人気ブログランキング |

2019年6月1日(土)パナマ・アメリカⅡ その2 成田

今日は、建コンとみなと総研共同開催の海外インフラ事情調査の初日。これから11日をかけて、パナマやアメリカのインフラ事情を調査します。集合場所は成田空港第1ターミナル南ウィングKカウンター、集合時間は9時30分。
日暮里駅から成田空港までは京成のスカイライナーを利用しました。道中は都心ミニインフラツアーといった感じになりました。車窓の風景も、注意深く眺めると、いろいろと興味深い事実が見えてきました。
成田までは所要時間40分、料金2500円、そこそこのアクセスといってもいいでしょう。ただ、大都市の東京、ロンドン、パリのハブ空港はアクセスが良いと感じたことはありません。空港は広大な面積を必要とする施設、ちなみに成田空港の敷地面積は、1100ha。広大な空港用地は、都心から遠く離れた郊外に求めざるを得ないということでしょうか。

b0214184_05465836.jpg

スカイライナー駅舎の端から、崖の上の「上野台地」が見えました。比高差は10m、崖の麓に沿ってJRが走行しています。台東区という名称は台地(上野台地)の東ということだと勝手に思っています。台東区は、隅田川(昔は利根川)が運んできた土砂が厚く堆積して、地盤が悪い上に、土地が低いという防災面の課題を抱えた下町でもあります。

b0214184_05470802.jpg

電車は隅田川を渡りました。このあたりの隅田川は、カミソリ堤防がむき出しの無機質な川でした。下流の南千住の汐入あたりの隅田川は、素晴らしい水辺が出来上がっているのですが・・・

b0214184_05474716.jpg

隅田川を渡ると北千住。京成本線は常磐線、東京メトロ日比谷線を上越ししました。

b0214184_05503117.jpg

電車は荒川を越えて、隣接する綾瀬川を渡りました。この鉄道橋(京成本線荒川橋梁)は、線路敷が荒川の堤防天端より低いので、洪水が堤内に流れ込む心配がある場所、その改善策が計画中だとか。1930年(昭和5年)に荒川放水路が完成、京成本線荒川橋梁は1931年に完成しました。その後、地下水くみ上げなどによる地盤沈下で段差が生じたと言われています。


b0214184_05485122.jpg

電車は葛飾区に入りました。葛飾区も木造家屋が密集している上に土地が低い防災面の課題を抱えた場所でした。

b0214184_05514758.jpg

電車は中川を渡りました。高砂橋が見えました。ここから、東京都が開削した新中川放水路が分派します。

b0214184_05523270.jpg

電車は江戸川を渡って、千葉県の松戸市に入りました。江戸川は、自然が豊かでオープンスペース感がある、川らしい川でした。

b0214184_05531607.jpg

電車は水田地帯を走りました。成田空港駅はもうすぐです。


b0214184_05533010.jpg

スカイライナーは、成田空港駅の地下ホームに到着。これまで、沢山の海外の空港を利用してきた中、鉄道アクセスは地下方式、道路アクセスは高架方式というのが定番といった感じです。鉄道は勾配を急に出来ないからでしょうか。例外なのが、羽田空港の国際線ターミナル。このターミナルは、鉄道の高架方式、プラットホームと出発ロビーが同一階という大変便利なターミナルです。

b0214184_05535932.jpg


b0214184_05540784.jpg

第3ターミナルはLCC専用のようです。第1、第2は、メジャーなフラッグキャリアのオンパレード。第3は、たったの4社のエントリーでした。LCCは、リーズナブルな料金が売り。2018年のイタリア旅行では、イタリア南部のパレルモから北部のヴェネチアまでLCCを利用しました。料金は、7000円と恐ろしくリーズナブル。ヴェネチア郊外のLCC専用のトレヴーゾ空港からヴェネチア本島までのアクセスは予想外に良かったです。
飛行機による移動が大衆的な移動手段になった今、ますますLCCのニーズは高まっていくでしょう。但、オンラインチェックインを忘れたり、手荷物ポリシー違反をすると、大きな違約金を支払わされるので、要注意。気軽な小旅行、出張にはありがたい仕組みだと思います。

