人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

2018年5月4日(金)イタリア その63 ヴェネツィア(2)

ライアンエアー8922便はパレルモ空港を定刻10時50分に出航、ヴェネツィア郊外のトレヴィーゾ空港に12時30分に到着しました。このジェット機は、B737型で33列✕6列=198人乗りの中型ジェット機でした。

b0214184_06230628.jpg

4月26日にミラノに入って、電車、バス、飛行機でイタリア半島を南下しました。南部イタリアのパレルモから飛行機で北部イタリアに戻って、ミラノから日本に戻る計画でした。パレルモとヴェネツィアは直線距離で1000kmくらいはありそうです。

b0214184_06221254.png
(出典 Google)
パレルモ郊外の住宅地・・・


b0214184_06334682.jpg

こんな町割りは初めて見ます。縦方向に何本もの街路が走っていて、横方向の道路が見当たりません。実に不思議な景色です。


b0214184_06335227.jpg

シチリア島ともこれでお別れです。

b0214184_06341501.jpg


b0214184_06350967.jpg

ジェット機はヴェネツィア本土付近で高度を下げ始めました。ラウンドアバウトが見えていました。豊かな緑と畑の中に住居が点在していました。

b0214184_05552228.jpg


b0214184_05552793.jpg

郊外の工場とブドウ畑・・・

b0214184_05553425.jpg

緑豊かな川と赤い屋根の家々・・・

b0214184_05553932.jpg

パレルモはどちらかというと乾燥した感じで、地下河川カナートもありました。それに対して、北部イタリアは実に緑と水が豊富です。

b0214184_05554762.jpg

川の脇に水インフラ群が見えました。分水路は農業用の水路、写真右端の施設は浄水場だ思います。

b0214184_05555226.jpg

湖と湖畔の街・・・北部の豊かさを感じる一枚。

b0214184_05555827.jpg

8922便は定刻12時30分にヴェネツィア郊外のトレヴィーゾ空港に到着しました。所要時間は1時間40分でした。

b0214184_05561880.jpg

飛行機を降りて、荷物を背負ってそのまま空港の玄関に向かいました。

b0214184_05562177.jpg

トレヴィーゾ空港のファサード・・・

b0214184_05562790.jpg

13時、ヴェネツィア本島行きの空港バスが出発。

b0214184_05562412.jpg

トレヴィーゾ空港は、ヴェネツィアの北北西 約25kmに位置しているLCC専用の空港。ヴェネツィアはアドリア海の潟湖に浮かぶ島でした。

b0214184_20424072.png
(出典 Google)

調べると、トレヴィーゾは外国人に知られていない隠れた観光地で、法政大学の陣内秀信先生一押の水都でした。


陣内秀信先生のコメントを引用・・・

「トレヴィーゾは小さな町全体が城壁と堀で囲われ、緑が多く、ヒューマン・スケールの市街地の中を幾筋もの清流が流れています。水と緑に囲まれた、実に気品のある歴史都市です。中心には、風格のある公共建築で見事に囲まれた野外サロンとしてのシニョーリ広場があり、市民は毎日のようにここに集い、仲間と立ち話を楽しみます。都心から車を締め出した人間のための広場や街路は、まさに社交場として機能しています。光と影の変化に富んだ街路を歩き、時に水辺でくつろぐ。これほどまでに魅力に溢れたトレヴィーゾですが、有名建築はほとんどなく、観光客の数も少ないです。地元の人々に愛される居酒屋が多いのもこの町の特徴で、イタリアらしい豊かな生活都市を満喫するのに、トレヴィーゾほど恰好の町はありません。」
(『WORLD旅のひろば』2014年6月号より転載)

空港バスは、陸地と島を連絡する橋を渡りました。

b0214184_05575963.jpg

13時50分、ヴェネツィア本島のバスターミナルのローマ広場に到着。所要時間50分、料金12ユーロ(1600円)はまずまずのアクセス。連絡橋には鉄道も付いています。本土と島を連絡するトラムも走っていました。

b0214184_05581025.jpg

運河を渡って、予約したホテルへ歩いて行きました。

b0214184_05582599.jpg

迷路のよう路地を歩いて、やっとの思いでホテルにチェックインできました。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-27 21:10 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月4日(金)イタリア その62 ヴェネツィア(1)

この日は、パレルモ国際空港発10時50分のLCCでヴェネツィア郊外にあるトレヴィーゾ空港に向かいました。トレヴィーゾ空港は、LCC専用の空港で12時30分に到着します。
8時、ホテルで朝食。コンチネンタル式のシンプルな食事でした。

b0214184_04480857.jpg

このホテルはリノヴェーションが終えたばかりという感じで、白を基調にした明るくてシンプルで清潔感に溢れた仕上げでした。

b0214184_04501909.jpg


b0214184_04505588.jpg

自分の部屋も同じような感じで、快適でした。

b0214184_04512389.jpg


b0214184_04524883.jpg


b0214184_04530863.jpg

8時30分、チェックアウト、ホテルのあるプリンチペ・ディ・ベルモンテ通りともお別れです。道路の中央にある花屋さんの準備も整ったようでした。

b0214184_04534770.jpg

ルッジェーロ・セッティモ通りをバス停まで歩いて行きました。

b0214184_05003287.jpg


b0214184_05034412.jpg

ルッジェッロ・セッティーモ広場で8時40分発の空港行きのバスを待ちました。

b0214184_05063044.jpg

パレルモの海を見たいなと思い、進行方向右側の席を選択しました。

b0214184_05110392.jpg

パレルモ新市街には高層マンションらしき建物が沢山建っていました。

b0214184_05112851.jpg


b0214184_05135675.jpg

イタリアでのラウンドアバウトの普及率は日本より相当高い水準にあるのではと思います。

b0214184_05130179.jpg

半地下の開削工事を行っていました。多分、道路ではないかと思います。

b0214184_05213169.jpg

魁偉な形の山と高層住宅群・・・パレルモらしい光景ともこれでお別れです。

b0214184_05221814.jpg


b0214184_05231281.jpg


b0214184_05233880.jpg


b0214184_05255059.jpg

山側には昨日見た層理面が傾斜した山・・・

b0214184_05265687.jpg


b0214184_05271467.jpg

海岸が見えてきました。

b0214184_05280353.jpg


b0214184_05282072.jpg

9時20分、空港バスはパレルモ国際空港に到着。所要時間40分、料金は700円、まずまずのアクセスだと思います。

b0214184_05283641.jpg


b0214184_05284395.jpg

この空港は海に面した空港でした。

b0214184_05295056.jpg

パレルモ国際空港はライアンエアー、ボロテア、イージージェットやブエリングなどLCCがメーンの空港のような感じで、ナショナルフラッグのエールフランスなどは少なめ。

b0214184_05291289.jpg

小便器は、脚なし型、子供さんにはハードルが高い便器でした。

b0214184_05292174.jpg

9時40分、ライアンエアーの窓口でチェックイン。オンラインで入手した搭乗券をモバイルのデスクトップにアップして、スタッフに提示しました。本来ならスマホで簡単に済ませることができるはずですが、肝心のスマホはナポリで掏られて手元にありません。
オンライン・チェックインを忘れた時は、50ユーロ(6500円)の追加料金を支払わないといけません。バーリ、パレルモ間のLCCでオンライン・チェックインというLCCの基本ルールを知らずに、30ユーロ(3900円)の追加料金を支払うという手痛い失敗を経験したおかげでした。この便の飛行機代が50ユーロだったので、オンライン・チェックインをサボったら、なんのためのLCCか判らないところでした。

b0214184_05340513.jpg

10時、手荷物検査場で手荷物検査を受けて、搭乗ロビーへ。航空会社のチェックイン、手荷物検査、搭乗時にいちいちPCの画面を開いてスタッフに見せなければなりませんでした。

