2011年11月27 日(日) 三島(その5) 源兵衛川Ver2

12時前、伊豆箱根鉄道の鉄橋にやってきました。この鉄道は、三島と修善寺を結ぶ単線の鉄道。名称と路線の乖離が気になりました。伊豆はいいにしても、箱根は全く関係ありません・・・・
b0214184_5562353.jpg

三島広小路駅前を走る電車はこんな風・・・
b0214184_5575057.jpg
鉄道路線の名称について考えてみました。

①鉄道メーン部分が位置する地域名を使うのが、もっともオーソドックス。
東海道線:これは、江戸時代の東海道沿いに路線を設定したので、判り易い
山陽線:山陽道
東北線:東北地方
内房線:房総半島の内側(東京湾)
外房線:房総半島の外側(太平洋)
新潟では、
越後線:越後地方を走ります。

②始点、終点の名称の一部を結合させる手法もよくあること・・・
総武線:始点、下総(千葉県)、終点、武州(東京)
京葉線:始点、東京、終点、千葉
八高線:始点は八王子、終点は高崎
埼京線:始点は埼玉、終点は東京
京浜東北線:始点、終点は若干アバウト
東横線:始点、東京、終点、横浜
京王線:始点:東京、終点は八王子
京成線:始点、東京、終点は成田
東上線:始点、東京、終点は上州(群馬県)か?若干アバウト
僕の実家の大分県の例。
日豊線:始点、日向(宮崎県)、終点、豊後(大分県)だと思います。
久大線:始点、久留米、終点、大分
豊肥線:始点、豊後(大分県)、終点、肥後(熊本県)
新潟の例
白新線:始点;白山、終点、新発田(実際は、白山ではなく、新潟ですが・・・)

③終点(目的地)を充てたもの
高崎線
宇都宮線
横須賀線
小田急線(小田原急行鉄道という会社名の短縮形か?)

③従来の手法を避け、受け狙いの路線も最近増えたようです。特に、三セク路線に多い。
土佐わかしお鉄道
ほくほく鉄道

④名称に疑問を感じるもの
伊豆箱根鉄道:箱根には行きません。多分、会社が昔箱根にも鉄道経営をしていた?箱根のネームバリューを利用した?
大江戸線:有名な東京都経営の地下鉄。命名の趣旨が、見えてきません。最初は、違和感がありましたが、最近は気になりません。
湘南新宿ライン:始点、小田原、終点、高崎または宇都宮。小田原は、湘南とはいえないことはないが、かなりはずれています。終点は、相当、ずれています。ただ、おしゃれな名前は、埼玉県人、群馬県人、栃木県人には嬉しいはず・・・

話を戻します。

小さな鉄橋を通り過ぎると、小洒落たカフェ、発見。
川沿いにいい感じで建っていました。源兵衛川を借景とした巧みなデザインに大いに感心。早速、入ってみることに・・・・
b0214184_1542589.jpg
名前は、ディレッタント・カフェ。なかなか、ネーミングもお洒落です。
b0214184_15463335.jpg

入り口には、リースが飾ってありました。
b0214184_1552725.jpg
張り紙の文言は、フランス語。「すべては、生活の中で目覚める、カフェで目覚める。」、何か難しいけど、深そうな言葉です。
b0214184_16141.jpg
カフェの中は、こんな感じ。ライブもやっているそうです。正直、三島にこんなハイソなお店があることに驚かされました。
b0214184_16163247.jpg
テラス席でコーヒーを頂きました。澄み切った流れを見ながら・・・
b0214184_16195621.jpg
鉄橋の真下から見たカフェのテラス席は、こんな感じ。
b0214184_1623436.jpg
下流から振り返ると、また、いい感じでした。
b0214184_16265374.jpg


このカフェは、「お気に入り」に入れようと思います。これだけ、川を上手に使ったカフェは、多分、あまりないでしょうから・・・

ひとつだけ、気になることが・・・・
大雨の増水時には、どうなるか?店員さんに尋ねました。「これまで、水が出たことはあったが、大きな被害は無かった。」
源兵衛川は、楽寿園内の池が水源の人工河川。多分、流域内の降雨は、別系統の川で処理しているのでしょう。

by camino0810 | 2012-07-04 05:53 | 三島 | Comments(0)  

<< 2011年11月18日(金) ... 2010年4月7日  料理  ... >>