b0214184_05541362.jpg

インバウンドのお目当ては、日本の「和」の世界。そう言えば、羽田空港の国際線ターミナルの出発ロビーには江戸の町並みが再現されていました。

b0214184_05542035.jpg

成田空港1Fの到着ロビーの車寄せ。

b0214184_05544512.jpg


b0214184_05550572.jpg

南ウィングの4階の出発ロビーに到着。

b0214184_05551288.jpg

ヒューストン行きNH174便は11時10分発。

b0214184_05551909.jpg

30ドル分だけ両替しました。レートは1ドル111.95円。

b0214184_05552406.jpg

手荷物検査を終えて、視察団添乗員のOさんとANAのラウンジで一休みしました。メンバーのOさんと同伴ということでセレブな気分を味わうことができました。

b0214184_05553342.jpg

ビールなどの飲み物やサンドウィッチやおにぎりなどの軽食がビュッフェ方式、いわば大部屋の搭乗ロビーと違ってゆっくり寛げるのがラウンジのメリットでしょうか。
団長のI先生もラウンジに来ていました。視察の進め方などを再確認しました。

b0214184_05555596.jpg

免税店がずらりと並んでしました。

b0214184_05565141.jpg

搭乗ロビー。

b0214184_05575757.jpg

ANAのNH174便は、随分とカラフルに塗られたジェット機でした。

b0214184_05582655.jpg



b0214184_00424915.png
(出典 Wikipedia)

NH174便は、定刻に11時10分に出航しました。ヒューストンは時差がマイナス14時間、飛行時間がプラス13時間なので、ヒューストンにはほぼ同時刻に到着します。これから、狭い座席でうんざりするほど長い時間を過ごさなくはいけません。
以下、次号・・・

# by camino0810 | 2019-06-23 00:47 | パナマ・アメリカⅡ | Comments(0)  

2019年4月25日(木)デンマーク・オランダ・ベルギー・スイス その3 羽田~上海プードン

MU540便は羽田空港を定刻17時50分に出航しました。
数年前、羽田空港国際線ターミナル3階の展望台に上がってみたことがありました。展望台から見た周りの眺めは良かったです。

b0214184_08563144.jpg

羽田空港の管制施設が見えました。ジェット機はA滑走路を海に向けて発進。東京湾をぐるりと一周した後、西に航路を取ったので、千葉の富津や横浜などのインフラが良く見えました。


b0214184_08564470.jpg


b0214184_06105041.png
(出典 Wikipedia)



窓からD滑走路が良く見えました。数年前、6000億円を掛けて完成した羽田の4本目の滑走路でした。連絡橋の手前は鋼管柱のジャケット方式、奥は通常の埋め立て方式。多摩川河口の護岸法線を延長したラインから川側は通水を阻害しないジャケット形式としているのが良く理解できました。
b0214184_08565573.jpg


b0214184_06113043.png
(出典 Google)

この不思議なオブジェは、東京湾横断道路(東京湾アクアライン)のシールドトンネル掘削時の発進到達立坑跡地だと思います。トンネルの坑口は、海底面よりも更に深い訳で、大水深に耐える仮壁が必要だったことでしょう。現在は、換気立坑や避難口にしているそうです。

b0214184_08572488.jpg

東京湾横断道路の高架橋が見えました。写真左の船舶みたいな細長い施設は「海ほたる」。現在はPAになっていますが、建設当時は、シールドトンネルの発進到達立坑だったのではないかと想像します。


b0214184_08573539.jpg

ジェット機は機首を西に振りはじめました。砂嘴状の富津岬が視界に入りました。右側は三浦半島。東京湾の間口もそれほど広くはありません。

b0214184_09032939.jpg

ジェット機は根岸湾上空を通過、向こうに相模湾が見えてきました。

b0214184_08574425.jpg

富士山の真上を通過。富士山は傘雲を被っていました。

b0214184_08575847.jpg

羽田、上海プードン間は1900km、所要時間は約3時間、ジェット機は偏西風に逆らって飛行しました。

b0214184_08580736.jpg


b0214184_08583265.jpg

機内食は美味しかったです。

b0214184_08581487.jpg


MU540便は、定刻20時15分に上海プードン空港に到着。

b0214184_08584613.jpg


b0214184_08585644.jpg

今回のトランジットは上手にできました。手荷物検査を終えて、プードン空港の巨大で斬新なデザインの搭乗ロビーで一休みしました。フランクフルト行きの飛行機までたっぷり時間があるので、フェイスブックに記事をアップしました。