b0214184_05303569.jpg

構内の売店。

b0214184_05304630.jpg

搭乗ロビーから別の魁偉な山が見えました。パレルモの山は石灰岩の山だそうです。特異な山容はこの地質の影響でしょうか、そう言えば、中国の桂林の山も石灰岩。

b0214184_05310970.jpg

出発ロビーでチェックインして搭乗ロビーまでに要した時間は、30分弱、実にスムーズでした。搭乗ロビーで出航を待ちました。

b0214184_05315709.jpg

10時50分発ライアンエアーFR8922便に搭乗しました。

b0214184_05443428.jpg

搭乗ロビーの待ち時間にフェイスブックにアップした記事・・・

5月4日(金)パレルモは小雨、涼しい。
今日は、パレルモからヴェネツイアに向かいます。ライアンエアーというLCCです。10時50分発、ヴェネツイア郊外にあるトレヴィーゾというLCC専用の空港に12時30分に到着します。
ナポリでスマホを掏られたので、持参したモバイルに搭乗券をダウンロードしました。航空会社のチェックイン、手荷物検査、搭乗時にいちいちこの画面を開いてスタッフに見せなければなりませんでした。

ライアンエアーFR8922便は定刻にヴェネツィアに向けて出航しました。
以下、次号・・・

by camino0810 | 2019-02-21 22:35 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月3日(木)イタリア その61 パレルモ(5)

クアットロ・カンティは、ヴィトリオ・エマヌエーレ通りとマクエダ通りの交差点でした。クアットロ・カンティとは、『4つの辻』という意味合い。円形に隅切りした交差点の角に豪華な彫刻が飾られていました。これまで欧州の街をあちこち歩いてきましたが、これだけゴージャスな交差点を見たことはありません。

b0214184_04194807.jpg

そういえば、ローマのクイリナーレ通りとクアトロ・フォンターネ通りの交差点にクアトロ・フォンターネ噴水(4つの噴水)がありました。パレルモの方が規模や装飾の豪華さなどでローマを圧倒している感じでした。

https://camino0810.exblog.jp/29030787/

実は、クアットロ・カンティの4つの面の彫像と建物は識別ができないほどとてもよく似ていました。バロック様式の広場で、フィレンツェ出身ジュリオ・ラッソの作品。建設期間は1600年~1620年、スペインの支配を受けている時代。建物は4階建て、下から2階分が噴水、3階が歴代のスペイン王、最上階の4階がパレルモの守護聖人という造り。クアットロの4に因んで四季も表しているとか。

・西面(夏、フィリップ2世)

b0214184_15123328.jpg

・北面(秋、フィリップ4世)

b0214184_15124530.jpg

・東面(冬、フィリップ3世)

b0214184_15125080.jpg

・南面(春、チャールズ4世)

b0214184_15151506.jpg

東面の裏手にあるプレトーリア広場は大きな噴水広場でした。16世紀のトスカーナ出身の彫刻家の作品。噴水の周りに30を越える裸体像があり、「恥の広場」という名前も付いているとか。

b0214184_04563500.jpg

プレトーリア広場から見たサン・ジョゼッペ ・ディ・ テアティーニ教会。クアットロ・カンティの南面は、この教会の壁面も兼ねていました。教会は17世紀建築のバロック様式。

b0214184_05044849.jpg

教会の中に入ってみました。色つきの大理石で仕上げた重厚な造りでした。

b0214184_05163421.jpg

フレスコの天井画は恐ろしく精巧で煌びやか。

b0214184_05194421.jpg
(出典 wikipedia)

マクエダ通りを少し歩いた後、ヴィットリオ・エマニュエーレ通りを西に歩いてノルマン王宮を目指しました。

b0214184_06341443.jpg
(出典 Google)

マクエダ通りの教会Chiesa Santa Ninfa ai Crociferiは、バロック様式で、着工1601年、完成1750年。

b0214184_05161493.jpg

ヴィトリオ・エマヌエーレ通りを歩きました。

b0214184_05362522.jpg

パレルモ大聖堂はすぐでした。12世紀末のシチリアン・ノルマン様式、これまで沢山の大聖堂を見てきましたが、そのどれとも似ていません。パレルモは地中海文明の十字路、キリスト教文化とイスラム教文化が融合した稀有な街、この建物にも何処かアラビアの気分を感じました。

b0214184_05375281.jpg


b0214184_10321623.jpg

パレルモ大聖堂の敷地に旧市街のGalkaと呼ばれる地区の説明版が建っていました。13世紀頃には現在の旧市街を囲む城壁は形成されていました。図面左側には川が描かれていましたが、現在はありません。市街地の拡大に伴って川は地下化されたのかもしれません。

b0214184_06105424.jpg

パレルモにはアラブ人が造った地下水路(カナート:Qanat)が、発見されているとか。この地下水路で旧市街に水を供給していたようです。

b0214184_06074515.jpg
(出典 wikipedia)

旧市街の西の外れにあるノルマン宮殿まで歩いてきました。この宮殿は、11世紀にアラブ人が築いた城壁の上に12世紀にノルマン人が建て増したアラブ・ノルマン様式の王宮。通常、新しい支配者は旧支配者の痕跡を消し去るものですが、再利用して継ぎ足したということはイスラムとキリストの融合が上手く行われていたと想像します。手前の建物の窓の形と後ろの建物の窓の形が違っていました。

b0214184_10314652.jpg

旧市街の城門のヌオーバ門を潜りぬけました。門の頂部のポルティコ風の部分は何となくアラブ風にも見えます。

b0214184_10322890.jpg

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世通りをクアットロ・カンティの方に引き返し返しました。写真左側の白い建物は、『ヴィットリオ・エマヌエーレ2世高校』。1549年にイエズス会によって設立された、イタリアで4番目に古い伝統高校。高校の名前にまでヴィットリオ・エマヌエーレ2世が付けられているとは驚き。

b0214184_19281735.jpg

19時を回りました。おなかもすいてきたので、マクエダ通りを歩いてお目当てのレストランに向かいました。

b0214184_16311583.jpg

スコールが来ました。

b0214184_07002022.jpg

19時20分、ローマ通りにあるお目当てのレストラン(Osteria Nonna Dora)に到着。このお店はホテルのマスター一押しのお店でした。店内は新しく清潔で広々としていて、注文取りの女将さんもフレンドリーでした。

b0214184_07002418.jpg

イタリアに入って8日目、初めてアラカルトで本格的なコース料理にしました。女将さんは英語が話せませんが、お互いに身振り手振りで何となく理解が出来た感じでした。
最初は、赤ワイン(1.5ユーロ)と前菜のカポナータ(Caponata:4ユーロ)。カポナータは、シチリア島およびナポリの伝統料理。シチリアのカポナータは揚げナスの甘酢煮。初めてのお味でしたが、意外にも美味しかったです。

b0214184_07003441.jpg

最初のメーンデッシュは、ボロネーゼ(Bolonese:5ユーロ)。定番のパスタは文句なく美味しかったです。

b0214184_07003711.jpg

2番目のメーンメーンデッシュは、豚肉のソテー(Arrosto Alla Palermitan:6ユーロ)、美味しかったです。20時30分、ディナー終了。締めて16.5ユーロ(2100円)、大食いの自分でも食べきれないくらいの量の多さでした。これまで長い間生きてきましたが、食事に1時間10分を掛けたのは初めての経験。お勘定をお願いして、伝票が来たのが20分後の20時50分。シチリア時間かもしれません。とにかく、味、量とも大満足の食事でした。

b0214184_07004305.jpg

雨の中、ローマ通りを歩いて、ホテルに戻りました。途中、バラ窓が付いた珍しくシンプルなファサードの教会に出会いました。この教会(Chiesa anglicana)は、イギリス国教会の教会でした。

