを購入。日持ちもいいので、お土産に最適。いい味です。

b0214184_21433435.jpg

100円ショップの「ダイソー」もしっかり出店していました。台湾では、39元(98円)。

b0214184_21523114.jpg

最後に三越に寄って、お土産を買ってから、21時30分、タクシーでホテルに戻りました。ホテル「リビエラ」は、ライトアップされていました。

b0214184_626371.jpg

あわただしい1日でしたが、台北の街は期待どおり旨くて、楽しかったです。


by camino0810 | 2012-04-24 21:53 | 台湾 | Comments(0)  

<< 2011年9月23日(金) 台... 2011年9月22日(木) 台... >>