4月25日(木)上海は気候不明、暑い。
MU540機は羽田空港を定刻17時50分に出航、定刻20時15分に上海プードン空港に到着しました。いつももたつくトランジットを順調にこなせて良かったです。上海プードン空港の待合ロビーで記事を書いています。青い巨大な天井は、逆さケーブルを意図的に露出させたお洒落なデザイン、延々と1kmくらい続いている感じ。中国はすべてが巨大です。フランクフルト行きのMU219便は24時05分に出航、まだ2時間半も待たなければいけません。

b0214184_08593141.jpg

このレストランも何かお馴染みになった感じです。

b0214184_08590879.jpg

一度食べたお肉掛けごはんは随分と薄味でした。サンドウィッチは55元(880円)、ラーメンが75元(1200円)。空港の値段は高めの設定とはいえ、羽田に比べると、割高感は否めません。中国も豊かになり、物価が上昇している感じです。

b0214184_08591759.jpg

このラウンジは、ファーストクラス、ビジネスクラスの乗客やマイルを貯めた乗客が独占的に使えるVIPルームでしょう。エコノミークラスの自分には無縁な世界。

b0214184_09000060.jpg

プードン空港の小便器は脚なし型、子供用も用意されていました。

b0214184_09001352.jpg

兵馬俑風のお土産、99元(1600円)はリーズナブル。

b0214184_09003583.jpg

フランクフルト空港行きの搭乗ロビーは1階の大部屋風の待合でした。フランクフルト、ロンドンの漢字表記は超難読。

b0214184_09010971.jpg

フランクフルト行きのMU219便は定刻24時05分に出航しました。いつものことですが、辛い時間の始まりです。
以下、次号・・・


# by camino0810 | 2019-06-19 03:15 | デンマーク・オランダ・ベルギー・スイス | Comments(0)  

2019年6月15日(土)パナマ・アメリカⅡ その1 プロローグ

2019年6月1日(土)~11日(火)、建設コンサルタンツ協会とみなと総研主催の『海外インフラ事情調査団』に参加しました。今年のターゲットは、パナマとアメリカのインフラ、団長は六本木のI先生、自分は副団長として参加しました。
視察団は、建設コンサルタンツ協会とみなと総研の協会員、建設コンサルタンツ各社の社員、添乗員よりなる総勢22名。毎年この時期に海外のインフラ事情を調査します。2017年までは三番町のN先生が団長を務めていました。毎年、プライベートで5月の連休を利用して欧州旅行をします。今年は、盆と正月が一緒に来たような忙しさでした。
視察ルートは、成田からヒューストン経由でパナマに向かい、パナマ運河を見終えて、再びヒューストンに戻りました。アメリカ国内は、飛行機とバス移動、最終目的地のニューヨークから成田に戻りました。
移動が多いタフな視察でしたが、その分密度が高い視察になった感じで大変勉強になりました。視察先の各都市内は、専用バスで回りました。車内でのI団長のミニ講義も大変勉強になりました。
事前の天気予報で雨が予想される中、視察先はことごとく晴れになりました。観たいものが雨の中では折角のインフラも霞んでしまいます。アメリカは2013年以来2回目でした。ワシントンDCで旧友に逢えたことも良かったなと思っています。各都市の水辺を観る機会もありました。川屋を自称している自分にはありがたいなと感じています。

b0214184_08225239.jpg
(ミラフローレス閘門:パナマ)

b0214184_08293329.jpg
(ミシシッピ川:ニューオリンズ)

b0214184_08313427.jpg
(テネシー川:ノックスビル)

b0214184_08343303.jpg
(グレートスモーキーマウンティン国立公園:ノックスビル)

b0214184_08371834.jpg
(タイダル・ベースンとワシントン・オベリスク:ワシントンDC)

b0214184_08394809.jpg
(アレゲニー川:ピッツバーグ)

b0214184_08451644.jpg
(ブルックリン橋とローワー・マンハッタン:ニューヨーク)

