2015年3月18日(水)、東京案内(浅草、皇居前、日比谷公園ほか)

今日はイギリス在住のハンガリー人の若いカップルを休暇を取って東京を案内しました。
ガーボルさんは26歳の男性、キティ―さんは22歳の女性。イギリスのリーズで働いています。彼らにとって今回の旅は念願の日本旅行でした。
10時に雷門で待ち合わせをしました。
b0214184_21065741.jpg
一緒に歩きながら仲見世、浅草寺の案内を日本語で行いました。彼らは日本語が堪能です。事前のメールのやり取りはすべて日本語で行いました。
b0214184_21152053.jpg
3月17日にヒースローから成田に到着、飛行機の中ではほとんど睡眠がとれなかったそうです。時差ボケと戦いながら浅草のホステルに着いて、浅草や渋谷に出かけたそうです。

浅草寺を歩きながら日本人の好きな食べものを紹介しました。
お寿司、ラーメン、焼きそば、カレー、タコ焼き、お好み焼き、鯛焼きなど・・・
今半のあるアーケードでキティ―さんが鯛焼きを食べたいと言いました。彼女は熱々の焼き立ての鯛焼きを美味しそうに食べました。

吾妻橋の袂で隅田川や対岸のビール会社のオブジェ、スカイツリーの説明をしました。
「隅田川はブダペストのドナウにはとても敵わないけど隅田川の花火は東京名物ですごくいいです。。。」
b0214184_21223558.jpg
ガーボルさんはブダペスト郊外、キティ―さんはブダペスト市内に実家があります。去年の5月に僕もブダペストを観光しました。隅田川をはるかに超えた素晴らしい川でした。
スカイツリーまで歩いて行きました。途中の橋で二人の写真を撮りました。
b0214184_21242755.jpg
昔東京は武蔵の国といっていて、スカイツリーの高さは「武蔵の国」にちなんで634mにしたと説明すると彼らは大いに納得。スカイツリーはテレビ塔で、東京タワーの能力が不足してきたため建てられたと説明しました。
テレビ塔としては世界一の高さがあり、耐震性に優れた構造だとか、下部が三角で途中から円形に変わるなどと説明を加えました。案内にすぐ技術屋が出るのは仕方ないか・・・
スカイツリーの傍には早咲きの桜が咲いていました。
b0214184_08210028.jpg
スカイツリーは確か2012年5月に開業しました。実は、スカイツリーに登るのは今回が初めて、いつもは見てるだけでした。
平日にも拘わらず切符売り場には沢山のお客が並んでしました。
b0214184_08231912.jpg
とりあえず地上350mの第一展望台(2060円)に行って興が乗れば450mの第二(1000円)に行こうと決めました。エレベーター内には江戸切子が飾られていました。
b0214184_08262002.jpg
第一展望台からの眺めはお天気がイマイチでしたが、まずまずの眺望がありました。浅草寺、隅田川、ビール会社のオブジェ・・・東京の街を紹介しました。彼らは富士山を見たかったようですが、霞がかかって生憎見えませんでした。
b0214184_08291256.jpg
隅田川の向こうに荒川も見えました。川屋を自称する僕は、荒川は東京を洪水から守るために人工的に開削した河川だと、彼らにとってはどうでもいいかもしれない説明も加えたりしました。
b0214184_08334198.jpg
カップルの記念写真を撮りました。
b0214184_08350563.jpg
第二展望から下に降りると真下が透けたガラスの床がありました。
b0214184_08365019.jpg
結局、第一展望台には行かずにそのまま降りました。お昼になったのでご飯を食べようという事になり、彼らのリクエストを聞いて階下の東京焼きそばにしました。
出汁にそばを浸して食べる黒いソース焼きそばは初めての経験ですが、美味かったです。
食事をしながら今日の行程や5月の僕のイギリス旅行の概要などを説明しました。
b0214184_08493261.jpg
スカイツリー駅から東武線で浅草に戻り、銀座線で上野、山手線で東京駅に向かいました。
東京駅は100年前の開業時の赤レンガ駅舎がオープンして間もない事を伝えました。
b0214184_10045160.jpg
東京駅の丸の内口で記念写真を撮りました。
b0214184_10055852.jpg
丸の内のオフィス街を抜け皇居前広場を歩きました。アオコが浮いているのが気になりました。夏になると悪臭を発するようになるでしょう。外濠と同様にプランクトンの栄養源となるリンが多いのかもしれません。なんとか導水でもしてほしいと感じました。
b0214184_10073604.jpg
全くの偶然にガーボルさんの友人のハンガリー人グループに出会いました。リーダー格の案内者は流暢な日本語を話します。山梨大学で勉強してるそうです。
二重橋前で写真を取りました。
b0214184_10185060.jpg
b0214184_10190178.jpg
皇居は天皇のお住まいで御所はお堀に囲まれた内側にあると説明しました。この広場は都心で最も広いオープンスペースとも・・・
b0214184_10212330.jpg
お隣の日比谷公園のカフェで一休みしようという事になりました。彼らは時差ボケの睡眠不足で疲れが出ていました。園内には早咲きの桜が咲いていました。
b0214184_10240157.jpg
日比谷茶廊のカフェテラスで休憩のお茶にしました。
ガーボルさんと僕はエスプレッソ、キティ―さんは緑茶をオーダーしました。ここで1時間くらい話しました。ハンガリーの国内事情、何故イギリスに出稼ぎに行ったのか?ブライトンの事、現在職場があるリーズの事、5月の僕のリーズ訪問の事などなど・・・
b0214184_10325436.jpg
ガーボルさんはブダペストの大学で日本語学科で勉強し卒業後大分大学で1年間日本語を勉強したそうです。キティ―さんはプダペストの日本語サークルでガーボルさんと知り合ったとか・・・
ハンガリー国内は物価が比較的高い割に賃金が低いとの事でした。消費税が27%もあるそうです。このような背景から外国に出稼ぎに行く人も多いようです。
お二人はイギリスに渡って4年が経ち、最初はイギリスの保養地ブライトンで働き、現在はリーズで飲食関係の仕事をしています。

