人気ブログランキング |

2016年5月3日(火)ドイツ その45 ドレスデン(5)

13時、聖母教会前の広場を出発、ドレスデン中央駅に向かいました。それにしてもこのドーム教会は巨大でした。直径が25mもあるそうです。

b0214184_14244334.jpg


広場はなんかライプチヒ旧市街のマルクト広場に似ています。石畳の広大な広場を南に歩きました。建物はパステルカラーで綺麗に塗り分けられていました。


b0214184_14250523.jpg


偉人の像 ・・・誰でしょうか。広場に面した建物は5階建て、屋根裏部屋は2段の窓になっていました。

b0214184_14252105.jpg


ドーム教会を後にしました。


b0214184_14253232.jpg


旧市街を出てメーン通り、駅前通りを歩いてドレスデン中央駅に向かいました。旧市街を取り囲んでいる赤い屋根の建物群は集合住宅のように思います。街路に沿って建物を建て中庭を設けるやり方はライプチヒ郊外のマルククレーベルクと同じでした。それにしても豊かな緑の中にゆったりと建物が配置されていました。街区の形状が不整形なのは、この街が中世から形成された古い街だったという事でしょうか。京都、奈良も同じくらい古い街ですが、当時、宮城を中心にした碁盤の目の都市計画が出来ていたのはある意味凄い事だと思います。
ドレスデンの街ではフランクフルト、ケルン、ライプチヒで見掛けた超高層ビルは見掛けませんでした。ドイツは都市国家の集合体、連邦制の国、州ごとに規制が違うのかもしれません。

b0214184_22553160.png

(出典 Google)

東西方向のメーン道路は非常にスッキリしていて、歩道は幅広のタイル舗装、建物は低めでスカイラインが統一されていました。電柱・電線はなく、歩道の植樹は小さめでした。


b0214184_14263918.jpg


反対側の東方面・・・

b0214184_14273288.jpg



交差点の近くにある市営博物館は屋根の淡い赤と壁のクリーム色がよく馴染んでいました。


b0214184_14274714.jpg


交差点の建物は無垢の石材なので黒ずんでいましたが、風格を感じさせます。

b0214184_14275785.jpg


駅前通りは上下の車線の間に緑地公園が配置されていました。景観と防災(防火帯)を兼用しているのかも・・・
写真右端の黒い塔は聖十字架教会でした。


b0214184_14282653.jpg


八重桜が満開でした。

b0214184_14284250.jpg


聖十字架教会の黒くて高い塔が赤屋根の市庁舎からニョッキリと顔を出していました。この唐突感がインパクトを与えていました。


b0214184_14285947.jpg


駅前通りにはトラムが走っていました。トラムは道路中央を走っている事が多いのですが、ここではトラムの軌道と車道が分離していました。フランスのオルレアンでもこのやり方を見ました。芝生の軌道もいい感じでした。


b0214184_14293038.jpg


駅前通りを右折してモールに入りました。伝統的な街並みとは違った日本でも見慣れた街でした。唯、40mくらいはありそうな車を排除した専用歩道を日本で見た事はありません。タイル舗装の広々した広場を歩くのは快適でした。ピカピカの建物のスカイラインも揃えてありました。

b0214184_14294700.jpg


テラス席でノンビリ過ごすのもいいでしょう。


b0214184_14295988.jpg


ドレスデン中央駅に着きました。トラム軌道と歩道の段差を無くしてバリアフリーにしていました。1m位の大き目なタイル舗装にしてありました。

b0214184_14301232.jpg


ここは駅舎の側面部分、正面玄関ではありません。

b0214184_14302348.jpg


ドレスデン中央駅の正面玄関はすぐ前に駅前通りが走っているので駅前広場はありません。ライプチヒ中央駅に比べて随分と小振りですが、風格のあるファサードでした。

b0214184_14351735.jpg



駅舎の中は白塗りの伝統的仕様、トップライト付のアーチ型の屋根でした。


b0214184_14352897.jpg


ホームはワントップのシート貼りトップライトでした。

b0214184_14354224.jpg


普通電車に乗ってドレスデン新駅に戻りました。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2016-11-08 05:30 | ドイツ | Comments(0)  

<< 2016年5月3日(火)ドイツ... 2016年5月3日(火)ドイツ... >>