今回の視察は、いつもの単独行とは違い集団行動、旅行会社の添乗員、現地ガイド付きの、自分的には恐ろしくゴージャスな視察でした。安上がりな旅行しかしてこなかった自分には、今回の視察は「上げ膳・据え膳旅行」に近いものも感じましたが、単独行の心理的な負担が少ない分、観るべき対象に集中できました。
現地ガイドの日本人の方たちは、ご当地在住20~30年、現地情報に詳しい、勉強熱心な人たちばかりでした。集団行動が基本でも、朝の早い時間は単独行動や自由行動ができました。時間の許す限り、いつものように一人で歩きたい場所を歩きました。欧州旅行では旅日記を記した大事なノートを紛失しましたが、今回の視察旅行では、手帳を無くすことなく帰国できました。
自分にとって、街歩きで欠かせない視点は、電柱・電線問題と屋外広告問題。アメリカを網羅的に回った結果、アメリカ人のこの問題への考え方を一応理解できたように思えます。

b0214184_08515994.jpg
(電線・電柱:ニューヨーク郊外)

今回の行程はこんな感じ・・・

 6月1日 (土)成田~ヒューストン~パナマシティ
 6月2日 (日)パナマシティ
 6月3日 (月)パナマシティ~コロン~ヒューストン~ニューオリンズ
 6月4日 (火)ニューオリンズ
 6月5日 (水)ニューオリンズ~ナッシュビル~ノックスビル
 6月6日 (木)ノックスビル~グレートスモーキーマウンテン国立公園~ワシントンDC
 6月7日 (金)ワシントンDC~ピッツバーグ
 6月8日 (土)ピッツバーグ~ニューヨーク
 6月9日 (日)ニューヨーク
 6月10日 (月)ニューヨーク
 6月11日 (火)成田
 

b0214184_12213922.png
(出展 Google)

 
これからいつものように時系列で書き始めます


# by camino0810 | 2019-06-15 14:21 | パナマ・アメリカⅡ | Comments(0)  

2019年4月25日(木)デンマーク・オランダ・ベルギー・スイス その2 羽田

毎年、5月の連休を利用して欧州を旅行します。自分には1年に1回の大事業みたいなものです。今年の出発点は羽田、2017年以来2年振りです。去年の2018年は成田からの出発でした。埼玉の人間にはやはり羽田の方が有難いなと思います。
14時50分、早めに羽田の国際線ターミナルに到着しました。このターミナルは、実に気の利いた機能的な空港だといつも思います。モノレール駅の到着プラットフォームと空港の出発ロビーが同一階にあるのでとにかく便利。改札を抜けるとそのままチェックインカウンターです。

b0214184_10392294.jpg

今回の旅行は、長距離の移動が多く、飛行機に頼らざるを得ませんでした。フランクフルト空港、コペンハーゲン空港、アムステルダム空港、ブリュッセル空港、ジュネーヴ空港を利用しましたが、羽田の国際線ターミナル程、空港駅と出発ロビーのアクセスが良い空港はありませんでした。空港のアクセス線は地下に設置されるのが普通です。しかし、この空港は沖合の埋立空港、空港アクセス線を地下化する必要がなかったようです。高架にできたメリットを活用した優れた設計だと感じます。

b0214184_10393332.jpg

17時50分発中国東方航空MU540機は20時15分に上海プードン空港に到着します。羽田とプードンの時差は1時間、実質3時間余りのフライトでした。

b0214184_12490324.jpg

現地通貨を少しだけ入手しました。現地ではカード払いでも最初は少額の現地通貨が必要です。交換レートは、1ユーロは129円、1デンマーククローネは19円、1スイスフランは115円。

b0214184_12524666.jpg

帰国時の外貨の引き取り価格は、1ユーロ121円、1デンマーククローネ14円、1スイスフラン105円。差額が両替商の粗利益になっているようです。

b0214184_12524940.jpg

中国東方航空のチェックインカウンターに並ぶ前に空港内を少しだけ歩いてみました。最上階は江戸期の東京の街並みが再現されていました。インバウンドには嬉しいおもてなしだと思います。