b0214184_07004505.jpg

21時過ぎ、ホテルに到着、4時間30分のパレルモの街歩きが無事終わりました。
当日にフェイスブックにアップした記事・・・

5月3日(木)パレルモは晴れ後雨、温暖。
Volotea1761便はバーリを定刻より25分遅れて11時50分に出航、シチリア島のパレルモに13時00分に着きました。
パレルモ空港からパレルモ都心まではシャトルバスを利用しました。所要時間は概ね40分、料金は6ユーロ、まずまずのアクセスでしょう。チェックインの時、予約の不備のため余計に30ユーロも支払わされたうえに、到着後、バケッジ・クレームで1時間も待たされました。
予約したホテルのマスターは実に快活で気の利く人でした。自分の明日の出航時刻を告げると、バスの段取り、観光名所の紹介、おススメのレストランを矢継ぎ早に説明してくれました。
16時30分にパレルモの街歩きを始めました。パレルモの街は不思議な形の山に囲まれた、古くからの歴史や文化が息づく街でした。地中海を久し振りに見ることもできました。観光のホットスポットはメーン通り同士が交差する「クワトロ・カンティ」とその周辺の旧市街でした。街歩きの終わりごろに、スコールがありました。何かついているなと思いました。
19時30分、マスターのおススメのレストランで夕食にしました。アラカルトでフルコースをオーダーしました。お隣のネイティブの年輩の夫妻は実にゆっくりと食事を楽しんでいました。せっかちな自分が食事に1時間を掛けたのは生まれて初めての経験でした。美味しかったです。食事の量も半端ないくらいの多さ、大食いの自分でも一杯一杯でした。お勘定をお願いして伝票が来たのが20分後、これがシチリア時間かもしれません。
明日は、パレルモ国際空港からヴェネツィアに向かいます。

翌日は、パレルモ国際空港からヴェネツィアに向かいました
以下、次号・・・

by camino0810 | 2019-02-20 20:54 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月3日(木)イタリア その60 パレルモ(4)

パレルモは、68万の人口を持つシチリア最大の州都。シチリアには、カターニャ、シラクーサなどのお馴染みの都市もあります。パレルモははっきりと旧市街と新市街が分かれた街で、観光スポットは旧市街に集中していました。
ルッジェッロ・セッティーモ通りを南方向に歩いて、パレルモの観光スポットが集中する旧市街を目指しました。ルッジェッロ・セッティーモ通りは派手な屋外広告のないスッキリとした街路で、ピンクの建物が目立ちました。伝統的な横目地の建物には、窓毎に凝ったヴェランダが付いていました。新しい建物はポルティコ風にして歩行通路を確保していました。

b0214184_05135582.jpg

ヴェルディ広場にあるマッシモ劇場はすぐでした。この劇場は、イタリア最大にして、ヨーロッパでも3番目に大きいオペラ劇場。ウィーンのオペラ座、パリのガルニエ宮のオペラ座に次いで、3番目に大きいオペラ座だとか。そういえば、クラシックの本家、本元はイタリアなのをすっかり忘れていました。

b0214184_21143432.jpg

この劇場は、1864年、パレルモ市長が1861年のイタリア統一を記念して国際コンペで調達した建物。ローマのヴィトリオとなんか共通したものを感じます。1897年完成の新古典主義様式設計はパレルモ出身の建築家、ジョヴァン・バッティスタ・フィリッポ・バジーレ。建築資材から内装に至るまで、殆どをシチリア産でまかなったとか。劇場のファサードは、古代ギリシア風の神殿、そういえば、パレルモNO2のポリテアマ・ガリバルディ劇場のファサードは凱旋門でした。新古典主義とはファサードに古代ギリシアの神殿や古代ローマの凱旋門など著名な歴史的建造物を設置する流儀のようです。

b0214184_21144636.jpg

時間がないので内観はスルー、内部はゴージャスなアールヌーボー様式だそうです。

b0214184_06083668.jpg
(出典 Wikipedia)

ルッジェッロ・セッティーモ通りがここからマクエダ通りと名前を変えました。道路幅が狭くなっていて、ホコ天にしてありました。

b0214184_21323321.jpg

路地裏のオロロージョ通りを歩いてみました。路地の向こうに見える尖塔はシチリア考古学博物館。この博物館は教会と一緒なっていました。この尖塔はこの教会のファサードでした。そういえば、ナポリのスパッカナポリでは大きな教会が博物館になっていました。公的な施設で古い建物の維持を図っている感じです。

b0214184_21334841.jpg


カヴール通りという幅広の大通りを海に向けて歩きました。通りの名前は、イタリア統一の三傑カヴールだと思います。バーリのカヴール通りもバーリを代表する大通りでした。写真右側(南側)が旧市街側、この建物はゴージャスな出窓を供えた横目地の建物。

b0214184_21493370.jpg

イタリア銀行パレルモ支店は、カヴール通りの北側の新市街に建っていました。風格のある横目地の建物で窓の造りはバーリのカヴール通りの伝統的な建物と似ていました。

b0214184_21431194.jpg

カヴール通りは新市街と旧市街の境をなす大通り、昔は城壁だったと想像します。これまで歩いてきたイタリアの街々にはリング(城壁)の一部かその痕跡が残されていました。パレルモも例に漏れず、その痕跡が通りと城門で残されていました。旧市街は不規則な街区形状ですが、新市街は碁盤の目になっていて、その境が大通りになっていました。バーリも同じでした。

b0214184_01103464.png
(出典 Google)

海辺には「Castello a Mare」(海の城という意味)の遺構が残されていました。エッジの利いた隅櫓や城門の一部が保存されていました。このお城は、バーリの旧市街にあった海城と同じ役割も持つ要塞だったようです。

b0214184_01074293.png
(出典 Google)

お城の城門の遺跡・・・

b0214184_01130528.jpg
(出典 Wikipedia)

「ラ・カーラ」という入り江に来ました。

b0214184_21554737.jpg

この入り江には沢山のヨットやプレジャーボートが停泊していました。素晴らしい水辺でした。

b0214184_21560898.jpg

地中海を見たのは、ナポリに続いて2回目、快晴に恵まれてラッキーでした。

b0214184_21561579.jpg

入り江の北側には小さい漁船も停泊、遥か北に大きな山が見えていました。

b0214184_21563653.jpg

入り江から旧市街に入りました。 タルツァナ広場の古めかしい建物脇を歩いていきました。

b0214184_21575069.jpg

迷路のような細い路地裏をクアットロ・カンティへ・・・生活感の溢れる下町でした。

b0214184_21575843.jpg

アルジェンテリア通りの野菜の露店・・・水ナスやアーティチョークも並んでいました。

b0214184_21580648.jpg

下町臭が溢れる Caracciolo広場・・・旧市街のこの一帯にディープなパレルモを感じました。

b0214184_21581936.jpg

ローマ通りとヴィットリオ・エマヌエーレ通りの交差点に出ました。ローマ通りは、パレルモ旧市街を南北に貫く大通りで、メーン通りのひとつ。風格のある横目地の建物が軒を揃えていました。

b0214184_06551155.jpg

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りは、パレルモの旧市街を東西に貫くメーン通りで、1861年、イタリアを統一した英雄ヴィットリオ・エマヌエーレ2世を讃えた大通りで、バーリと同じでした。この先は海。

b0214184_01144268.jpg

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りを山側(西側)に向けて歩いて行きました。

b0214184_01143977.jpg

お目当てのクアットロ・カンティはすぐでした。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-18 01:41 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月3日(木)イタリア その59 パレルモ(3)

