2012年1月29日(日) 東京 神田明神

池袋で家族会議?を終わらせて、銀座に行く途中、神田明神に立ち寄りました。
丸の内線でお茶の水駅で下車、東京医科歯科大学の前を歩いて、神田明神へ向かいました。

僕は、1973年から1年間、御茶ノ水にある予備校に通っていました。授業を終えて、近くの湯島聖堂などで友達と駄弁ったりしていました。すぐ近くにある神田明神には、行ったことがありませんでした。

御茶ノ水周辺は、東京の中でも、高低差に富んだ珍しい地形をしています。神田川を挟む両岸は、崖になっています。IR御茶ノ水駅は、崖の中腹にあり、交差する丸の内線は、橋でこの川を渡っています。聖橋や御茶ノ水橋は、神田川の水面から30m上?に架っています。多分、このあたりの神田川は、江戸時代に開削した人工河川ではないか?

神田明神の鳥居は、表面を葺いた銅板が、緑青をふき、独特の風格を醸し出していました。銅版葺きの鳥居は、初めて・・・珍しい光景です。
b0214184_330548.jpg
山門は、真っ赤に塗られていました。地味な山門を見慣れてきたので、結構、インパクトがあります。
b0214184_3393591.jpg
お寺の場合は、両サイドに仁王様がガードマン役で構えていますが、神社なので、正装をした武士が警護役をしていました。
b0214184_3422191.jpg
神田明神は、商売繁盛を祈願する神社として、有名。京都の伏見稲荷と同じ。東京の正月風景を語る上で、欠かせない存在。
神社の説明書きを見て、納得しました。一の宮、二の宮が、だいこく様、えびす様。
意外なのは、三の宮の平将門。将門は、当時の庶民にとって、ヒーローだったのか?大手町のJAビルの近くにある将門の首塚も含め、不遇の死を遂げた将門の魂を鎮魂する目的もあったようです。
b0214184_352597.jpg
17時を過ぎ、暮れなずむ中、本殿に詣でました。
b0214184_6112079.jpg
祭壇は、こんな感じ・・・
b0214184_6125175.jpg
境内には、「東京十社めぐり」の案内版が・・・東京で著名な10の神社が明示されていました。このうち、行ったことがあるには、氷川神社、日枝神社、根津神社とこの神田神社の4つ。東京めぐりのお題というか、モチベーションをいただきました。

よく考えてみると、東京で有名な神社といえば、明治神宮と靖国神社の2つ。この2つの神社は、明治以降にできた言わば「新参者」。薩長を主体とする新政府が、政治的なプロパガンダを込めて創建した神社?。

戊辰戦争で負けた徳川政府のお膝元で長い間、暮らしてきた江戸、東京市民から見ると、少なからず、新政府に対する抵抗感があったのかもしれません。この「東京十社めぐり」の連合軍は、このメジャーな2つの神社とは、一線を画したいという思いもあるのか?

京都市民の、首都を奪った江戸、東京に抱く反発心、抵抗感と同根の事象のようにも思えます。
b0214184_6193023.jpg
日がドップリと暮れてきました。ピカピカに生まれ変わった医科歯科のビルを眺めながら、地下鉄御茶ノ水駅に向かいました。
b0214184_6262232.jpg
b0214184_6271361.jpg

by camino0810 | 2012-07-24 03:07 | 東京 | Comments(0)  

<< 2012年1月29日(日) 東... 2012年4月16日(月) 新... >>