b0214184_12584834.jpg


b0214184_12585087.jpg

よく考えてみると、構内に古い街並みを再現した空港は珍しいのでないか。自分には、空港や駅は慌ただしく乗り換える際の交通の結節点、これまで施設自体をじっくりと観ることはありませんでした。遊び心が感じられる羽田の国際ターミナルは優れた空港だなと思います。

b0214184_12585393.jpg


b0214184_12585560.jpg

時節柄、鯉のぼりや藤棚が飾られていました。日本の伝統的な習慣をさりげなく紹介しているのも気が利いているなと思いました。年に1回の海外旅行なので、他の時期に何を展示するのかは不明ですが、多分、その時々の日本の風物詩を紹介しているのでしよう。

b0214184_13012208.jpg


b0214184_13013348.jpg


b0214184_13015193.jpg


b0214184_13020433.jpg

中国東方航空のチェックインカウンターに並びました。大半は中国人でしたが、日本人や欧州人もいました。

b0214184_13022252.jpg


b0214184_13022796.jpg

出航2時間半前からオープン、1時間くらい並んでようやくチェックイン完了。
毎回、手荷物は2つ、40Lのバックバックと30Lのデイバック。重さは、それぞれ8kgと6kg。手荷物のルールは、航空会社でバラバラ。チェックインカウンターで、フランクフルト空港での乗り換え時間を短縮するために2つの手荷物を客室持ち込みでお願いしましたが、スタッフに断られました。3年前、フランクフルト空港のバゲッジクレームで1時間以上待たされた苦い経験を避けるためでした。この航空会社のルールでは、40Lのバックバックは、機内持ち込み扱いとなりました。このバックパックは、キャビンの頭上ロッカーに収納できるサイズなのですが、結局、客室持ち込みは、30Lのデイパックだけにさせられました。2つとも客室持ち込みができた航空会社も結構あったので、少し悔しい思いをしました。
手荷物検査、出国審査を終えて、146番搭乗ロビーへ。

b0214184_14402917.jpg


b0214184_14301421.jpg

お目当ての146番搭乗ゲートは建物の端にありました。中国の航空会社はあまりいい場所をもらえないようです。

b0214184_14340584.jpg


b0214184_14291966.jpg


b0214184_14294547.jpg

途中のフードコートには日本食のお店が沢山出店していました。ラーメン、お寿司など、旅先の国々で世界遺産に登録された日本食は流行っているなと感じました。

b0214184_14365583.jpg


b0214184_14370081.jpg


b0214184_14370671.jpg


b0214184_14373508.jpg

1時間前に搭乗ロビーに到着、時間があるのでロビーを少し歩いてみました。

b0214184_14425283.jpg

搭乗ロビーはピカピカでお洒落でした。ベンチには電源プラグも付いていました。

b0214184_14393365.jpg


b0214184_14423452.jpg


b0214184_14420860.jpg


b0214184_14432461.jpg

時間になったので、上海プードン行きのMU540便に搭乗しました。

b0214184_14432600.jpg


b0214184_14434516.jpg

搭乗ロビーでフェイスブックにこの日の記事をアップしました。

4月25日(木)東京は晴れ、暑い。
毎年この時期に連休を利用して欧州を旅行します。羽田の国際線ターミナルに来ました。搭乗ゲートでこの記事を書いています。17:50分発上海プードン行きのMU540便を待っています。プードンでトランジットして、フランクフルトには26日の早朝に着きます。羽田のターミナルはなかなかお洒落でした。

中国東方航空MU540機は定刻17時50分発に羽田を出航しました。
以下、次号・・・


# by camino0810 | 2019-05-26 15:00 | デンマーク・オランダ・ベルギー・スイス | Comments(0)  

2019年5月19日(日)デンマーク・オランダ・ベルギー・スイス その1 プロローグ

毎年、5月の連休を利用して欧州旅行に出かけます。2019年4月25日~5月9日、15日を掛けてデンマーク・オランダ・ベルギー・スイスを旅行しました。

 2012年 イギリス
 2013年 フランス
 2014年 中欧(スロバキア、ハンガリー、チェコ、オーストリア)
 2015年 イギリス
 2016年 ドイツ
 2017年 ドイツ・ポーランド
 2018年 イタリア