彼はマッサンのエリー(実名はリタ)を知っていました。
ガーボル:「リタスペシャルは12ポンドでお店で最高級のスコッチカクテルです。カクテル用の丸い氷は、3日掛けて凍らせて四角に切り出して鑿で丸く削ります。」
キティ―:「シュラスコのお店で働いています。25£のコースがおススメ、カレーは自分が造るので是非お試しを・・・」
リーズの近くにあるヨークは古い城壁があって観光を勧められました。

都営三田線に乗って芝公園で下車、増上寺、東京タワーに向かいました。このあたりからキティ―さんの足が止まり始めました。靴擦れがひどくなったようでした。増上寺の写真はありません。キティ―さんは熱心な写真家でした。片手でどんどん撮影していきます。彼女のFBに沢山の東京の写真がアップされていました。
彼女は願い事を板に書いて備える絵馬の習慣に興味を持ったようでした。境内の脇には可愛らしいお地蔵さんがどっさり並んでしました。
b0214184_10533974.jpg
東京タワーにようやくたどり着きました。二人とも時差ボケと靴擦れで辛そうでした。
b0214184_15562473.jpg
150mの展望台(900円)に上りました。東京タワーは都心にあるので周りには高層ビル群がまじかに見えます。お台場のレインボーブリッジ、ゲートブリッジなども説明しました。疲れが出たので三人で展望台のベンチに腰かけて休憩しました。

b0214184_15570195.jpg
3階のお土産売り場にワンピースの主人公が立っていました。彼らは日本のアニメももちろん大好きなようです。鳴れていてカメラを向けるとさっとポーズをとります。
b0214184_15585201.jpg
渋谷までは電車を止めてタクシーにしました。スクランブルで下車してハチ公前で写真を撮ってスクランブルを渡ってセンター街を少し歩きました。
b0214184_17282368.jpg
b0214184_17304856.jpg
セルリアンタワーの40Fのバーに案内しました。ここから見る東京の夜景が気に入っているのでよくお客さんを案内します。
b0214184_17452521.jpg
キティ―さんが寝不足でとうとうダウン、お店の休憩室で休んでもらいました。少し無理をさせたかなと反省しました。
b0214184_17332400.jpg
2時間くらいして休んで元気が出てきたようでした。最後に記念写真を撮ってお店を後にしました。
b0214184_17342521.jpg
銀座線1本で浅草まで座って行けたのが良かったです。
21時前に浅草のホステルまで二人を送りました。このころには彼女の足取りがしっかりしていて安心しました。
彼らこれから京都、大阪、奈良、広島を観光するとの事でした。
b0214184_17395802.jpg
浅草寺の境内には人気がなく静かでした。ライトアップされた浅草寺もなかなか良かったです。
b0214184_17471850.jpg
b0214184_17474879.jpg
今日1日、楽しい時間を過ごせました。
5月の連休にリーズで彼らに会うのが今から楽しみです。



by camino0810 | 2015-03-28 17:50 | 東京 | Comments(0)  

<< 2015年4月8日(水)埼玉 ... 2015年2月5日(水)岐阜 ... >>