2012年5月7日(月) イギリス その23 ウェストミンスター寺院、大英博物館

ウェストミンスター寺院は、国会議事堂の隣にありました。
歴代国王の戴冠式やダイアナ妃のお葬式、ウィリアム王子の結婚式など英国王室の冠婚葬祭が行われる寺院で有名です。
イギリスでは珍しいゴシック様式の壮大な寺院でした。

b0214184_173197.jpg


b0214184_17487.jpg

b0214184_1735580.jpg

僕は、ダイアナ妃のお葬式でエルトンジョンが自作の「Candle in the Wind」の歌詞を書き換えてダイアナ妃のために歌ったシーンをよく覚えています。確か、彼はピアノを弾きながら歌っていました。この歌は、もともとマリリン・モンローの死を悼んだ歌。学生時代によく聴いたものです。モンローをダイアナ妃に置き換えていました。

時間がなくなったのと入場料は16£と高額なので、中に入るのはやめました。

b0214184_1712825.jpg

本堂とはべつの寺院もありました。立派なバラ窓と控え付きの支柱が付いていました。

b0214184_17145411.jpg

ファサードはスペインのカテードラルに匹敵する豪華さでした。

b0214184_17155997.jpg

側面の装飾も豪勢でした。

b0214184_1720694.jpg

刻印もありました。「MAY GOD GRANT TO THE LIVING GRACE,TO THE DEPARTED REST,TO THE CHURCH AND THE WORLD PEACE AND CONCORD AND TO US SINNER ETERNAL LIFE」(神様、生きている者には優美を、死んだ者には休息を、教会と世界には平和と調和を、そして罪深い我々には永遠の命を・・・)
永遠の命などありえませんが、命の永続性を保証するのが宗教帰依のモチベーションになるということでしょうか・・・どこの国もこの点は共通しています。

b0214184_17215225.jpg

そそくさと大英博物館に向かうことに。。。ロンドンのタクシーには驚かされました。黒塗りの年代物かつ荒っぽい運転ぶりでした。運転手の愛想も悪かったです。

b0214184_17463786.jpg

前のシートから補助席が出てくる面白い構造になっていました。

b0214184_1747364.jpg

大英博物館はパルテノン宮殿を模した構造でした。ワシントンDCの歴史的建造物も同じ仕様。箔付けにはパルテノンというルールでもあるのでしょうか?

b0214184_1753434.jpg


b0214184_215253.jpg

この博物館は無料。ウェストミンスター寺院が16£(2160円)、この違いは何か?ワシントンDCの博物館、美術館も無料。その国の力を示すあるいは宣伝になる価値の高いものを敢えて無料にしてさらにその街や国の価値を高める・・・そんなコンセプトでもあるのでしょうか?とにかくお客には嬉しい話です。
駆け足で鑑賞しました。入り口付近はエジプト時代の遺産が沢山展示さtれていました。

b0214184_21253379.jpg


b0214184_21275233.jpg


b0214184_21282066.jpg


b0214184_21355350.jpg

ギリシャ、ローマ時代の彫像類・・・

b0214184_21314413.jpg


b0214184_2132740.jpg


b0214184_21324282.jpg


b0214184_21334927.jpg

ピカソの絵コンテのような習作も・・・

b0214184_2140497.jpg


b0214184_21402721.jpg

展示室を出ると広々としたホールに出ました。天井は屋根で覆われ、床は石つくりの立派なホールでした。

b0214184_21465257.jpg

b0214184_21471986.jpg



b0214184_21484873.jpg


地下鉄で”Nottinghill Gate"駅に向かいました。お目当てのタイ料理を味わうためです。
今日は、ロンドン最後の日。明日の朝、日本に戻ります。

by camino0810 | 2013-04-30 21:57 | イギリス | Comments(0)  

<< 2012年5月7日(月) イギ... 2012年5月7日(月) イギ... >>