今年も、何処に行こうか?1月くらいから考え始めました。見残したヨーロッパの国々が段々と少なくなってきました。
2019年正月、お世話になっている三番町のN先生に年始の挨拶に伺った折、欧州旅行の件を先生と相談させて戴きました。先生のアドバイスを参考にして、今年はデンマーク、オランダ、ベルギー、スイスに行くことに決めました。
今回の旅行は、移動が多くハードルの高い旅程を組まざるを得ませんでした。いろいろとトラブルにも遭いましたが、何とか無事に帰国出来て良かったです。3月初めには航空券、ホテルの予約などもほぼ完了しました。

ドイツのフランクフルトを今回の旅行の基点にしました。フランクフルトから飛行機でデンマークへ、デンマークから飛行機でオランダに戻って、オランダ、ベルギー国内は鉄道で、ベルギーから飛行機でスイスへ、スイスから鉄道でフランクフルトに戻りました。
まずまずのお天気に恵まれていい旅行になりました。観たいものが雨の中では折角の素晴しい景色も霞んでしまいます。各国の街々はそれぞれに歴史・文化があり、綺麗で個性的でした。沿線の風景も新緑が綺麗でした。自称川屋ということで、各都市の水辺も回りました。低平地の運河、高地の川などを観ることができて良かったです。


b0214184_16421603.jpg
(コペンハーゲンと運河)


b0214184_16463123.jpg
(オーフスとオーフス川)


b0214184_16501184.jpg
(アムステルダムと運河)


b0214184_16533314.jpg
(ロッテルダムと河川港)


b0214184_16550327.jpg
(デルフトと運河)


b0214184_16591578.jpg
(アントワープと河川港)


b0214184_17034615.jpg
(ブリュージュと運河)


b0214184_17053193.jpg
(ジュネーヴとローヌ川)


b0214184_17071473.jpg
(チューリヒとリマト川)


b0214184_17122739.jpg
(グリンデルワルドと渓谷)


b0214184_17152746.jpg
(フランクフルトとマイン川)


今回の旅も例年同様、自分流にカスタマイズされた旅行になったように感じます。アムステルダムのスキポール空港で持参のルーターや方位磁石を失ないました。携帯できるルーターとスマホは自分の現在位置とターゲットを知るためのマストアイテム、単独行の自分には欠かすことができません。スマホが無くても地図と住所でホテルに辿り着けるやり方を去年のイタリア旅行で習得しました。ルーターが無くても、何とかなりました。人間、ないならないなりに順応できるものだと思いました。
旅日記を記したハードカバーのノートをグリンデルワルドの電車の中に置き忘れました。アムステルダムのスキポール空港で新たに買ったノートで、自分の相棒みたいな存在でした。このノートは、ブリュッセルで掏られましたが、戻ってきたという強運のアイテムでした。その相棒を置き忘れた時のショックは大きかったです。
最近、加齢のせいで記憶力の劣化が顕著になってきました。ノートを無くした今、記憶が残っている間にブログを書き終えようと思いました。

今回の行程はこんな感じ・・・

 4月25日 (木)成田~上海
 4月26日 (金)上海~フランクフルト~コペンハーゲン
 4月27日 (土)オーフス
 4月28日 (日)アムステルダム
 4月29日 (月)ロッテルダム
 4月30日 (火)デルフト
 5月1日 (水)アントワープ
 5月2日 (木)ブルージュ
 5月3日 (金)ブリュッセル
 5月4日 (土)ジュネーヴ
 5月5日 (日)チューリヒ
 5月6日 (月) グリンデルワルド
 5月7日 (火)フランクフルト
 5月8日 (水)フランクフルト~北京
 5月9日(木)上海~成田


b0214184_16360088.png
(出展 Google)

 
これからいつものように時系列で書き始めます。



# by camino0810 | 2019-05-19 18:36 | デンマーク・オランダ・ベルギー・スイス | Comments(0)