15時10分、空港シャトル便は、パレルモ市内の中心地カステル・ヌオーヴォ広場に到着しました。道路を挟んで反対側のルッジェッロ・セッティーモ広場に格調高い円形の歴史的な建物が建っていました。

b0214184_20373114.jpg

旅先についてやるべき最初の大事な仕事は40Lのバックパックを予約したホテルに預けること。幸い、予約したホテルはシャトル便の発着所の近くで、歩いて行ける範囲にあるのは判っていました。
唯、何と言ってもパレルモの街自体が初めて。初めての場所で威力を発揮するGoogleの「MAP」が入っているスマホはナポリで掏られてありません。ナビが故障した車の運転みたいなもの、デジタルからアナログの世界に引き戻された訳で、地図とホテルの予約確認書に記載された住所で探すしかありません。
ホテルの住所『Via Principe di Belmonte, 102, Palermo PA, 90139イタリア』は、プリンチペ・ディ・ベルモンテ通り102番地、PAは「パレルモ県」、90139は郵便番号。
実は、この住所表記は大変な便利なやり方でした。通りさえ特定できれば、後は規則的に発番された番地を簡単に探すだすことができます。通り名の標識は交差点の角々の目につく建物の壁に必ず貼ってありました。日本の「〇丁目、△番地、✕号」表記より優れた方法だと感じました。

お目当てのプリンチペ・ディ・ベルモンテ通りは、歩行者専用の大きな通りで中央に緑地帯が付いていました。

b0214184_20391432.jpg

ホテルの住所の建物にホテルの看板は見当たりません。1階が店舗になった雑居ビルで、大きな扉が付いていました。

b0214184_20411404.jpg

この建物は間違いなくプリンチペ・ディ・ベルモンテ通り102番地、入り口に「102」と表記されていました。このホテルは、フィレンツェの2つ星ホテルと同じで、雑居ビルの住居部分をホテル用に改造したホテルだと気付きました。

b0214184_20412051.jpg

15時30分、建物の中に入って、二重扉の旧式エレベーターでフロントまで上がって、チェックインしました。荷物を部屋に置いて、受付の女性スタッフにパレルモのお勧めの観光スポットやレストランを尋ねましたが、英語のやり取りが上手く行きませんでした。結局、彼女は、マスターを呼びました。

b0214184_20331747.jpg

ホテルのマスターは実に快活で気の利く男性でした。明日のヴェネチア行きの飛行機の出航時刻を告げると、空港行きバス乗り場、時刻、観光名所、おススメのレストランをパレルモの地図に記入して、英語で矢継ぎ早に説明してくれました。

b0214184_20541485.jpg

気になる仕事を片付けておく必要がありました。それは、明日のヴェネツィア行きのLCCのライアンエアーのオンラインチェックインを事前に済ませておくこと。持参のモバイルからライアンエアーのサイトに入って、無事、チェックインを終えてホッと一安心できました。サイトの案内には、事前のチェックインが完了していない場合、50ユーロの追加料金が必要だと書かれていました。

b0214184_21025027.jpg

おススメの観光スポット、レストランの情報を得て、16時30分、ようやくパレルモの街歩きを始めました。バゲッジクレームの荷物待ちで1時間をロスした影響は大きかったです。日暮れの20時までに残された時間は、3時間30分、十分とは言えませんが、パレルモの核心部は何とか歩けると思いました。

b0214184_20330141.png
(出展 Google)

空港行きのバス停があるルッジェッロ・セッティーモ広場に行って、明日のバスの段取りを確認しました。広場の奥にあるポリテアマ・ガリバルディ劇場は、マッシモ劇場に次ぐパレルモで2番目に重要な劇場。凱旋門とパンテオンがセットになった感じの珍しい建物でした。着工1865年、完成1891年。建築様式は新古典主義。1882年に亡くなったイタリア建国の英雄ジュゼッペ・ガリバルディにちなんで命名されたとか。ガリバルディは保守反動の両シチリア王国を滅ぼし、ヴィトリオ・エマヌエーレ2世に献上した英雄、ナポリのみならずパレルモでも人気が高かったようでした。

b0214184_20393901.jpg



b0214184_21421940.jpg

反対側のカステル・ヌオーヴォ広場・・・

b0214184_20402423.jpg

広場の横目地の建物・・・

b0214184_21403997.jpg

空港行きのバス乗り場で時刻表を確認、発車間隔は30分おきでした。

b0214184_20395876.jpg

シチリア島とはどんな島なのか、その歴史や文化はどうなっているのか。
いつものことですが、そんな知識も乏しいままに街歩きを始めました。本来は下記の内容を一応理解してから歩くべきだったと反省しています。
ザックリいうと、パレルモは古代ギリシアの衛星都市から始まる2000年を超える古い歴史を持つ街で、ナポリと同様、長い間複数の外国人の支配を受けてきた受難の歴史を持ち、イスラム文化とキリスト教文化が融合した特異な街という感じです。パレルモの黄金時代は、13世紀ドイツ人の国王時代だったとは驚き。フリードリッヒ2世は、教養の高い英明な人だったようです。
これまで歩いてきたイタリアの街の歴史を概観すると、元気があったのは中世まで。それ以降は他国の支配の受けてきた辛い歴史があり、19世紀後半のビットリオエマヌュエーレ2世のイタリア統一でようやく主権国家を取り戻すことができたという感じです。

【シチリア(英語表記)Siciliaデジタル大辞泉の解説】

イタリア半島の南にある地中海最大の島。レモン・オレンジ・アーモンドなどを産する。古代からギリシャ・カルタゴ・ローマ帝国などの支配を受け、1861年にイタリア王国に編入された。面積約2万5500平方キロメートル。英語名シシリー。
シチリア島と周辺島嶼からなるイタリアの自治州。経済面で北部諸州に遅れをとるが、独自の文化があり、農産物が豊かで観光客を集める。アグリジェント県・エンナ県・カターニア県・カルタニセッタ県・シラクサ県・トラパニ県・パレルモ県・メッシーナ県・ラグーザ県がある。州都はパレルモ。

【地球の歩き方2018~2019】

『イスラム文化とキリスト教文化の融合した島』
東にギリシア、フェニキア、南にカルタゴ、アラブ世界を控えたシチリアは地中海文明の十字路に位置している。最初にこの島を支配下のは、都市国家造りのために、ギリシア本土からやって来た古代ギリシア人だった。マーニャ・グレーチャ(大ギリシア)の一部を形作る都市国家がシチリア各所に築かれた。
次にやって来たのはカルタゴ人。そしてローマ人。8世紀には北アフリカのアラブ人。アラブ人はシチリアにアーモンドとオレンジを持ち込んだといわれている。
11世紀には、十字軍のノルマンディー騎士団を構成するノルマン人(北の人の意味)がやってきてシチリア王国を創り、ノルマン、ビザンチン、イスラムの三様式の共存を唱えた。次にシチリアを支配したのは、何とドイツのホーエンシュタウフェン家であり、ハインリッヒ6世からフリードリッヒ2世(1194年~1250年)に王位が継承された。
さて、フリードリッヒ2世は、ドイツ国王とシチリア国王を兼ね、神聖ローマ帝国の皇帝であったがパレルモにも居を定めた。彼の統治下、パレルモの黄金時代が訪れる。アラブ人もノルマン人もパレルモに都に定めたが、この時期のパレルモは、今までの都とはひと味もふた味も違っていた。ヨーロッパ中から詩人や音楽家が集まり文化の花が咲く一方、官僚制を整え裁判権を集中させ、政治的にも安定した。自ら詩作も楽しんだフリードリッヒは、近隣の地アフリカの国々とも友好関係を維持し、首都パレルモには王宮を中心とした国際的な文化が開花した。
そして、フランスのアンジュー家の支配に続き、13世紀から19世紀の間は、アラゴンをはじめスペインの圧政下にあった。スペイン支配の下では、一種の植民地として、財政的な収奪が行われ、農民たちの反乱や蜂起は力で抑えられた。強権的なこの支配に対抗するため、今日のマフィアの伝統や組織が生まれたといわれる。さまざまな支配の下で、力強く育ったシチリア人は、逆境に強く、頑固な性格を持っている。イタリアの北と南で人種が異なるのはよくいわれることだが、シチリア人は、そのどちらにも属さない独特の性格もった人々でもある。

