人気ブログランキング |

2017年5月1日(月)ドイツⅡ その25 リューベック(3)

11時過ぎに予約したホテルにチェックインしました。ドイツのホテルは通常14~15時くらいがチェックイン開始ですが、部屋の準備が整っていたようなのでアーリーチェックインができたのが幸いでした。
荷物を降ろして1時間ほど仮眠を取りました。かなり疲れが取れたので13時から街歩きを再開しました。ホテルを出発、トラヴェ運河を渡って旧市街の中心部を目指して歩きました。


b0214184_09451229.png

橋の袂を降りてトラヴェ運河の河畔を歩いてみました。


b0214184_14344695.jpg


河畔の砂利道は快適でした。運河は写真下から上に流れています。


b0214184_14354684.jpg

水辺へのアクセスも文句なしに良かったです。


b0214184_14311636.jpg



清洲橋に似た緑の橋を渡って旧市街に入りました。丸いリベットを使った風格のあるアーチ橋でした。橋面を吊る部材は鋼棒を使っていました。



b0214184_14371865.jpg

旧市街に入りました。例の階段状の屋根が付いた建物もありました。


b0214184_14405013.jpg

左手に大聖堂前の湖を見ながら旧市街の中心部に向かいました。


b0214184_14440457.jpg

湖で少年がルアーで釣りをしていました。今日は平日ですが休日のようです。こんな気持ちの良い場所で釣りをするのは最高に気分がいいでしょう。


b0214184_14445338.jpg

旧市街の街路樹は新緑を迎えたばかりでした。

b0214184_15465975.jpg

14時、遅めの昼食はタイ料理にしました。

b0214184_15503826.jpg


折角のいいお天気なのでテラス席にしました。


b0214184_15495231.jpg

7.5ユーロ(940円)の八宝菜風のランチは美味しかったです。ドイツでもアジアのエスニック料理が相当浸透しているようでした。


b0214184_15512334.jpg

大通りが右に大きく曲がっていて一番高い場所が旧市街中心部のようでした。広々した広場は気持ちがいいものです。聖マリア教会の2本の尖塔が見えてきました。車道と歩道や広場の段差を無くし、境界を曖昧にしているのが優れているなと感じました。


b0214184_15572668.jpg

池の境界を排除した、この手の噴水は最近日本でも流行しています。ライプツィヒやケルンでも見掛けました。


b0214184_16003596.jpg

小さい尖塔が沢山並んだ市庁舎の建物が近づいてきました。


b0214184_15583657.jpg

大通りの建物のスカイラインはそこそこ揃えられていました。赤レンガをイメージした外壁の建物が目立ちました。とにかく、電柱・電線もなくスッキリした街を歩くのは快適でした。


b0214184_16011504.jpg

生憎、福音教会は補修中でした。


b0214184_16035354.jpg


教会の内部には沢山の支柱が建っていました。


b0214184_16043683.jpg

おトイレは例のよって脚なし型、大人、子供用が並んでいました。

b0214184_16044727.jpg

市庁舎のあるマルクト広場まで来ました。市庁舎の外壁は赤レンガではなく黒レンガでした。マルクト広場はこれまで歩いてきたブレーメン、ハンブルクに比べて小振りでした。


b0214184_16072270.jpg


お隣りは聖マリア教会です。巨大な2本の尖塔が聳え立っていました。


b0214184_16072692.jpg


市庁舎のファサードは艶のある黒レンガと艶を落とした黒レンガが使い分けられていました。小さな円形の尖塔が並んでいました。独自の建築様式を感じました。


b0214184_16073104.jpg


折角の機会なのでジドリをしました。お天気でしたが、ライトダウンとマフラーをしているくらい寒かったことが判ります。


b0214184_16074856.jpg

引き続き、お隣りの聖マリア教会に行きました。
以下、次号・・・



by camino0810 | 2017-08-26 18:19 | ドイツⅡ | Comments(0)  

<< 2017年5月1日(月)ドイツ... 2017年5月1日(月)ドイツ... >>