人気ブログランキング |

2017年4月30日(日)ドイツⅡ その15 ブレーメン(5)

10時、ヴェーザー川の河畔に到着しました。
ブレーメン中央駅発ハンブルク行きのRB41号は10時59分に発車します。残り1時間を使ってブレーメンの水辺を観てみました。
ヴェーザー川には幅20mくらいの河畔プロムナードが整備されていました。ヴェーザー川の川幅は概ね100m、隅田川より少し狭い感じでした。水はコーヒー色に濁ってはいましたが、自分的にはほとんど気になりませんでした。青々と澄んだ水が必ずしもマストアイテムとは限らない事例かもしれません。
デュッセルドルフのライン川河畔は上下2段、下段の幅は約20mでした。河畔のプロムナードは幅が20m程度あれば、オープンスペース感やユッタリ感が感じられます。


b0214184_20024089.jpg

b0214184_19514427.png
(出展 Google)

ちょうど、小型観光船に大勢の観光客が乗船中でした。観光船は長さ30m程度でしたが、観光舟運が盛んな様子が伺えました。観光船は1日4回、1時間程度のクルーズのようでした。

b0214184_06411425.jpg

河畔のプロムナードには洪水の記録らしき標識も残されていました。1946年に大きな洪水があったようでした。

b0214184_06454397.jpg

ウィルヘルム・カイゼン橋からヴェーザー川の河畔を眺めてみました。
下流側の眺め・・・気持ちの良いオープンスペースが広がっていました。写真の下から上に川は流れています。


b0214184_06493787.jpg

手前の河岸は捨て石式の護岸でした。観光船などの航行波などで洗堀されない配慮もあるようです。河口から60kmの街でも3m程度の干満差があるようでした。


b0214184_06520469.jpg

上流側の眺め・・・写真上から下へ水が流れています。ポンツーン型の係船施設が沢山並んでいました。

b0214184_06531299.jpg

電車の時刻が迫ってきたので中央駅に戻りました。河畔で基礎工事が行われていました。杭打ち工事のようでした。

b0214184_06575518.jpg

高欄に不思議なオブジェが・・・

b0214184_06593993.jpg

電車通りを歩いてマルクト広場に戻りました。トラムの走る路面は石張り舗装にしてありました。

b0214184_07000944.jpg


b0214184_07015902.jpg

聖ペトリ大聖堂は大きな大聖堂でした。高さは100mくらいはありそうです。

b0214184_07045047.jpg

ファサードにはキリストの受難の様子を描いたフレスコ画?が描かれていました。

b0214184_07074249.jpg

マルクト広場から見た大聖堂も素晴らしかったです。

b0214184_07090883.jpg


b0214184_07090438.jpg

マルクト広場にウィルヘルム・カイゼンを顕彰する説明書きがありました。ドイツ語不如意なので内容は不明ですが、橋の名前にもなっているのでブレーメンの復興に貢献した偉人みたいです。
ウィルヘルム・カイゼン(1887年~1979年)はブレーメン市長?として第2次大戦で破壊された街の復興を主導した偉い人だと思います。破壊された街の再現作業風景、港湾施設の復興、新しいアパートの建設の様子の写真が紹介さていました。

b0214184_07224737.jpg

戦災で聖ペトリ大聖堂の2本のファサードの内、片方は途中から無くなっていました。

b0214184_07311651.jpg

お堀脇の公園まで戻ってきました。



ブレーメン中央駅まで戻ってきました。


ドイツでも100円ショップ(1ユーロ)が流行っているようです。イギリスでも同じような100円ショップを見ました。


10時30分、無事に中央駅まで戻ってきました。



当日にフェイスブックにアップした記事です。快晴だけど寒かったようです。

4月30日(日)ブレーメンは快晴、寒い。
ホテルを8時45分にチェックアウトして郊外駅で普通電車に乗車した。ブレーメン中央駅で途中下車した。9時から1時間半掛けて中心地をおさらいした。やはり旅行はお天気で決まる。昨日歩いた風景が違って見えた。ハンブルクに直接行かなくて正解だった。
モバイルが使えるようになった。ハンブルク行きの電車の中で久し振りにモバイルで記事を書いている。
ハンブルク行きRB41号は10時59分に発車した。ハンブルク着が12時23分、約1時間半の旅程だ。
大聖堂、市庁舎、広場を歩き直した。ブレーメンの音楽隊の彫像前で観光客の方に記念写真を撮ってもらった。
煉瓦の小路を抜けて、ヴェーザー川の河畔に出た。流水はコーヒー並みに濁ってはいるがさして気にならない。デュッセルドルフのライン川に比べると狭いものの、川と建物の間に広いスペースがあるのが良い。墨田川もこれくらいスペースが有ればもっと良くなるのだが・・・・・
大勢の観光客が乗船準備をしていた。郊外ホテル周囲の河畔は工場地帯だったが、都心では観光舟運が盛んな様子がうかがえた。
ヴェーザー川は墨田川くらいの川幅だ。何故か貨物船は通らなかった。地図を見ると如何にも河川港らしき掘り込みが上下流に沢山ある。今日は日曜なので休港日かもしれない。
財布には10ユーロしか残っていなかったが、キャシングでどっさり現金を補給できようやく人心地がついた。

以下、次号・・・


by camino0810 | 2017-08-11 08:06 | ドイツⅡ | Comments(0)  

<< 2017年4月30日(日)ドイ... 2017年4月30日(日)ドイ... >>