ルッジェッロ・セッティーモ通りを南方向に歩いて、パレルモの観光スポットが集中する旧市街を目指しました。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-12 22:24 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月3日(木)イタリア その58 パレルモ(2)


ボロテア1761便はバーリ国際空港を定刻より25分遅れて11時50分に出航、シチリア島のパレルモに13時00分に着きました。

b0214184_11285591.png
(出展 Google)

バーリ国際空港に駐機中のフラッグキャリアのルフトハンザ機・・・

b0214184_11090843.jpg

ボロテア1761便は、ピンクのチェック柄の尾翼がセールスポイント。

b0214184_11091498.jpg

機内から見た出発ゾーン・・・

b0214184_11095853.jpg

ボロテア1761便はパレルモを目指して離陸しました。

b0214184_11103611.jpg

バーリ郊外には、豊かな緑の中に住宅地が広がっていました。

b0214184_11111568.jpg

地中海上空・・・

b0214184_11113204.jpg

ジェット機は高度を下げ始めて着陸の準備に入りました。シチリア島の急峻な山が見えてきました。

b0214184_11120508.jpg



b0214184_11123122.jpg

生憎の曇り空ですが、空港脇にそびえる、魁偉な形をしたこの山は強く印象に残っています。

b0214184_11130268.jpg

ジェット機は、パレルモ国際空港に20分遅れて13時00分到着。

b0214184_11143668.jpg



b0214184_11143995.jpg



b0214184_11151295.jpg

バスで到着ロビーに向かいました。

b0214184_11153553.jpg



b0214184_11155843.jpg

ボロテア1761便は、B717型で25✕5席の125人乗りの中型ジェット機でした。

b0214184_11160027.jpg

ターミナル脇の車寄せ・・・

b0214184_11163115.jpg

バゲッジクレームで1時間待たされました。40Lのバックパックを客室の収納持ち込みにしておけば無駄な時間を掛けずに済んでいたでしょう。14時30分発のパレルモ市内行きのシャトル便に乗車。料金は往復で11ユーロ(1400円)とリーズナブル。

b0214184_11163470.jpg

この空港と市内の距離は概ね30km、アクセスに問題ありかもと思えましたが、所要時間は概ね40分とまずまずのアクセスだと思います。

b0214184_11491008.png
(出展 Google)
車窓の風景・・・海からすぐ近くまで山が迫っていました。イタリア本土とは全く違った特異な風景でした。

b0214184_11172828.jpg


b0214184_11173372.jpg


b0214184_11175589.jpg

パレルモの山々は相当古い地層のように思いました。露頭は堆積岩で層理面が傾斜していました。

b0214184_11180304.jpg

シャトル便は、パレルモ市内の中心地カステル・ヌオーヴォ広場に15時10分に無事到着しました。カステル・ヌオーヴォは「新しい城」という意味合い。ナポリ港にもカステル・ヌオーヴォ城という巨大な要塞がありました。美味い具合に青空が戻ってきました。

b0214184_11192617.jpg

40Lのバックパック、30Lのデイパックを抱えて、予約したホテルまで歩いて行きました。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-10 13:29 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月3日(木)イタリア その57 パレルモ(1)

今日は、バーリ国際空港11時25分発ボロテア1761便でシチリア島の州都パレルモに向かいました。パレルモ国際空港着は、12時40分、1時間余りのフライトでした。ボロテア (Volotea) は2011年創設のスペインの格安航空会社。
7時、ホテルの朝食、バーリでも青物野菜のない朝食でした。

b0214184_05573665.jpg

3階のホテルの部屋から見た表通り・・・

b0214184_05574538.jpg

新しい建物では上げ下ろし式の窓のシャッター。

b0214184_05575959.jpg

三ツ星のホテルでしたが、清潔で快適なお部屋でした。

b0214184_05580744.jpg


b0214184_05581006.jpg

8時15分、ホテルをチェックアウト。空港行きのシャトルバスはバーリ中央駅から出発しました。

b0214184_05582699.jpg

チケットは運転手さんから購入。4ユーロ(520円)はリーズナブル。

b0214184_05584158.jpg

空港行きのバスは、8時30分出発。この日は生憎の小雨、イタリア入りして初めての雨でした。渋滞した市内を抜けるのに20分ほど掛かりました。バーリ国際空港着は予定より10分遅れて9時10分、都心から概ね10km、アクセスの良い空港でした。

b0214184_07114340.jpg

バーリ郊外の地図には意外なものがありました。一つ目は、ピトントという都市の環状線SP218、この環状線の真円度の高さには呆れました。直径は5.5km、イタリアにはまだ土地の余裕があるのか、用地買収がしやすい環境があるようです。もうひとつは、2つの河川が断流状態にあること。イタリアの大半は「夏季少雨」、「冬季多雨」の地中海性気候。バーリの年間平均降雨量は560mm、乾季の5月でも30mm/月があります。中部地方の大井川や天竜川には発電専用ダムが沢山設置されてはいますが、一定の維持流量を流下させており、冬場でも断流した事はないと思います。断流の理由は何か?川の上流に発電用や農業用のダムでもあるのかと思って地図を見ても見当たりません。地下水を沢山汲み上げで水循環を変えた結果なのかもしれません。

b0214184_07573619.png
(出展 Google)

b0214184_10004984.jpg

郊外の高層住宅群・・・

b0214184_07125993.jpg

空港のターミナルビルに到着。

b0214184_07141442.jpg

バーリ国際空港は長さ3kmの主滑走路1本の空港でした。お隣の小さい滑走路は昔の空港、現在は、軍事利用かもしれません。これまでイタリア各地の地図を見てきましたが、ラウンドアバウトは随分と普及している感じです。

b0214184_06521086.png
(出展 Google)

雨のバーリ国際空港・・・。

b0214184_07143942.jpg

車寄せ・・・

b0214184_06554471.jpg

出発ロビーにあるカフェで、カプチーノ1.7ユーロ(220円)を飲みながら時間潰し。この時にフェイスブックにアップした記事・・・

5月3日(木)バーリは小雨、温暖。
イタリア旅行も後半を迎えました。
今日は、バーリ国際空港からシチリアのパレルモに向かいます。
これまで、高気圧とともにイタリアを歩いてきました。観光当日は晴れて、翌日の出発日にお天気が崩れるという幸運が付いてきました。流石に、パレルモでは雨に遭いそうな感じです。
Volotea1761便はバーリを11時25分に出航、パレルモに12時40分に着きます。

b0214184_06564524.jpg

10時25分にチェックインカウンターへ。窓口で印字した予約確認書を提示したら、スタッフにNGを出されました。
スタッフ 「ボロテアはオンラインチェックインがルール。あなたの予約確認書は使えません」
自分   「これまで印字した予約確認書で問題はなかった。何とかならないの?」
スタッフ 「なりません」
自分   「どうすればいいの?」
スタッフ 「30ユーロの支払いを追加すればOKです」
自分   「仕方ないけど、そうします」
迂闊でした。LCCは、オンラインチェックインによる省人化で低料金での提供を可能にしているようです。フラッグキャリアはネットで予約した予約確認書でOKでしたが、知識不足でした。諦めて、カードで30ユーロ(3900円)を支払いました。予約した料金40ユーロに30ユーロが加算され、70ユーロ(9100円)。何のためのLCCは判らなくなりました。

b0214184_06555536.jpg

出発便の一覧を見ると、行き先は国外のマドリッド、モナコ、国内はローマ、ミラノ、目的地のパレルモ。航空会社はフラッグキャリアのアリタリア、ルフトハンザとLCCのライアンエアー、イージージェット、ボロテアなど。

b0214184_06542282.jpg

小便器は脚なし型。

b0214184_06562987.jpg

10時40分、再チェックイン完了。40Lのバックパックは、客室持ち込みにぜす、機内預けにしました。この選択が大失敗でした。10時45分、搭乗ロビーに到着、手荷物検査は緩めでした。手荷物を入れる篭は、勾配の付いたレール上を移動して、自動で入り口に戻る仕組み、気の利いたやり方でした。

b0214184_07050251.jpg

Volotea1761便はバーリ国際空港を定刻より25分遅れて11時50分に出航、シチリア島のパレルモに13時00分に着きました。

b0214184_06583767.jpg

ジェット機はパレルモ空港に向けて出航しました。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-10 09:52 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月2日(水)イタリア その56 バーリ(5)

