2015年10月27日(火)中津(その1)

朝早く起きてホテルをチェックアウトして再び博多の川歩きをして、実家のある大分県の中津市まで電車で帰省しました。
博多駅の西口は九州の玄関口に相応しい立派な駅でした。

b0214184_05405288.jpg

JR九州の電車は実にデザイン性に溢れています。JR各社はそれぞれの経営戦略を持って独自な路線を歩んでいるように思えます。いい意味で競い合いが起こり民営化の良い面が出ているではと感じます。
特急ソニック号はユニークな青い顔をしていて、ヘッドレストはミッキーにするなど遊び心満載の電車です。最近、デビューした「七つ星」は数十万もする超高級列車も人気だとか・・・。

b0214184_05530392.jpg

b0214184_06151991.jpg

岩手の大船渡で仕事をしている僕にはマジンガーZみないた顔をしているこの電車が実に新鮮に映ります。
ちなみに、東北新幹線のこまち号とはやぶさ号は、緑と赤の長くて丸い顔をしています。

b0214184_06024400.jpg


電車は遠賀川を渡りました。この川はユニークな川で高水敷きが見当たりません。日本の河川は大抵低水路と高水敷を持った複断面ですが、この川は単断面形状をしているように思えました。

b0214184_06124705.jpg

日豊本線の中津駅で下車して、駅前の日の出町のアーケードで土産を買いました。カンコロ餅、石垣餅、キンツバ。。。手前の茶色のカンコロ餅はサツマイモの粉を生地にして蒸しあげたお菓子です。石垣餅はさいのめのサツマが入っています。子供の時よく食べた懐かしいお菓子です。

b0214184_06501381.jpg

中津駅前でレンタカーを借りました。書類に珍しい名字が書かれていました。この年の5月、ラグビーのワールドカップで日本は南アフリカ戦で奇跡的な大勝利を挙げて日本中が大騒ぎになりました。その立役者の五郎丸歩選手は福岡県の出身、書類の方は親戚かもしれません。

b0214184_10411528.jpg

中津市の郊外に槇文彦が設計した「風の丘葬祭場」があります。流石に高名な建築家のデザインは洗練されているなと感じました。


b0214184_06255690.jpg

真四角の建物の屋根は実は傾斜しています。何処かに違和感を放り込むのが芸術の芸術たる由縁なのでしょう。


b0214184_06422130.jpg

芝生とRCの打ちっ放しのコラボ・・・

b0214184_06423844.jpg

打ちっぱなしの壁面にも芸術を感じます。

b0214184_06413226.jpg

森山という地区に中津から揚げの総本山「もり山」があります。オヤジさんは元気に揚げているのでしょうか・・・

b0214184_06443041.jpg

実家のある旧三光村は今は中津市に編入されました。
東九州道が開通していました。実家の周辺の変貌振りに呆れました。土木工事の環境改変力の凄まじさに土木屋の自分でも驚かされました。
高速道路のICが村にできたので村の風景が一変していました。

b0214184_10503859.jpg

このあたりは雨が少ないので丘陵地の谷を盛土して農業の溜池が築かれています。実家の裏手の丘から八面山がよく見えました。溜池と八面山の間に高速道路の橋が架かっていました。

b0214184_15133209.jpg

長男夫妻がこの村のニュータウンに移住しました。日当たりと眺めに恵まれた家が完成したばかりでした。


b0214184_15174981.jpg

b0214184_15184624.jpg

最近開通したばかりの村のICからピカピカの高速に入って走ってみました。宇佐ICで降りて、再び、R10で中津に戻りました。

b0214184_15221964.jpg

b0214184_15261492.jpg

村に戻って、村のコスモス畑に行ってみました。結構人気のスポットらしいです。生憎の天気が残念でした。

b0214184_15265971.jpg

八面山の麓に「金色温泉」(かないろ)があります。2000年にオープンしたそうです。広い室内風呂と露天風呂に入りました。岩手の大船渡温泉のオーシャンビューの露天風呂も良かったけど、林に囲まれたこの風呂も大変良かったです。

b0214184_15275850.jpg


b0214184_15275223.jpg


実家のオフクロと少しばかり話をして、東京に戻りました。
宝来軒の万田店に寄ってラーメン(500円)を戴きました。帰省した時は必ずここのラーメンを食べます。中津人のソールフードみたいな食べ物です。


b0214184_19332140.jpg

中津駅から北九州空港に向かいました。


b0214184_19113965.jpg

日豊線朽網(くさみ)駅で下車し、空港行きのバスに乗り換えました。
北九州空港は沖合の埋め立て空港です。同じタイプの神戸空港より規模は大きいようでした。

b0214184_19142802.jpg

空港内のポスターには官営八幡製鉄所が紹介されていました。
北九州の産業遺産が世界遺産に登録されたようでした。八幡製鉄は、明治の日本を牽引したが中心的存在でした。連休に行ったイギリスのリーズの赤レンガを想い出した。


b0214184_19152515.jpg

JAL378便羽田行きの最終便は定刻20時53分に離陸しました。

b0214184_19191090.jpg

ジェット機は東京湾の東側から進入し高度を下げました。東京の街は宝石を散りばめたみたいにキラキラ輝いていました。写真を撮ってみたもののシャッタースピードが遅くなるため画像がぶれました。黒々と横たわる荒川の上を通過しました。中川の背割堤が確認できました。

b0214184_19245265.jpg


ジェット機は東京湾に出て羽田空港に着陸しました。

b0214184_19261020.jpg

深夜埼玉の自宅にようやく帰り着きました。


by camino0810 | 2016-03-21 19:35 | 大分 | Comments(0)  

<< 2016年3月12日(土)大船... 2015年10月16日(月)博... >>