2015年5月5日(火)イギリスⅡ その21 リーズ(3)

リーズの街は昔ながらの赤レンガ造りの建物と新しい建物が共存していました。

b0214184_05271841.jpg

ショッピングモールに入りました。リーズにはこのようなモールが何か所かあるようでした。
日本のショピングモールは一つの建物に様々なお店が入っている形式ですが、リーズは道路にトップライト型の屋根を設置して既存の建物群を一体化していました。
大変優れたやり方だと感心させられました。

b0214184_05291502.jpg

仙台のようなアーケード方式に近い商店街もありましたが、趣きは大分違っていました。

b0214184_05293025.jpg


b0214184_05292583.jpg

ガーボルさんの友人が働いているカフェ「La Bottega Milanese The light」に入りました。名前からするとイタリヤ系のカフェかもしれません。カウンターで戴いたカフェラテはさすがに美味かったです。

お土産を買いました。
ヨークでも見かけた紅茶専門店「Whittard」に入りました。

b0214184_05542182.jpg

このトップライト型アーケードはなかなかお洒落にしていました。

b0214184_06021046.jpg

広々とした大通りに出ました。建物やそのスカイラインも実に素晴らしいです。車を排除して歩行者専用の広場兼道路に設えていました。
よく考えると、日本ではこれだけ幅広の通りで車の走っていない道路は思いつきません。札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、京都、大阪、広島、福岡などの街を歩いてきましたが、幅広の歩道や公園はあるものの必ず車道とセットになっています。
歩行者専用の幅広の街路は、新しい街づくりのポイントになるように感じます。

b0214184_06085521.jpg

ロココ調のアーケードもありました。シックでゴージャスでした。

b0214184_06275673.jpg


b0214184_06293673.jpg

綺麗な花壇付きのアーケードも・・・

b0214184_06285700.jpg

工事中のアーケードもありました。立ち入り禁止看板は完成予想図でした。

b0214184_06315074.jpg

車道には電柱、電線はなくスッキリしています。

b0214184_06332896.jpg

キティ―さんはこの市場で買い物をするそうです。

b0214184_06350311.jpg

こんな古風なカフェでコーヒーを飲んでみたいです。

b0214184_06393219.jpg


「Leeds Corn Exchange」はトウモロコシなどの穀物の先物取引でもする建物だと思います。株の替りに穀物を取り扱っていたのでしょうか。リーズの周辺はヨークシャー地方の広大な農地が広がっています。リーズはヨークシャー地方の中心都市であり、工業のみならず農産物の一大集散地だったようです。イギリスの農業国としての一面を垣間見ました。

b0214184_06465376.jpg

ネットで調べると内部はシックにリニューワルされていました。ショッピングモールも入っているようです。古いものを現在に活かす工夫を感じました。

b0214184_10172871.jpg
                                             web より転載
巨大なショッピングモールにやってきました。
これだけ大きなトップライトの屋根は見た事がありません。既存の建物の上に大きな屋根を掛けるだけこれほど街の景色が変わるとは思ってもみませんでした。意外な発見でした。
b0214184_06533390.jpg


b0214184_06541830.jpg


b0214184_06543099.jpg

2012年5月にロンドンを旅行しました。大英博物館は全面トップライト型の屋根で建物群が覆われていました。イギリスの流儀かもしれません。

b0214184_21335104.jpg

モールの出口から駅の方に歩いて行きました。

b0214184_10035613.jpg

まだまだ街歩きが続きました。
以下、次号・・・・


by camino0810 | 2015-07-30 10:04 | イギリスⅡ | Comments(0)  

<< 2015年5月5日(火)イギリ... 2015年5月5日(火)イギリ... >>