サン・二コラ教会の城壁を抜けると、アドリア海でした。初めて見たアドリア海の水は青く澄んでいました。川屋を自称してはいますが、よく考えると、海辺も川辺も同じウォーターフロント、水辺は水辺に変わりありません。アドリア海を大河川と置き換えてこの水辺を考えてみました。この水辺の優れた点は、とにかく、水辺のアクセスが文句なしに良いことでした。海面と陸地の段差が小さいので水域と陸域の連続性が高いのがいいなと思いました。

b0214184_05181613.jpg

散策路からの眺望は実に広々としていて快適でした。歴史を感じさせる風格のある街灯、腰の低いパラペット、タイル舗装された歩道、凝った木製ベンチなどのパーツへの気配りも感じました。パラペットを低く抑えてベンチからの広い視点場を確保しており、よく考えられたデザインだなと感じました。

b0214184_05203210.jpg

バーリ旧市街の東側には城壁がしっかり残っていました。

b0214184_05060414.png
(出展 Google)

東の隅にはエッジの利いた隅櫓みたいな要塞もありました。城壁の高さは、一様ではないものの、概ね8mはある感じでした。

b0214184_05121885.png
(出展 Google)
ナポリのサンタ・ルチア港で「卵城」という海辺の要塞を見ました。
https://camino0810.exblog.jp/29191760/
バーリの旧市街を巨大化した「卵城」だと考えると意外にも納得した気分になりました。この旧市街は、長崎の軍艦島みたいなもので、堅固な城壁に囲まれた要塞だったと考えていいかもしれません。

b0214184_05524741.png
(出展 Google)

城壁脇の外周道路に沿って歩きました。この道路も中世は海だったと想像します。城壁の向こうに尖塔が見えました。鐘楼か監視塔ではないかと思います。

b0214184_21001021.jpg

教会みたいな建物に上がれる階段が見えたので、この階段を登って再び旧市街に入りました。

b0214184_21002011.jpg

サンタ・スコラスティカ教会とその建物を利用したサンタ・スコラスティカ考古学博物館でした。お隣の遺構の調査もしているようです。教会の向かいの3階建ての建物はB&B、こんな場所で一日のんびり過ごすのも悪いはないでしょう。

b0214184_21002808.jpg

ヴェネツィア通りに面した旧市街の様子・・・写真左の建物がB&B。この一帯は最初に見た場所より新しくお洒落な感じで、どこかアットホームな気分を感じます。

b0214184_21003112.jpg

ここからアドリア海と新市街が良く見えました。

b0214184_06011330.jpg

旧市街の外周道路を歩いていきました。旧市街の最北端にあるサンタ・スコラスティカ考古学博物館のファサード・・・

b0214184_21004385.jpg

旧市街の西側まで来ると、バーリ港でした。

b0214184_21005137.jpg

大型の観光フェリー船が停泊していました。ナポリ港には15万トンの巨大クルーズ船が停泊していましたが、バーリ港には2万トンクラスの観光フェリー船が停泊中でした。

b0214184_21005912.jpg

調べると、この船はイタリア船籍のAF Francesca号(AFフランチェスカ)、長さは148m、幅25m、総トン数 20,000トン、乗客定員2000人、客室数300、ベッド数860。

b0214184_06391144.jpg
(出展 http://www.adriaferries.com)

別の船は、キプロス船籍のMSリゲルIII号。総トン数 16,000トン、長さ136m、幅 24m 。定員1600人。

b0214184_21010782.jpg


b0214184_13405007.jpg
(出展 wikipedia)

フェリーターミナルは風格に溢れた2階建てのピンクの建物。バーリ中央駅と似た感じです。

b0214184_21012198.jpg

旧市街西側にあるお城まで戻ってきました。

b0214184_21012952.jpg

このお城は窓もない随分と無愛想なお城でした。

b0214184_21014147.jpg

お城の空堀とエッジの利いた隅櫓・・・

b0214184_21014912.jpg

お城脇のジュゼッペ・マッサリ広場を歩いていきました。かつてはこの広場も海だったのではないかと想像します。

b0214184_14060563.jpg

バーリの新市街は都市計画に基づいた碁盤の目、斜めの大通りフランチェスコ・クリスピ通りを西方向に歩きました。

b0214184_14410000.png
(出展 Google)

ヴィットリオエマニュエーレ2世大通りの終点はガリバルディ広場公園でした。マッツィーニ以外のイタリア統一の英雄たちが勢揃いした街の造りでした。

b0214184_14443706.jpg

ガリバルディ広場公園では年金暮らし?の人たちがカードゲームに熱中。

b0214184_14444415.jpg

フランチェスコ・クリスピ通りを西の方に歩きました。

b0214184_14475151.jpg

おもちゃ屋さん・・・スパイダーマンやアナ雪が売れ筋。

b0214184_14495506.jpg

南北方向のエットーレ・フィエラモスカ通りを南に・・・このあたりは、中流階級のアパートという感じ。ナポリでもよく見たベランダと緑のシャッター。都心の便利な場所で職住近接の生活とは羨ましい限り。路上駐車が許可されている感じでした。

b0214184_14543497.jpg

東西方向のプリンチベ・アメデオ通りのアパート群、スカイラインはそれなりに揃えてありました。
バーリの新市街はどの街路も似通っていて識別のできない街でもありました。アパートには同じようなベランダと同じような緑か茶色のシャッターが付いていました。新市街は、ナポレオンの義弟でフランス人のミュラ(1767年~1815年:フランスの軍人、元帥。ナポリ王国の国王)の都市計画により造られた街だとかで、建物の仕様や用途地域まできっちり決められていたのかもしれません。
とにかく、これまで国内外の街を沢山歩いてきましたが、これだけ均一な顔をした街は初めてでした。

b0214184_14570331.jpg

ドメーニコ・ニコライ通りのピンクの建物群。右側はスーパーマーケット、ここも路上駐車はOKみたいです。

b0214184_14582842.jpg

バーリの街でもコンビニらしきお店は見掛けませんでした。キオスク風の雑貨屋さんがコンビニ替わり。

b0214184_15010177.jpg

駅前広場まで戻ってきました。この通りは幅広の大通りでバーリの最も繁華な場所ですが、オープン・カフェが一軒も見当たらない不思議さを感じました。通りの向こうはバーリ中央駅。駅前広場で明日の空港行きのバス停の場所と発車時間を確認しました。

b0214184_15032873.jpg

バーリは長い間ナポリ公国(両シチリア王国)に属した街でした。バーリの新市街がナポリに似ているのも考えてみれば当たり前。駅前の大きな公園は「ウンベルト1世広場」という名前が付いていました。ウンベルト1世はヴィトリオ・エマヌエーレ2世の子供で、ナポリの大通りの名前にもなった国王でした。
駅前公園(ウンベルト1世広場)のお寿司さん『Hanami』・・・pranzo(ランチ)19.9ユーロ(2600円)、cena (ディナー)23.9ユーロ(3100円)、お寿司は高級料理。このおすし屋の口コミ情報を読むと、バーリの人気店のようでした。
『(Google による翻訳) 優れた品質の時に用意された新鮮な食材、非常に迅速なテーブルサービス。それは価値がある、素晴らしい寿司!私は他の誰とも変わらない!。』

b0214184_20395472.jpg

ご飯が恋しくなっても、お寿司は高くて手が出ません。駅前をあちこち歩き回って中華を探しましたが、見つけられず、18時、夕食はケバブのお店にしました。

b0214184_15035915.jpg

ケバブライス3.5ユーロ、水1ユーロ、コーラ1.5ユーロ、しめて6ユーロ(780円)とリーズナブル。おいしかったです。

b0214184_15040548.jpg

19時、ホテルに戻り。4時間半のバーリの街歩きは無事終了しました。
当日にフェイスブックにアップした記事・・・

5月2日(水)バーリは晴れ、暑い。
ナポリ駅前からプルマンという長距離バスに乗車してバーリまで来ました。ナポリ駅前発10時45分、バーリ駅前13時45分着。高速道路を300kmくらい走りました。トイレ休憩なしでノンストップで3時間、電車より便利だと思いました。
イタリアは山あり谷ありで起伏があるせいか、風景はなんとなく日本的。車窓の新緑がなかなか快適でした。それでもバーリに近づくと平原になり、一面のオリーブ畑とブドウ畑でした。
駅前ホテルに14時過ぎにチェックイン。14時30分街歩きスタート。19時ホテルに戻り、夕食のケバブご飯が旨かったです。
バーリはイタリア南部のアドリア海に面した州都で人口30万の港湾都市、碁盤の目の新市街と不規則な狭い路地の旧市街がキッチリと分かれた街でした。旧市街の迷路のような狭い路地に面した建物のベランダには洗濯物が干していて、なんかナポリと似ていました。
初めてアドリア海を見ることができました。これまで、イタリアの大賑わいのメジャーな観光都市を歩いてきたので、久し振りにゆったりした地方都市のバーリでノンビリできて良かったです。
明日は、バーリ空港からシチリア島のパレルモを目指します。

翌日は、バーリ空港からLCCでシチリアのパレルモ空港に向かいました。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-05 20:17 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月2日(水)イタリア その55 バーリ(4)

ヴィットリオ・エマニュエーレ2世大通りを右折して、お城の方に歩いて行きました。お城の前にいきなり旧市街が現れました。新市街のピカピカの建物とは間逆な、古めかしい不思議な建物がずらりと並んでいて、200年くらい前の世界にタイムスリップした気分でした。

b0214184_05470890.jpg

バーリの旧市街は東西600m、南北800mの縦長の敷地に固まっていました。北、東、西はアドリア海、南側が新市街と陸続き。南側はヴィトリオ・エマヌエーレ2世大通りでした。
これまで観てきたイタリアの街にはすべて城壁やその痕跡が揃っていました。街の地図を最初に見るとき、城壁を探すのが癖になってきました。バーリの旧市街は三方の海で囲まれた、外敵から守りやすい地形を選んで立地した感じです。今回のイタリア旅行の最終目的地ヴェローナはバーリと同様に三方を川で囲まれた中規模の都市で、南側の陸続きの部分には城壁が残っていました。
バーリの街の地図を見ると、東側の外周部には城壁が残されていました。西側にあるお城は、創建時にはナポリの卵城みたいに海に面した海城だったのではないかと想像します。気になる南側は、現在、ヴィトリオ・エマヌエーレ2世大通りですが、この通りは旧市街と新市街の境界。普通に考えれば、城壁は閉じて初めてその効果が発揮される訳で、この通りは城壁を壊して大通りに造り替えたのではないかと想像します。

b0214184_06223292.png
(出展 Google)

広場の端にあった建物のトンネルを潜りました。建物は白いペンキで塗ってあり、何かギリシア風、日差しがきついのかもしれません。この日は暑かったようで窓を開け放っています。洗濯物が堂々と干してあり、何処か別の国に来た気分になりました。

b0214184_05505018.jpg

旧市街は狭い路地が迷路のように不規則に繫がっている別世界、初めて経験する異次元の世界でした。

b0214184_05533519.jpg

路地裏で貝殻型のパスタを乾燥させていました。流石にパスタの本場イタリアです。

b0214184_05533074.jpg

建物の1階に通路を空けるやり方は、ローマ、ナポリでもよく見ました。狭い土地を有効利用するには優れたやり方です。日本では認められていないみたいですが、こうすれば、通路の上の空間を有効利用できるのは間違いありません。

b0214184_06022481.jpg

洗濯物を干してある路地の幅は2mもありません。余計なお世話かもしれませんが、火事が心配です。

b0214184_05543856.jpg

中庭みたいな広場に出ました。窓を開けて風を入れている様子でした。生活感が感じられる独特の気分があります。

b0214184_06024398.jpg

再び、お城に戻りました。大きな赤い石でできたお城で、防御能力は高い感じでも建物は窓が少なく無愛想。ノルマンの時代(11世紀)に創建、フリードリッヒ2世の統治下(13世紀)に再建。16世紀に堡塁と本丸が付け加えられたそうです。幅広の歩道脇の転落防止策の高さを低く抑えているのが気が利いているなと感じました。

b0214184_06035999.jpg

3ユーロ(390円)の入場料を払って、お城の中に入って見ました。遺構が展示されていました。

b0214184_06054826.jpg

このお城は変則4角形。建物の隅櫓、城壁の隅の出っ張りは、死角を無くし見通しを確保し、戦時には敵に十字砲火を浴びせることができます。このお城の城壁のエッジの利いた隅角部は、旧市街の東側の城壁とよく似ていました。

b0214184_06043272.jpg

お城の中庭・・・シンプルでした。

b0214184_06054484.jpg

階段を登って展示館の中に入って見ました。バーリ大聖堂のファサードの彫像を展示されているそうです。聖母マリアとキリスト、下の人たちは、12使徒でしょうか。

b0214184_06061444.jpg

上は聖母マリアとキリスト、天使。下の人たちは、キリストと12使徒でしょうか。

b0214184_06463676.jpg

ジオラマ・・・写真右側の城壁は海に接していました。かつてこのお城の西側は海だったことになります。現在は埋め立てられて道路になっていました。

b0214184_06064433.jpg

お城を後にして、バーリ大聖堂の参道を歩いて、大聖堂に向かいました。

b0214184_06070517.jpg

大聖堂のファサードはシンプル、バラ窓が付いていました。建築様式は典型的なプーリア・ロマネスク様式だとか。12世紀着工、1292年完成。バーリが十字軍遠征の中心都市だった時代の建造。

b0214184_06125477.jpg

バーリ大聖堂はルール通り、空から見ると十字架の形をしていて、ファサードは西側にありました。

b0214184_04372822.png
(出展 Google)

東側の祭壇と鐘楼。

b0214184_06155863.jpg

この大聖堂は、バーリ教区の司教座教会ですが、珍しいことに内部は極めてシンプルでした。十字架の交点のドームの真下に祭壇を置いていました。屋根は木製でした。

b0214184_06161265.jpg

旧市街の北側を歩いてサン・ニコラ教会を目指しました。カルミネ通りのカフェで一休みしました。1ユーロ(130円)のエスプレッソは美味しかったです。

b0214184_06494331.jpg

クロチアテ通りも狭い路地ですが、お土産物屋さんが並んでいました。

b0214184_06500138.jpg

路地裏通りを抜けると、サン・ニコラ教会の広場に出ました。バーリの守護聖人サン・ニコラを祀る教会。サン・ニコラはサンタクロース伝説を生んだ聖人だとか。建築様式は、ロマネスク。1089年着工、1197年完成。工期は108年。

b0214184_06500712.jpg

旧市街の東側を取り巻く城壁を潜り抜けました。振り返り見たサン・ニコラ教会、イルミネーションの用意ができていました。

b0214184_04545120.jpg

アドリア海はすぐでした。初めてアドリア海を見ました
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-04 05:06 | イタリア | Comments(0)  

2018年5月2日(水)イタリア その54 バーリ(3)

高速バス、プルマンは定刻13時45分にバーリ中央駅の駅裏のバス停に到着しました。駅の地下通路を歩いて表の駅前広場に出ました。
バーリ中央駅のファサードはこじんまりとはしていましたが、これまで観てきたイタリアの建物の特徴を備えていました。多分、バロック様式の建物ではないかと思います。淡いピンクもいい感じでした。

b0214184_06035123.jpg

最初の仕事は駅の近くに予約したホテルにチェックインして、重い40Lのバックパックを降ろして身軽になること。

b0214184_14055487.png
(出展 Google)

ナポリでマストアイテムのスマホを掏られたので、ホテルの住所に記載された通りを探して歩きました。イタリアもそうですが、欧州の住所表記は日本と違って通リ名に地番が記載されています。「Via L.Zuppetta,10」と記載されたズッペッタ通りを探しました。イタリアの街では交差点の角に必ず通り名が記載された標識が付いていました。

b0214184_06040857.jpg

跨線橋を潜ると、ホテルの看板が見つかりました。

b0214184_06292188.jpg

ズッペッタ通りのホテルは割と簡単に見つかりました。ミラノ旧市街の曲がりくねったホテルを探し出すのは一苦労でしたが、バーリのホテルは新市街にあり、街割りは碁盤の目のように規則的。ホテルの建物はピンクでした。

b0214184_06041290.jpg

そもそも、バーリという街はどんな街なのか。全く予備知識がありません。
唯、地図を見た途端、非常に判り易い街だなと感じました。バーリはイタリア南部のアドリア海に面した州都で人口30万の港湾都市、碁盤の目の新市街と不規則な狭い路地の旧市街がキッチリと分かれた街でした。

「地球の歩き方2018~2019」

バーリには、ふたつの町がある。ひとつは、ブーリア州の首都として南イタリア最大の商工業都市である新市街。ナポレオンの義弟であった啓蒙思想家のミュラによって、都市計画に基づいて造られた町だ。道路は広く、碁盤の目のように交差している。バーリにはもうひとつの町は、北側に広がる旧市街だ。小高い丘の町である旧市街の坂道には、民家が建て込み迷路のようだ。旧市街の中心にはカテードラーレCattedraleが、北側には町の守護聖人を祀るサン・ニコラ教会SanNicolaがある。東側(西側?)の城Castellaはノルマンの王フリードリッヒ2世の手により建設された。

Wikipedia・・・

バーリ( Bari )は、イタリア共和国南部の都市で、その周辺地域を含む人口約32万人の基礎自治体(コムーネ)。プッリャ州の州都であり、バーリ県の県都である。
アドリア海に面した港湾都市であり、東地中海の国々と広範囲な貿易をおこなう商業の一大中心地である。サンタクロースのもととなった聖人ニコラオス(聖ニコラ)ゆかりの地として巡礼地ともなっている。
バーリの旧市街は岬にあって新旧の港をわけている。ここにサン・ニコラ聖堂(11~12世紀)と大聖堂(12世紀後半)という2つのロマネスク様式の教会がある。隣接する平野には新市街がひろがり、1924年創立のバーリ大学がある。
バーリは古代にはバリウムと呼ばれた。もとはギリシャの植民地で、後にローマの商業の中心地となった。その後はランゴバルド族、東ローマ帝国の支配を受けた。1071年、ノルマン人によって征服されたことで、東ローマ帝国の南イタリア支配が終わり、12世紀前半に成立したシチリア王国の統治下におかれた。第二次世界大戦中はイタリア海軍の主要な基地となったが、1943年9月には連合国軍に占領された。同年12月2日にドイツ空軍によって空襲が行われ、港湾施設などに多大な被害を受けた。

予約した駅前ホテルに14時10分チェックイン、14時40分街歩きスタート。
新市街を抜けて、北側(海側)の旧市街を目指して歩いていきました。歩行者専用の跨線橋は石造りの風格に溢れた橋でした。

b0214184_19440152.jpg

跨線橋に上ってみました。バーリ中央駅のプラットフォームはセパレート式、イタリアの駅は日本と似た感じです。

b0214184_19441374.jpg

線路脇の工業高校は、ピンクのバロック様式。1階は横目地、2階以上の窓には小さな屋根というか庇が付いていて、バーリにはこの手の建物が目立ちました。

b0214184_19462656.jpg

カヴール通りはバーリの新市街を南北に走るメーン通り。カヴールはイタリア統一の三傑のひとりだと思います。建物は真新しく、スカイラインも揃えられていました。

b0214184_19465788.jpg

真四角刈りこんだ街路樹には驚かされました。フランス人も同じように街路樹を四角や丸に剪定します。ラテン系の人たちの自然観は日本人のそれとは別物。

b0214184_06005667.jpg

脇道にもピンクのバロック様式の建物。

b0214184_19491710.jpg

カヴール通りをどんどん海の方に歩いて行きました。歩道の幅は5mくらいあって快適に歩けました。

b0214184_19495378.jpg

この建物もバロック様式の建物だと思います。装飾的な窓の小屋根やベランダで風格のある気分を出していました。スカイラインも綺麗に揃っています。

b0214184_19502596.jpg

ペトルツェリ劇場は、バーリで最大規模の劇場、イタリア第4位の大きな劇場とかで1903年完成。火災で屋根が焼けおちたとか。

b0214184_19505075.jpg

調べると、内部はゴージャスなオペラハウスでした。

b0214184_20502289.jpg
(出展 Wikipedia)
幅広の中央分離帯を北に歩きました。

b0214184_19522521.jpg

イタリア銀行バーリ支店・・・バーリは南イタリアの州都、大手銀行の支店もあります。

b0214184_19535330.jpg

商工会議所は淡いクリームのバロック様式。

b0214184_19541435.jpg

カヴール通りの最北端まで来ました。棕梠の樹とベンチ。

b0214184_21045606.jpg

マルゲリータ劇場・・・バーリは劇場が多い芸術の街かもしれません。

b0214184_19545005.jpg

ヴィトリオ・エマヌエーレ2世通りはバーリの東西の基幹道路。イタリア統一の英雄はイタリアの至る所に登場します。この大通りの歩道も幅広で、大きな棕梠の街路樹がずらりと並んでしました。

b0214184_19550799.jpg

ちょうど、フェスティバルのイルミネーションの準備中でした。

b0214184_19545973.jpg

大きな脇道は、趣向を凝らしたお洒落な街路でした。

b0214184_19563268.jpg

道路の入り口に大きな移動式の照明灯を置いていました。歩行者天国にして、人中心の街路にしてありました。車道に椅子代わりのブロックを沢山並べていました。

b0214184_05341222.jpg

ヴィトリオ・エマヌエーレ2世通りの幅広の歩道を歩いて行きました。馬のオブジェが置いてありました。

b0214184_19553801.jpg

バーリ県庁はピンクのバロック様式。

b0214184_21221288.jpg

通りの反対側の市役所は、ピッチーニ劇場と一緒の建物。ピッチーニはバーリ出身の音楽家。バーリは音楽も売りにしている街のようです。

b0214184_19554432.jpg

ニコロ・ヴィート・ピッチーニ(Niccolò Vito Piccinni、1728年~1800年)は、イタリアのオペラの作曲家。

b0214184_19555088.jpg

お目当ての旧市街はすぐでした。
以下、次号・・・


by camino0810 | 2019-02-01 05:49 | イタリア | Comments(0)